carguytimes のすべての投稿

帝人、タイに新規メタ系アラミド繊維の生産拠点を新設

「Teijinconex® neo」の生産・販売を開始

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)のタイ国現地法人テイジン・コーポレーション(タイランド・Teijin Corporation < Thailand > Limited、本社所在地:タイ国パトゥムタニ県)は、このたび同国アユタヤ県に新設した新規メタ系アラミド繊維「Teijinconex neo」の生産工場の稼働を開始し、本格的に生産・販売を展開する。

teijin-and-established-a-production-base-of-a-new-meta-aramid-fiber-in-thailand20150820-3

帝人は、「Teijinconex neo」の優れた特性を活かして、既存市場である日本や欧米の他、中東やアジアなどグローバル市場に向けて展開していく計画であり、そのための 続きを読む 帝人、タイに新規メタ系アラミド繊維の生産拠点を新設

TDK、フランクフルト放送交響楽団来日公演・公開リハーサルに学生200名を招待

TDKオーケストラコンサート2015、フランクフルト放送交響楽団来日公演 (指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ )

TDK株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上釜健宏、以下、TDK)は、「創造によって文化、産業に貢献する」という社是のもと、2001年より「TDKオーケストラコンサート」と称して、世界の著名オーケストラの日本公演に協賛している。

tdk-and-invited-200-students-to-the-frankfurt-radio-symphony-orchestra-concert-in-japan-public-rehearsal20150820-2

本年は、バロックから現代まで、あらゆる時代と様式の音楽をレパートリーとする「フランクフルト放送交響楽団」と音楽監督兼指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダ氏を迎えた日本公演に協賛する。

協賛に伴い、社会貢献活動の一環プログラムとして、「世界のオーケストラと音楽を学ぶ学生の方達との心と技術の交流」をコンセプトとして、マエストロとオーケストラが音作りをしていく過程を生演奏で 続きを読む TDK、フランクフルト放送交響楽団来日公演・公開リハーサルに学生200名を招待

スーパーフォミュラ第4戦、ツインリンクもてぎ・プレビュー

厳しい暑さの中、過酷なコースでの戦いとなる第4戦

LENOVO TEAM IMPULの復活劇となったスーパーフォーミュラ第3戦富士から1ヶ月。8月22・23日の週末には、シーズン折り返しとなる第4戦がツインリンクもてぎ(栃木県)を舞台に行われる。

例年、この8月のもてぎ戦は、猛暑の中で開催。シフト回数が多く、ブレーキングポイントも多いことから、クルマに最も負担が掛かる。

super-follower-muller-round-4-twin-ring-motegi-preview20150820-2

また、気温や湿度の高さから、ドライバーだけでなく、スタッフ全員にとって体力的に厳しいレースであり、チームの総合力が問われることになる。また、このレースあたりから、いよいよタイトル候補者が絞り込まれてくるということで、注目される1戦だ。

勝つならスタートは2列目まで。予選から熱戦となる

その中で、まず気になるのは 続きを読む スーパーフォミュラ第4戦、ツインリンクもてぎ・プレビュー

ボッシュ、第14回グローバルサプライヤーアワードを発表

ロバート・ボッシュGmbH(本社:シュトゥットガルト・ゲーリンゲン、代表取締役社長:Dr.rer.nat.Volkmar Denner、以下、ボッシュ)はシュトゥットガルトに於いて「ボッシュ・グローバルサプライヤーアワード2015」を開催。このアワードに於いて11カ国、58社のトップサプライヤー各社を招いて表彰した。

同顕彰はボッシュの事業に於いて、製品やサービスの品質・コスト・物流管理・技術革新に関して優れた実績を上げたサプライヤー企業をボッシュが顕彰するもの。実施されるようになってから今年で14回目となる。

世界中で約3万5,000社のサプライヤーと協力関係を構築

授賞式会場では、ボッシュ取締役会・会長のフォルクマル・デナー氏が「ボッシュは、多大な貢献を果たしてくれたトップサプライヤー各社の功績を称えます。

サプライヤー各社は、当社の国際ビジネスの一翼を担う重要なパートナーです。今後も私たちは皆さんとしっかり連携を図っていきます。

bosch-the-14th-announced-the-global-supplier-award20150820-1

なお今年の授賞式のテーマは、『パートナーシップの力、コネクテッド インテリジェンス』でした。私たちは、皆さんとの長期にわたる協力関係が、成功につながる重要な鍵になると信じています」と述べた。

