ボルボS90とV90、ユーロNCAP歩行者用自動緊急ブレーキテスト初の6点満点・総合5つ星獲得


ボルボ・カーズ(本社:ヴェストラ・イェータランド県・イエテボリ、CEO:ホーカン·サミュエルソン、以下ボルボ)は北欧時間の1月25日、同社の新型S90とV90が、ユーロNCAPが新設した歩行者用自動緊急ブレーキ(AEB Pedestrian)テストに於いて6点満点を獲得。総合評価でも最高評価である5つ星を獲得したと発表した。

今結果は同社にとって、ユーロNCAPの自動緊急ブレーキ車両間リアエンドテスト(AEB CityおよびAEB Interurban)で初の満点獲得車となったXC90に続く栄誉になった。

この6点獲得についてボルボ・カー・グループのボルボ・カー・セーフティ・センター取締役のマリン・エークホルム氏は、「私達は、ボルボ車があらゆる安全条件を満たし、その結果、評価機関が実施する全てのテストに合格できるように取り組んでいます。

私たちが重視することは、今までと変わらず、実際に人々が生活する社会での安全性です。

シティ・セーフティなどの自動緊急ブレーキシステムは、完全自動運転車の実現に向けて明らかな前進を示すものであり、ボルボはこれを交通事故による死者・重傷者を減少させる重要な要素と考えています。

ユーロNCAPの自動緊急ブレーキテストにおける高い評価は、新型のボルボ全車種に標準装備される、シティ・セーフティシステムの成果です。

シティ・セーフティは昼夜を問わず、車両や歩行者、サイクリストなど、前方の潜在的な危険を検知します。

ボルボ・カーズでは、安全性が常に優先されます。S90とV90がAEBテストで最高点を獲得し、総合評価で5つ星を獲得したことは、ボルボ車が安全で楽しく、信頼できるドライビング体験を提供することに継続して取り組む献身的な姿勢を明確にするものです」と語っている。

ちなみにユーロNCAPによるAEB歩行者テストは、以下にあげる3つの道路横断状況を想定し、歩行者検知システムの性能をテストが実施される。

これらは全て、AEBシステムが介入しなかった場合に致命的な衝突につながる状況を想定したもの。これらは、実際の路上においても、歩行者に重大な被害を及ぼし、死傷の原因に繋がる状況に該当するとユーロNCAPでは印している。

ユーロNCAPによるAEB歩行者テスト項目
・大人が車の運転席側から道路に飛び出す
・大人が車の助手席側から道路に歩き出す(この状況で2つのテストを実施)
・子供が車の助手席側の駐車された2台の車の間から道路に飛び出す。

ユーロNCAPについて
ユーロNCAP(European New Car Assessment Programme:ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)とは、ヨーロッパで実施されている自動車安全性テストである。
ユーロNCAPの総合的な安全評価項目は、「成人乗員保護性能」、「子供乗員保護性能」、「歩行者保護性能」、「安全補助装置」の4項目で構成されている。http://www.euroncap.com(英語サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*