「北米」カテゴリーアーカイブ

シボレーコルベット、生誕70年の節目に電動AWD車を披露

シボレーは米国・東海岸時の1月17日、NYモトラマショーでデビューしたコルベットが70周年を迎えた今年、6.2リッターLT2スモールブロックV8エンジンに電動AWDシステムを組みあわせた史上初のモデル「コルベットE-Ray」の2024年型モデルを発表した。(坂上 賢治)

続きを読む シボレーコルベット、生誕70年の節目に電動AWD車を披露

ステランティス、マッスルカーらしさ満載のBEVを初公開

ステランティスの傘下ブランド「ダッジ( Dodge/1914年創設のダッジ・ブラザーズ由来 )」は米国東部時間の8月17日、ミシガン州ポンティアックで行われたファン向けイベント〝ダッジ・スピードウィーク〟の3日目に4座席( 後席を折りたたむ事でラゲッジルームを確保する )クーペスタイルの電動マッスルカー「ダッジ ・チャージャー・デイトナSRTコンセプト( Dodge Charger Daytona SRT Concept )」を初披露した。(坂上 賢治)

退屈過ぎる既存の電気自動車像を破壊する独創的個性

ダッジ は、今から56年前の1966年に〝初代チャージャー〟を誕生させて以降、永きに亘って米国内に於いて、随一のマッスルカーブランドとして孤高の地位を築いてきた。

そんな同ブランドで、初のBEV( 二次電池式電気自動車 )が〝ダッジ ・チャージャー・デイトナSRTコンセプト〟と命名されたのは偶然ではない。この新型車には、1970年のストックカーレース「NASCAR」で、時速200マイルを突破を記した同名モデルに匹敵する破壊的実力を詰め込んだとダッジでも謳っている。

この新たなダッジ製BEVは、既存の〝スマートだが退屈過ぎる〟電気自動車像を破壊して、誰もが見た事も、乗った事も無い、全く新しいBEVの姿を提案する。

そんな同車に搭載された電動パワーユニットは、新開発の4WD・800Vユニット( 最大 350kW の急速充電をサポート )であり、かつてのSRTヘルキャットエンジン( V型8気筒OHVスーパーチャージャー )を大きく凌駕する動力性能を持つという。

マッスルカー独特のレトロ感とモダンな走りを両立

ちなみに一般的なBEVは大抵、無音で走るものだが同車はそれらとは全く異なる。その様子はダッジらしい走り、ダッジらしい迫力で、退屈ではない未来のBEVを示唆させるものとなっている。

そんなダッジ ・チャージャー・デイトナSRTコンセプトのエキゾースト音はなんと126dBに到達。内燃エンジンのヘルキャットに勝るとも劣らない押し出し感を運転するドライバーのみならず、周囲へも伝える。

実はこのサウンド、ダッジで新開発された〝フラッツォニック・チャンバード・エキゾースト( Fratzonic Chambered Exhaust )〟によって生成される合成音だ。その構造は、車両車後部に搭載したアンプとチューニング・チャンバーを介して独自のサウンドを造り出す〝EV界初のシステム〟だとしている。

またワイドで盛り上がったリアフェンダー、ノッチバックのルーフラインなど、マッスルカーの遺産をシッカリ受け継ぐエクステリアは、イルミネーション付きのフロントグリのルレトロ感と相まって絶妙にダッジらしさを醸し出す。

未来のマッスルカーが〝どんなもの〟なのか

一方で、格納式ドアハンドルなどエアロダイナミズム理論に裏打ちされた現代車らしい空力特性も備える。同じく時代に相応しく搭載される灯火類はフルLEDであり、足元には21インチのセンターロックホイール( フロントタイヤ305mm、リアタイヤ325mm )に対抗6ピストン・ブレーキが奢られる。

対してインテリアデザインは、湾曲した16インチのインストルメントクラスターと、ほぼ10度の角度を持つ12.3インチのセンタースクリーンがドライバーを取り囲む様に配置され、ドライバー中心の没入感を提供する。また8.3インチのヘッドアップ ディスプレイ( HUD )にはドライバーが必要とする車両情報を刻々と表示する。