今日、世界中で約3万5,000社のサプライヤーと協力関係を構築するボッシュは、今年、トップサプライヤーとして58社を選出した。そのうちの3社は過去11回以上も受賞を重ねている企業で、かつ5回以上の受賞歴を誇る企業が7社もあった。

受賞企業の約半数はドイツ国外に本社を置き、そのうちの4分の1はアジアに拠点を構えている。

モノのインターネット化の先にある第4次産業革命‎を目指す

会長のフォルクマル・デナー氏は、 続きを読む ボッシュ、第14回グローバルサプライヤーアワードを発表

ボルボV40シリーズに新開発1.5Lダウンサイジングターボエンジンを搭載

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之、以下、ボルボ)は8月19日、は、V40 / V40 Cross Countryシリーズに、欧州を中心に流行となっているダウンサイジング1.5リッター4気筒直噴ターボエンジンの「Drive-E(ドライブ・イー)・T3」エンジンを搭載し、同日より販売を開始しした。

同社によると当初の9月1日発売予定を約2週間前倒しての導入と云う。この「T3」ユニットは、ボルボの新世代パワートレーン「Drive-E」のひとつとして開発されたもの。

equipped-with-a-newly-developed-1-5l-downsizing-turbo-engine-in-the-volvo-v40-series20150820-2

新開発の電子制御6速AT(ロックアップ機構付)と組み合わされるエンジンユニットの最高出力は 続きを読む ボルボV40シリーズに新開発1.5Lダウンサイジングターボエンジンを搭載

【JAF栃木】危険を体験して対処法を学ぶ。交通事故回避運転の体験学習開催9/13

jaf-reproducible-fear-of-reverse-running-vehicle-publish-sequel-video20150429-3-min

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)栃木支部(支部長小平雅久)は9月13日(日)に交通事故回避運転を開催いする。気象条件や道路環境によって起こりうるさまざまな危険を体験して、危険予知に役立てる。

jaf-tochigi-to-experience-the-danger-and-learn-what-to-do-experience-learning-held-a-traffic-accident-avoidance-operation-91320150819-2

jaf-tochigi-to-experience-the-danger-and-learn-what-to-do-experience-learning-held-a-traffic-accident-avoidance-operation-91320150819-1

【イベント名】交通事故回避運転の体験学習 《要予約》 続きを読む 【JAF栃木】危険を体験して対処法を学ぶ。交通事故回避運転の体験学習開催9/13

バイクライダー620名調査「大型バイク=おじさんライダー」のイメージに変化?

フロント2輪構造が特長のLMW(エルエムダブリュ:リーニング・マルチ・ホイール)「TRICITY(トリシティ)」のファンサイト『LMW部』は、バイク免許(※1)を持つ20代~50代男女620名を対象にアンケート調査を実施した。

昨今のバイク業界では「若者のバイク離れ」や「リターンライダー」というキーワードが象徴するように、自動車工業会の「二輪車市場動向調査」によると、若いバイクユーザーが減少しユーザーの高年齢化が進行をしていることを示している。

このような市場背景の中、2015年の8月19日の『バイク(819)の日』を迎えるにあたり、ヤマハ発動機「TRICITY LMW部」では20代、30代、40代、50代の各世代で異なるバイクに対する意識の違いを明らかにすることを狙い、今回のアンケート調査を実施した。(※1)大型二輪免許(AT限定含む)、普通二輪免許(AT限定含む)、普通二輪免許(AT限定含む)、小型二輪免許(AT限定含む)、原付免許

≪主な調査結果≫
■バイク免許の取得は30歳まで!また、約2人に1人が19歳までにバイク免許を取得。
バイク免許を持つ20代~50代の男女に対して「Q1 バイク免許を取得したのはいつ頃ですか?」という質問を行ったところ、約80%が29歳までに免許取得をしていたことが分かった。さらに、50%のライダーが19歳までに免許を取得していることが分かった。the-change-in-the-image-of-the-bike-rider-620-people-survey-large-bike-uncle-rider20150819-1
Q:バイク免許を取得したのはいつ頃ですか?(n=620)

