JVCケンウッド、「運転支援機能」搭載のドライブレコーダー2モデル発売


jvc-kenwood-donated-the-land-radio-communication-equipment-to-nepal20150506-2-min

フルハイビジョンを超える3M(メガ)の高解像度録画を実現し、走行時の映像をより鮮明に記録可能

株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市神奈川区守屋町、代表取締役社長:辻孝夫、以下、JVCケンウッド)は、ケンウッドブランドより、鮮明な3M(メガ)(※1)映像録画を実現し、ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載したスタンダードドライブレコーダー「DRV-610」「DRV-410」の2モデルを3月上旬より発売する。

別売オプションの車載電源ケーブルも用意し、長時間の「駐車録画」にも対応していく。※1:記録解像度3メガピクセル(2304×1296)。

・品名:スタンダードドライブレコーダー
・型番:DRV-610/DRV-410
・希望小売価格(税抜き):オープン価格
・発売時期:3月上旬

jvc-kenwood-driving-support-function-with-the-drive-recorder-2-model-launch20160224-1

●企画背景と製品の概要
近年、ドライブレコーダー市場は「安心・安全」に対する意識の高まりとともに、急速に規模を拡大しており、今後さらなる成長が予測されている。

同社は、一昨年よりスタンダードドライブレコーダー「KNA-DR300」(2014年12月発売)と、「KNA-DR350」(2015年9月発売)を投入。

「高精細なフルハイビジョン録画」「HDR技術」などのこれまでに培ってきた映像光学技術を生かした高画質モデルをリリースしてきた。

今回発売する「DRV-610」「DRV-410」の2モデルは、ユーザーニーズの高い「より鮮明な映像の再現」を可能とし、フルハイビジョンを超える3M(メガ)高解像度録画によるさらなる「高画質化」を実現。

また、ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載し、運転中のサポートを強化した。さらに、車載電源ケーブル(別売オプション)を使用することで、「長時間の駐車録画」にも対応。これからのドライブレコーダーに求められる基本性能とサポート機能を装備している。

【窓口】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL:0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル)/045-450-8950(一部IP電話)

関連製品リンク
JVCケンウッド < http://www.kenwood.com/jp/newsrelease/2016/20160223_01.html >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


画像認証です。