ステアリングホイールは上下がフラット形状の新デザイン。ステアリングホイールのプッシュ・トゥ・パス・ボタンを押すだけでディスプレイ上の演出が変化。更に2速式の変速システムも備えており、一時的に出力を高める〝パワーショット〟機能を駆使する事によって、ドライバーに未来のマッスルカーらしさとは〝どんなもの〟かを教えてくれる。

米リヴィアン、アマゾン主導の投資を介して7億ドルの資金調達

昨年11月末に開催されたロサンゼルスオートショー (Greater Los Angeles Auto Show)で、遂にピックアップとクロスオーバー型の2台のプロトタイプEVを披露した「リヴィアン・オートモーティブ(RivianAutomotive)」は2月15日、アマゾン(Amazon.com, Inc.)が主導する調達ラウンドを介して7億ドル(約7百70億円)の資金を獲得したと発表した。

続きを読む 米リヴィアン、アマゾン主導の投資を介して7億ドルの資金調達

テスラ3、ラゾーナ川崎プラザで日本国内初披露

テスラモーターズジャパン合同会社(本社:東京都港区、職務執行者:トッド・アンドリュー・マーロン)は11月8日にシリーズ中、最新鋭かつ最もコンパクトな新型4ドアEV「テスラ・モデル3」を報道陣に向けて日本国内で披露した。

続きを読む テスラ3、ラゾーナ川崎プラザで日本国内初披露

⽇本板硝⼦、GMにヘッド・アップ・ディスプレイ対応ガラス納入

北⽶で発売予定のゼネラルモーターズ(GM)ピックアップトラックGMCシエラと、シボレー・シルバラード(2019 年モデル)に日本板硝子株式会社(本社:東京都港区、社長兼CEO:森 重樹、以下「NSG」)のヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)対応フロントガラスが採⽤された。

続きを読む ⽇本板硝⼦、GMにヘッド・アップ・ディスプレイ対応ガラス納入

FCA、ジープ・グランドチェロキーで限定車アルティテュードを発売

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は6月29日、「Jeep® Grand Cherokee(ジープ・グランドチェロキー)」に限定車「Grand Cherokee Altitude(アルティテュード)」を設定・販売する。

続きを読む FCA、ジープ・グランドチェロキーで限定車アルティテュードを発売

ヤマハ発動機、米国で2人乗り四輪オフローダーのウルヴァリンX2投入

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:日髙祥博)は6月20日、米国RV事業の主力製品である四輪オフローダーに「Wolverine X2 (ウルヴァリン エックスツー)」を投入すると発表した。

続きを読む ヤマハ発動機、米国で2人乗り四輪オフローダーのウルヴァリンX2投入

GM、ラグジュアリーコンパクトなSUV「キャデラックXT4」を発表

米国のゼネラルモーターズ・カンパニー(本社:デトロイト、CEO:メアリー・バーラ、以下、GM)は同国時間の3月27日、米ニューヨーク州・マンハッタンのキャデラックハウスを舞台に、若い心を持つ次世代ユーザーを購買ターゲットとした新型コンパクトSUV「キャデラック XT4」を発表した。

続きを読む GM、ラグジュアリーコンパクトなSUV「キャデラックXT4」を発表

レーシング直系の限定車「キャデラックATS-Vベクターブルースペシャル」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は2月20日、ワールドチャレンジで連勝を続けるキャデラック・レーシング直系「ATS-V」のスペシャルモデル「キャデラック ATS-V VECTOR BLUE SPECIAL(ベクターブルースペシャル)」を発表した。

続きを読む レーシング直系の限定車「キャデラックATS-Vベクターブルースペシャル」を発表

シボレーコルベット65周年記念、テーラーリング・プログラムを実施

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は、シボレー コルベットの誕生65周年として自分だけの1台をオーダーできる「シボレー コルベット テー ラーリング・プログラム」を実施する。

続きを読む シボレーコルベット65周年記念、テーラーリング・プログラムを実施

米GM、2019年に自動運転レベル4をクリアする量産準備車を発表へ

ステアリングやペタルを搭載しない完全な無人走行車の実現が、自動車メーカーの射程にいよいよ入ることに

米国のゼネラルモーターズ・カンパニー(本社:デトロイト、CEO:メアリー・バーラ、以下、GM)は米国時間の2018年1月12日、同社ブランドの小型電気乗用車「シボレー・ボルトEV」をベースに、自動運転技術のレベル4をクリアする量産準備車「クルーズAV」を来る2019年に実用化すると発表した。