■小型二輪免許(AT限定を含む)の保有は、女性(61%)が男性(24%)を逆転。
「現在取得済みのバイク免許の種類を教えてください。」という質問に対しては、「普通二輪免許(AT限定を含む)」を取得していると回答したライダーが45.8%となり、約半数を占め最多となった。

次いで「原付免許」の31.3%、さらに「大型二輪免許(AT限定を含む)」の18.4%の順で続く形となった。

世代ごとに比較をすると、「大型二輪免許(AT限定を含む)」の取得率が最も高かったのは 続きを読む バイクライダー620名調査「大型バイク=おじさんライダー」のイメージに変化?

「現役ライダーが乗ってみたい旧車・絶版車調査」第1位はスズキGSX1100Sカタナ

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行うバイク王 バイクライフ研究所(所在地:東京都港区、所長:澤篤史)は、排気量126cc以上のバイク免許を保有している20代~60代の男性計500名を対象に、インターネットによる調査を2015年8月に実施。

8月19日の「バイクの日」にちなみ、 特別レポートとして本日その結果を発表した。

【調査概要】
バイクに関する意識調査
・調査方法 :インターネットアンケート
・調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社
・調査実施期間 :2015年8月7日(金)~2015年8月11日(火)
・対象地域 :全国
・対象者 :排気量126cc以上のバイク免許を保有している20代、30代、40代、50代、60代の男性 計500名

old-car-out-of-print-car-want-to-active-duty-rider-riding-survey-1-is-suzuki-gsx1100s-katana20150819-1

■現役ライダーが乗ってみたい旧車・絶版車の第1位はやっぱり「カタナ」!
問) あなたが乗ってみたいと思う「70~90年代の旧車・絶版車」を5つまでお選びください。

全世代TOP10 続きを読む 「現役ライダーが乗ってみたい旧車・絶版車調査」第1位はスズキGSX1100Sカタナ

保険の窓口インズウェブ、7月の人気車種ランキング調査

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役 執行役員社長:北尾吉孝、以下、SBIホールディングス)のインズウェブ事業部「保険の窓口インズウェブ」は、2015年8月19日、自動車保険一括見積もり請求サービスの利用見積もり内容を調査し、7月の人気車種ランキングの結果を発表した。

insurance-point-of-contact-insweb-popular-car-name-ranking-survey-of-july20150819-1

■調査期間
2015年7月1日(水)~7月31日(金)

■調査内容
自動車保険一括見積もり請求サービス利用者の人気車名ランキング
年代別調査(20代・30代・40代・50代・60代以上)
※外国車はブランド名での集計結果となっている。

■初めて自動車保険に加入した対象者(年代別)
初めての自動車保険加入者とは、最近、自動車をご購入したカーユーザーとなる。
以下に於いて、年代別で人気の車名ランキングを調査した。

【20代】
順位 前月比 車名 メーカー名 件数
—————————————————————
1 - ワゴンR スズキ 191
2 ↑ フィット ホンダ 158
3 ↓ ム-ヴ ダイハツ 146
4 ↑ ライフ ホンダ 116
5 - アルト スズキ 108

【30代】 続きを読む 保険の窓口インズウェブ、7月の人気車種ランキング調査

「そのタイヤに、驚きはあるか」TOYO TIRES新企業CF全国放映開始

toyo-tire-rubber-proxes-t1-sport-suv-is-adopted-in-new-car-mounting-tires-audi-q720150724-1東洋ゴム工業株式会社(本社:大阪府大阪市西区江戸堀、代表取締役社長:山本卓司、以下、東洋ゴム)は、TOYO TIRESブランドスピリットを表現した新企業広告としてテレビCFを制作し、8月21日(金)より全国放映を開始する。

in-the-tire-whether-there-is-a-surprise-toyo-tires-new-enterprises-cf-nationwide-aired20150819-7

新しいテレビCF(作品名:そのタイヤに、驚きはあるか)では、ウルトラ・ハイ・パフォーマンス・タイヤのフラッグシップ 続きを読む 「そのタイヤに、驚きはあるか」TOYO TIRES新企業CF全国放映開始

