自工会の豊田章男会長、自動車関係諸税軽減の実現を訴える


10月6~8日に東京モーターフェス2018を東京臨海副都心で開催

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は9月20日定例会見を開き、来年度(平成31年度)税制改正で自動関係諸税軽減の実現を目指す活動を積極化する考えを示した。
また、10月6~8日に東京臨海副都心で「東京モーターフェス2018」を開催、2020年には羽田空港—東京臨海副都心間でレベル2~4の自動運転実証実験を公開する計画を表明した。(松下 次男)

豊田章男会長(トヨタ自動車社長)によるお堅い会見の席に、東京モーターフェスに絡んでマツコデラックスさんが登場した。もちろん自動車税軽減の訴えも提言した。
豊田章男会長(トヨタ自動車社長)によるお堅い会見の席に、東京モーターフェスに絡んでマツコデラックスさんが登場した。もちろん自動車税軽減の訴えも提言した。

豊田会長が来年度税制改正で自動車関係諸税軽減を実行できるよう取り組む考えを表明したのは、2019年10月に消費税率10%への引き上げを控えているためだ。

消費税率引き上げ後に新車需要縮小が懸念され、過去に3%から5%へ消費税率を引き上げた際は101万台、5%から8%への引き上げ時は75万台それぞれ縮小した。今度の10%への引き上げ時も約30万台の市場縮小を見込む。

一方で、通商問題に加え、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代の到来など、自動車産業は過去に経験をしたことのない激動の時代を迎えている。

こうした中、グローバル間での競争力を維持するには人材育成や新技術創出が課題となり、開発投資などが膨らむ。だが、国内市場が30万台縮小すると、約2兆円の生産額減少、9万人雇用喪失につながると訴えた。

国際比較すると、わが国の自動車ユーザーの税負担額は英国の2・4倍、ドイツの2・8倍、米国の約31倍になり、「世界でもっとも高い」と指摘。「自動車ユーザーのためにも、国際水準の負担へ」軽減を検討すべきだとの考えを示した。

また、自動車税減税はよく地方財源と対立されられるが、自動車減税は地方の人にとって「クルマが購入しやすくなる」行政の一つだと述べた。

10月初旬に開催する東京モーターフェス2018は、前回(2016年)と比べ参加メーカーが15社から26社へ、出展車両が160台から約267台へ、プログラム数も18から39へそれぞれ拡大。お台場の2カ所の特設会場やメガウェブなど会場面積でも2倍以上になる。

豊田会長とマツコ・デラックスさんのスペシャルトークショーなど盛りだくさんの企画が用意されており、クルマとともに様々なイベントが楽しめそうだ。

東京モーターフェス2018の実施にあたって豊田章男会長は、「より多くの皆様にクルマ・バイクに触れていただき、クルマ・バイクの魅力・楽しさを感じていただけるような取り組みがしたいと6年前に始めて以来、東京モーターショーと交互に開催するクルマのお祭りとして定着して参りました。

過去3回実施の中で、多くのお客様にクルマやバイクを見て・触れて・体感していただき、たくさんの「笑顔」をいただくことができましたことを大変ありがたく思っております。

平成最後となる本年の東京モーターフェスは、平成を楽しみ尽くし、そして未来に繋げるお祭りとしたい、との想いで、これまでにはない発想で新しい企画を準備しております。本年のチャレンジを、翌年の東京モーターショー、さらにはその先のモビリティ社会へと、繋げていきたいと考えています」と話している。

「平成」最後のモーターフェスは、平成を楽しみ尽くし、未来へ繋げるイベントに

なお先の通り「平成」最後の開催となる今年の東京モーターフェス2018は「胸にぎゅんとくる。」がテーマ。
この時代を彩った名車やブームも振り返りながら、大人から子供まで、クルマやバイクの魅力を存分に体感できる祭典としていく構え。具体的な概要の一端は以下の通りとなる。