続きを読む 米GM、2019年に自動運転レベル4をクリアする量産準備車を発表へ

FCAジャパン、新型Jeep(ジープ)コンパス10/30発表

フラッグシップモデルから受け継いだ最先端のJeep®デザイン。Apple CarPlay、Android Auto連動

FCA ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Jeep®ブランドのコンパクトSUV「Compass(コンパス)」の新型車を、2017年10月30日(月)に発表した。

続きを読む FCAジャパン、新型Jeep(ジープ)コンパス10/30発表

GMジャパン、「キャデラックXT5クロスオーバー」10/28発売開始

10月28日(土)、29日(日) に「Cadillac XT5 CROSSOVERデビューフェア」を開催

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は10月28日と29日、アメリカンプレミアムブランドのキャデラックから、ラグジュアリーSUVセグメントの新型クロスオーバー「キャデラック XT5 CROSSOVERデビューフェア」を実施する。

続きを読む GMジャパン、「キャデラックXT5クロスオーバー」10/28発売開始

GMジャパン、コルベット誕生65周年記念モデルをリリース。国内限定8台のみ

3ペダル7MT/8ATが選択可能なシボレーコルベットグランスポーツ/Z06 CARBON 65 EDITION発表

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は、シボレー コルベットが来年2018年に誕生65周年を迎えることを記念した限定モデル「シボレー コルベット グランスポーツCarbon 65 Edition」と「シボレー コルベット Z06 Carbon 65 Edition」を発表した。

続きを読む GMジャパン、コルベット誕生65周年記念モデルをリリース。国内限定8台のみ

Jeep「レネゲード・トレイルホーク」に特別色モハベサンドカラーを設定

砂漠をイメージしたボディ色をRenegade Trailhawkに追加し、導入を記念したフェアをジープ正規ディーラーで開催

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Jeep®ブランドのスモールSUV「Renegade Trailhawk(レネゲード・トレイルホーク)」に、Mojave Sand (モハベサンド)のボディカラーを追加・販売する。

続きを読む Jeep「レネゲード・トレイルホーク」に特別色モハベサンドカラーを設定

GMジャパン、新型「シボレー カマロ」を発表。2リッターターボと6.2リッターV8搭載

第6世代のカマロが日本上陸、小型・軽量化を進めて剛性を確保。さらなる俊敏さと、パワフルな絶対パフォーマンスの実現を目指す

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は、アメリカを代表するスポーツクーペ「シボレー カマロ」の最新モデルを発表。2017年11月11日(土)から全国のシボレー正規ディーラーネットワークで販売を開始する。

続きを読む GMジャパン、新型「シボレー カマロ」を発表。2リッターターボと6.2リッターV8搭載

FCAジャパン、「ジープ・ラングラーJK」限定100台を発売

ラングラーの自由感や爽快感を高めるホワイトのハードトップ。限定色とブラックレザーでプレミアム感を醸成

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、「Jeep® Wrangler(ジープ・ラングラー)」の限定車「Jeep® Wrangler JK(ジープ・ラングラーJK)」を、7月8日(土)に全国のジープ正規ディーラーを介して100台限定で発売する。

続きを読む FCAジャパン、「ジープ・ラングラーJK」限定100台を発売

GMジャパン、新型「キャデラック エスカレード」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GM ジャパン)は、初代モデルが1999年に登場して以来、常にSUVセグメントの頂点に君臨するアメリカンラグジュアリーフルサイズSUV、新型「キャデラック エスカレード」を、全国のキャデラック正規ディーラーネットワークを介して2017年6月17日から販売開始する。

続きを読む GMジャパン、新型「キャデラック エスカレード」を発表

GMジャパン、7乗りSUVのシボレー キャプティバ パーフェクト ブラック エディションⅡ発売

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は、ミドルサイズSUV「シボレー キャプティバ 」をベースにした特別限定車「シボレー キャプティバ パーフェクト ブラック エディションⅡ」を発表し、全国のシボレー正規ディーラーネットワークで発売した。

続きを読む GMジャパン、7乗りSUVのシボレー キャプティバ パーフェクト ブラック エディションⅡ発売