横浜ゴム、100年の情熱を表現した企業テレビCM第2弾を放映開始


横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、2017年10月に創業100周年を迎えるにあたり、100年の情熱を表現した企業テレビCMシリーズの第2弾「飛躍」篇を2017年6月1日から全国で放映する。

第1弾の「原点」篇同様、創業時から一貫して流れるモノづくりへの情熱や先駆ける姿勢を伝えると共に、100年で培った高い技術力や信頼を誇る企業であることを広く周知していく。

この「飛躍」篇では、乗用車用ラジアルタイヤの先駆けである「G.T. SPECIAL」(1967年発売)をはじめ “走りのYOKOHAMA”のイメージを確立したモータースポーツタイヤ「ADVAN」(1978年発売)、地球環境に配慮したタイヤ「DNA」(1998年発売)の開発など時代に先駆けた数々の挑戦を紹介。

さらに土木・建築、航空、海洋、スポーツなど様々な事業分野にチャレンジし、現在の横浜ゴムの土台を作り上げてきた情熱を伝えている。

CMソングは第1弾に引き続き、社歌の「気だかくも(作曲:山田耕筰)」を現代風にアレンジし採用した。

なお、テレビCMシリーズにも使用した100周年記念ロゴマークは、YOKOHAMAのアイデンティティでもある「5本の赤いライン」をモチーフに、100周年のさらに先の未来に向けて力強く進んでいく情熱を表現した。

また、100の「00」の重なりは、お客様に必要とされるタイヤ・ゴムメーカーであり続けるために皆様とともに次の100年を作り上げる姿勢を表現している。