add-nissan-motor-a-new-concept-of-ev-equipped-with-a-power-only-engine-in-the-notes-the-e-power20161102-11

日産自動車、横浜本社ギャラリーでハイブリッドEV「NOTE e-POWER」展示イベント実施中


nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は11月2日に発表した「NOTE e-POWER」の展示イベントを、日産グローバル本社ギャラリーに於いて約2ヶ月半の期間で開催する。

nissan-miss-2015-fairlady-new-system-announced20150522-2-min

同社が今回発表した「e-POWER」は、ガソリンエンジンで発電して、駆動は電動モーターが請け負うため、自動車の動力別分類としてはシリーズハイブリッドにあたる。

但し、これまでであれば高負荷環境でエンジンパワーも駆動力として活用していた既存他車と異なり、ガソリンエンジンは発電のみに専念。実走行に於いては、完全なEV走行に徹するのが「e-POWER」の大きな特徴だ。

add-nissan-motor-a-new-concept-of-ev-equipped-with-a-power-only-engine-in-the-notes-the-e-power20161102-10

このため実用領域に於いては、電動モーターならではの低速域での分厚いトルク特性が愉しめ、その力強さが中速域まで持続する。

先の通りで、搭載されているガソリンエンジンそのものは、タイヤの駆動力としてデファレンシャルに接続されていないが、載せられている蓄電池の容量が限られているため、蓄電容量が減り、かつ速度が上昇するとエンジン回転数はそれなりに上昇する。

また冬場にヒーターを作動させると、駆動用の電動モーターには、それに応えるだけの熱量を持たないため、この場合も室内に暖かい空気を供給するためにエンジンが作動する。

但し、アクセル開度やスピードとエンジンの回転数そのものは必ずしも連動しておらず、エンジン回転とは関係なくアクセルを踏み込めば、即座に分厚いトルクが発生しスピードが上がっていく。

この感覚は既存のガソリンエンジン車とは異次元の走行フィーリングであり、日産ではこのEV車ならではの走行フィーリングを広く一般ドライバーへ伝えたいために、最量販価格帯で200万円を切る廉価でのリリースに踏み切った。

今回の展示イベントでは、今発表の「NOTE e-POWER」の車両ラインナップ6台が一同に揃う他、映像を通して「e-POWER」の技術を判り易く説明するプレゼンテーションを紹介するなど、新しい電動パワートレインの仕組みが体感できる展示となっている。

nissan-motor-co-hybrid-ev-note-e-power-exhibition-event-being-carried-out-in-yokohama-headquarters-gallery20161103-1

なお前日に報道陣に向けて行われた発表会見では、共同最高経営責任者の西川廣人氏が冒頭で登壇し、「我々、技術の日産が自信をもって皆様に「NOTE e-POWER」をご提案します。

これまで培ってきた電気自動車の技術を駆使した、日産ならではの新たな電動化技術のご提案です。

昨今、技術革新のニュースが流れていますが、自動車屋としては、お客さまにお求めしていただきやすい金額でご提供することが使命ですので、プロパイロットに続く『NOTE e-POWER』を是非お楽しみいただきたいと思います。

これを契機に日本マーケットでの日産の存在感を徐々に上げて参ります。下期の日産にご期待いただければと思います」と述べた。

nissan-motor-co-hybrid-ev-note-e-power-exhibition-event-being-carried-out-in-yokohama-headquarters-gallery20161103-10

これに続いて、日産自動車の国内販売戦略を担う専務執行役員の星野朝子氏が、「日産自動車は10年掛けて、この新しい新世代パワートレインを開発してきました。

このパワートレインは発明であり、業界におけるエポックなのだと思っています。それが本日満を持して、皆様にお披露目できることを、大変嬉しく思います。

『NOTE e-POWER』は電気自動車の新しいカタチであり、アクセルペダルをひと踏みするだけで、お客様はその魅力にとりこになることでしょう。

今回、NOTEがe-POWERを搭載する最初の車種となったのは、少しでも多くのお客様にこの最先端の技術を見て、乗って、感じて頂きたいという想いからです。

今回の『NOTE e-POWER』はEV車でありながら、お客さまご自身は充電を気にすることなく電気自動車の特徴的な走りと高い経済性を享受できる上、さらにe-POWER Xグレードは、200万円を下回る価格で、多くの方々の手に届きやすい設定としています。

nissan-motor-co-hybrid-ev-note-e-power-exhibition-event-being-carried-out-in-yokohama-headquarters-gallery20161103-5

『NOTE e-POWER』は今までどおりのガソリンを給油するクルマの使い方でありながら、電気自動車のまったく新しいカタチを体感いただけるものとなっています。

コンパクトカーの概念をこの新型パワートレインが覆すと確信しております。百聞は一見にしかずですので、ぜひこの走りを体験して頂きたいと想います」とドライビング体験を呼び掛けた。

nissan-motor-co-hybrid-ev-note-e-power-exhibition-event-being-carried-out-in-yokohama-headquarters-gallery20161103-2併せて特別ゲストとして登場して俳優の柳沢慎吾さんの試乗映像がスクリーンに投影され、「瞬発力が良いでしょ。ベタ惚れだね。時代は動いているね。変わっているんだよ、やっぱり」と、時折お茶目な雰囲気を醸し出しながら、クールに分析する一面を見せた。

なお上記展示期間は2017年1月21日の土曜日まで。日産自動車では、「この機会にぜひ日産グローバル本社ギャラリーにお越しください」と来場を呼び掛けている。

イベント期間:2016年11月2日(水)~2017年1月21日(土)予定
会場:日産グローバル本社ギャラリー
神奈川県横浜市西区高島1-1-1 TEL 045-523-5555
営業時間:10:00~20:00

add-nissan-motor-a-new-concept-of-ev-equipped-with-a-power-only-engine-in-the-notes-the-e-power20161102-16

add-nissan-motor-a-new-concept-of-ev-equipped-with-a-power-only-engine-in-the-notes-the-e-power20161102-5

展示車:
[e-POWER MEDALIST]
プレミアムコロナオレンジ(内装:ブラック)
ギャラクシーゴールド(内装:プレミアムホワイト)
ガーネットレッド(内装:プレミアムホワイト)
シャイニングブルー(内装:プレミアムホワイト)
[X e-POWER]
オリーブグリーン(内装:ブラック)
なでしこピンク(内装色:ブラック)

add-nissan-motor-a-new-concept-of-ev-equipped-with-a-power-only-engine-in-the-notes-the-e-power20161102-19

日産グローバル本社ギャラリーの休館日は、11月7日(月)、12月5日(月)28日(水)~2017年1月1日(日)、 10日(火)となる。

※ 提携駐車場として隣接の「横浜三井ビルディング駐車場」が利用可能。駐車料金割引の優待サービスあり。