日本自動車研究所、第13回産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞を受賞

japan-automobile-research-institute-a-public-road-data-collection-of-automatic-operation-vehicles-conducted20150813-1

平成21~25年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果により、産業技術総合研究所、名古屋大学と、JARIこと日本自動車研究所を含む各機関研究代表者が、第13回産学官連携功労者表彰 内閣総理大臣賞を受賞した。

japan-automobile-research-institute-was-awarded-the-13th-industry-academia-government-collaboration-meritorious-service-award-the-prime-ministers-prize20150819-1

産学官の連携によって生活支援ロボットの 続きを読む 日本自動車研究所、第13回産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞を受賞

日本損害保険協会、IAISのICP改定案への意見書を提出

general-insurance-association-of-japan-submitted-a-written-opinion-to-the-icp-amendments-of-iais20150819-2

コーポレートガバナンス等に関する基準について意見を表明

平素、暦年で現在・平成25年迄の交通事故多発交差点マップ< http://www.sonpo.or.jp/protection/kousaten/kousatenmap25/ >をを公表していることで知られる一般社団法人 日本損害保険協会(本部:東京都千代田区神田淡路町2-9、会長:鈴木 久仁)は、保険監督者国際機構(International Association of Insurance Supervisors:IAIS)の保険基本原則(Insurance Core Principles:以下、ICP)4(免許交付)、5(個人の適格性)、7(コーポレートガバナンス)、8(リスク管理および内部統制)、に関する 続きを読む 日本損害保険協会、IAISのICP改定案への意見書を提出

日産自動車、松江市に電気自動車「e-NV200」を寄贈

nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は19日、島根県松江市が管理する松江城天守の国宝指定を記念して、電気自動車(EV)「e-NV200」を松江市に寄贈したと発表した。

松江市役所にて同日行われた寄贈式では、日産の副社長の片桐隆夫と島根日産自動車及び日産サティオ島根社長の櫻井誠己より、松江市の松浦正敬市長に記念キーが手渡された。

nissan-motor-co-ltd-donated-the-electric-car-e-nv200-in-matsue20150819-1

今回寄贈するEV「e-NV200」は、走行時の 続きを読む 日産自動車、松江市に電気自動車「e-NV200」を寄贈

アルパイン、「インドネシア国際オートショー2015」に出展

alpine-private-cars-car-navigation-ex10-·-9-·-8-x9-·-8-update-program-delivery20150726-2アルパイン株式会社(本 社:東京都品川区、代表取締役社長:宇佐美 徹、以下アルパイン)は、インドネシア タンゲランにて8月20日(木)から30日(日)まで開催される「インドネシア国際オートショー2015」に出展する。

alpine-and-exhibited-at-the-indonesia-international-auto-show-201520150819-2

“Alpine Style – car by car solution” のテーマのもと、高い性能とデザイン性を兼ね備えた 続きを読む アルパイン、「インドネシア国際オートショー2015」に出展

JXエネルギーの新聞広告が「第63回 朝日広告賞」でエネルギー・産業部門賞を受賞

eneos-brands-first-dedicated-flushing-oil-sale20150717-2

JX日鉱日石エネルギー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉森 務、以下、JXエネルギー・)は、朝日新聞に出稿した広告「聖火はいつも、未来を照らす。」により、「2014年度 第63回 朝日広告賞(広告主参加の部)エネルギー・産業部門賞」を受賞した。

「朝日広告賞」は、1952年(昭和27年)にスタートし、才能ある若手クリエーターの発掘と、新たな広告表現の創造をめざし、絶えず進化し続けている広告賞。

今回の「2014年度 第63回 朝日広告賞」では、「新聞広告という歴史ある表現の中で、何かが確実に 続きを読む JXエネルギーの新聞広告が「第63回 朝日広告賞」でエネルギー・産業部門賞を受賞

KEIHIN REAL RACING「SUPER GT第4戦」富士GT300kmレース報告

株式会社ケーヒン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田内常夫)の「KEIHIN REAL RACING」は、前回のタイで3位表彰台を獲得した勢いで夏休み真っ只中の8月8、9日、今シーズン2回目となる富士スピードウェイでの決戦となった2015 オートバックス SUPER GT第4戦「FUJI GT 300km RACE」に参戦した。

keihin-real-racing-super-gt-fourth-round-fuji-gt300km-race-report20150819-3

【公式予選 】8月8日(土)の公式予選は、今回も予選1回目(Q1)の上位8台が予選2回目(Q2)に進出できるノックアウト方式で行われ、チームはマシンのセットアップを重ねてQ1に望んだ。