大阪府立登美丘高等学校のダンス部OG
大阪府立登美丘高等学校のダンス部OG

胸ぎゅん企画(1)
「バックto the バブル!」クルマ・バイクを大きく育てたバブル時代
クルマ・バイクを振り返る際に欠かすことができないバブル時代をイメージし、メインステージはバブリーダンスで一躍有名となった大阪府立登美丘高等学校のダンス部OGがクルマと初共演する。

ステージプロデューサーにはピストン西沢氏を起用し、ドリフトユニットの「チームオレンジ」とコラボレーションしてフォーメーションダンスを披露する。

併せてバブル時代を象徴するクルマやバイクを展示。メーカーが所有する車両や、キャンペーンで応募した一般車両、中古車販売大手の「ガリバー」など30台以上が一堂に集結する。

リアルの世界と並行して、ゲームの世界の“走り”も東京モーターフェスで再現する
リアルの世界と並行して、ゲームの世界の“走り”も東京モーターフェスで再現する

胸ぎゅん企画(2)
「e-Circuit」新しい時代の走りを「e-Sports」で体感する
リアルの世界と並行して、ゲームの世界の“走り”も、スーパーファミコンからプレイステーションを経て、e-Sportsへと進化を遂げた。

このe-Sportsのモータースポーツカテゴリーを “e-Motor Sports”(e-MS)として位置づけ、そのリアルイベントを「e-Circuit」と題した。“FIAグランツーリスモ チャンピオンシップ2018ネイションズカップ、アジア・オセアニア 選手権 決勝”として開催。

リアルとゲームが融合した新しい時代の国内最高峰の走りを体験出来る大会を実行する。加えて最終日には、SUBARU、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、三菱の6社がそれぞれe-Sportsの強豪プレイヤーや、各社が選出したプロドライバーでチームを編成し、「グランツーリスモ 真剣勝負・自動車メーカー対抗戦」が行われる。

平成のクルマトレンド、アイドルやアニメキャラクターの世界観を愛車にペイントする“痛車”イベントも開催する
平成のクルマトレンド、アイドルやアニメキャラクターの世界観を愛車にペイントする“痛車”イベントも開催する

胸ぎゅん企画(3)
「痛車天国スペシャル in TMF」
平成時代に起こったオタクブームが影響して、自分の好きなアイドルやアニメキャラクターの世界観を愛車にペイントする“痛車”も平成のクルマトレンドを築いた。

そこで八重洲出版の協力を得て「痛車天国スペシャルin TMF」を開催。会場内に痛車天国〜超〜編集部が厳選した痛車を日替わりで10台ずつ展示。痛車に描かれたキャラクターのコスプレーヤーも会場を盛り上げる。

また7日(日)には「~お台場で超ミーティングしよっ!~痛車天国 in TMF」も併催。約200台の痛車たちが、東京モーターフェス2018の会場に集合する。

開催初日の、10月6日(土)には、マツコ・デラックスを迎えて豊田会長とのスペシャルトークショーも開催
開催初日の、10月6日(土)には、マツコ・デラックスを迎えて豊田会長とのスペシャルトークショーも開催

胸ぎゅん企画(4)
「スペシャルトークショー」
開催初日の、10月6日(土)には、マツコ・デラックスを迎えて豊田会長とのスペシャルトークショーを開催する。

また会場内の各エリアではクルマ・バイク・商用車の最新車両の展示・試乗体験やデモ走行をはじめ、キッズ向け、女性向けプログラムなど、ひとつの時代の節目の催しとしてクルマ・バイクを楽しめるコンテンツが用意される。

加えて9月20日から、人気アニメ「FNS地球特捜隊ダイバスター」(フジテレビ系列)とコラボレーションした「東京モーターフェス2018」の告知ムービーが公開される。

東京モーターフェスへのアクセス図(タップまたはクリックで1040ピクセルまで拡大)
東京モーターフェスへのアクセス図(タップまたはクリックで1040ピクセルまで拡大)

東京モーターフェス公式URL https://tmfes.com 

<取材>松下次男( 佃モビリティ総研  )
1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。