横浜ゴム、「タイヤの日」に合わせて4月にタイヤ安全啓発活動を実施


横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、4月8日の「タイヤの日」に合わせてタイヤ安全啓発活動を実施する。

実施期間は3月31日から4月30日まで。この活動は車の利用や遠出のドライブが増える行楽シーズンにタイヤの定期点検やエコドライブに対する意識を高めることを目的に2009年から実施している。

なお「タイヤの日」は、(社)日本自動車タイヤ協会、全国自動車タイヤ販売協議会連合会、全国タイヤ商工協同組合連合会の3団体共催でタイヤの安全啓発を実施する日として制定されたもの。

今年は、初の試みとして定期的なタイヤ点検の重要性やチェックポイントを解説した特設サイト< http://www.y-yokohama.com/product/tire/safetyday/ >を開設する。

さらに、同サイトでは全国各地に展開するタイヤ販売店「タイヤガーデン」「グランドスラム」のうちタイヤ無料安全点検を実施している130店舗を検索できるほか、点検の内容を紹介し、店舗への来店を促している。

タイヤの空気圧不足は車の燃費悪化を招き、さらに点検不足は走行時の危険性を高めることから、横浜ゴムはタイヤメーカーの重要な責務として継続的な安全啓発活動を実施していく構えだ。