Q1を担当するのは 続きを読む KEIHIN REAL RACING「SUPER GT第4戦」富士GT300kmレース報告

テスラ、オンラインショップサイトを開設

日本国内に於いても先行して、パワーウォール・ホームバッテリーの予約を開始している(2016年納品開始予定)テスラモーターズ ジャパンは、8月13日、テスラブランドのカーアクセサリー販売を中心としたオンラインショップサイトを開設した。

tesla-and-opened-an-online-shop-site20150819-2

同Webサイトでは、車両に関わるハードウェアオプションの他、世界のテスラストアで販売している 続きを読む テスラ、オンラインショップサイトを開設

デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料の大規模実証設備を建設

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、バイオ燃料の実用化に向け、熊本県天草市に国内最大級となる20,000㎡の敷地で、微細藻類(シュードコリシスチス)の大規模培養実証施設を建設し、2016年4月より稼働を開始する。

これまで、バイオ燃料の実用化については善明製作所(愛知県西尾市)内の敷地(300㎡)において培養実験を行ってきたが、バイオ燃料の生産効率を高めるために大規模培養技術の確立が必要だと考え、天草市の廃校の土地・施設を活用し、新たな培養施設にて実証実験を行う事とした。

denso-a-large-scale-demonstration-facility-of-biofuels-using-microalgae-construction20150819-2
大規模実証設備のイメージ図

2018年度を目途に、藻から抽出したバイオ燃料の実用化に向けた要素 続きを読む デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料の大規模実証設備を建設

日産自動車、中国で新型「ムラーノ ハイブリッド」を発売

nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は8月8日、同社の中国の合弁会社である東風日産乗用車公司(以下、東風日産)が、新型「ムラーノ」および「ムラーノ ハイブリッド」を発売したと発表した。 nissan-motor-co-ltd-and-launched-a-new-murano-hybrid-in-china20150819-9

新型「ムラーノ」は、中国の自動車ユーザーの中でも活動的なライフスタイルを好み、見識が高く、若い都市生活者からのSUVニーズに応えるモデル。

nissan-motor-co-ltd-and-launched-a-new-murano-hybrid-in-china20150819-1

東風日産が提供する日産 続きを読む 日産自動車、中国で新型「ムラーノ ハイブリッド」を発売

日産、2015 SUPER GT第5戦・酷暑の長丁場でGT-R勢4連勝を目指す

来る8月29日・30日の両日、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットにおいてSUPER GT第5戦「44th International SUZUKA 1000km」が開催される。

夏休み最後の週末に行われるこの大会は、猛暑・酷暑に加えて、レース距離がシリーズ中屈指の1000kmとなり、最もタフなレースとして知られている。

シーズンも中盤戦となり、そろそろタイトル争いも気になるところだが、この鈴鹿1000kmではランキング上位にボーナスポイントが与えられることになっており、シリーズの行方を占う上でも見逃せない1戦となっている。

nissan-aim-to-gt-r-biased-4-game-winning-streak-in-the-2015-super-gt-round-5-intense-heat-of-marathon20150819-3

第2戦の富士で#1 MOTUL AUTECH GT-R(ミシュラン)の松田次生/ロニー・クインタレッリ組と#12 カルソニック IMPUL GT-R(ブリヂストン)の安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組が1-2フィニッシュ。

第3戦、タイのチャーン・インターナショナルでは#46 S Road MOLA GT-R(ミシュラン)の本山哲/柳田真孝組が事実上のポールトゥウィン。

さらに前回の第4戦、富士では#24 D’station ADVAN GT-R(ヨコハマタイヤ)の佐々木大樹/ミハエル・クルム組が見事な追い上げで逆転優勝、とGT-R勢が3連勝を飾り、 続きを読む 日産、2015 SUPER GT第5戦・酷暑の長丁場でGT-R勢4連勝を目指す