honda-acquires-constructors-title-at-the-fim-motogp-world-championship20161120-1

ホンダ、FIM MotoGP世界選手権でコンストラクターズタイトル獲得


honda-jet-Japan-premiere20150424-21-min

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、2016 FIM MotoGPTM世界選手権のMotoGPクラスにおいて、コンストラクターズタイトルを獲得した。

11月13日(日)、スペインで開催された同世界選手権シリーズ最終戦のバレンシアGPで、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスが2位でフィニッシュし、2014年以来2年ぶりの同タイトル獲得となった。

これにより、今シーズンのMotoGPクラスにおいて、Hondaはマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え、コンストラクターズタイトルの2冠を達成した。

honda-acquires-constructors-title-at-the-fim-motogp-world-championship20161120-2
タイトル獲得に貢献したライダーとRC213V(左から、マルク・マルケス、ジャック・ミラー、カル・クラッチロー、ダニ・ペドロサ)

コンストラクターズタイトルは、各戦で最上位ライダーが獲得したポイントと同ポイントがメーカーごとに与えられ、このポイントの合計によって競われるもの。

今シーズンのタイトル獲得には、ワークスマシン「RC213V」を駆る、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサに加え、エルシーアール・ホンダ(LCR Honda)のカル・クラッチロー、エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ・マーク・ブイディーエス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)のジャック・ミラーの4選手がポイントを獲得し、Hondaの総合力を発揮した。

なお今年は、Hondaが1966年にロードレース世界選手権の最高峰クラス(当時は500cc)に出場してから50年目にあたり、記念すべき年になった。最高峰クラスでの同タイトル獲得数は、1966年に500cc・4ストロークエンジンのRC181で初めて獲得して以来、通算で22回となっている。

honda-acquires-constructors-title-at-the-fim-motogp-world-championship20161120-1

2016年MotoGP コンストラクターズランキングと獲得ポイント
1位 Honda 369ポイント
2位 Yamaha 353ポイント
3位 Ducati 261ポイント
4位 Suzuki 208ポイント
5位 Aprilia 101ポイント

最高峰クラスのコンストラクターズタイトル獲得の歩み
=ロードレース世界選手権500cc/MotoGP=
1966年 500cc   RC181(4ストローク)
1983年 500cc   NS500(2ストローク)
1984年 500cc   NS500/NSR500(2ストローク)
1985年 500cc   NS500/NSR500(2ストローク)
1989年 500cc   NSR500(2ストローク)
1992年 500cc   NSR500(2ストローク)
1994年 500cc   NSR500(2ストローク)
1995年 500cc   NSR500(2ストローク)
1996年 500cc   NSR500(2ストローク)
1997年 500cc   NSR500(2ストローク)
1998年 500cc   NSR500(2ストローク)
1999年 500cc   NSR500(2ストローク)
2001年 500cc   NSR500(2ストローク)
2002年 MotoGP  RC211V(4ストローク)
2003年 MotoGP  RC211V(4ストローク)
2004年 MotoGP  RC211V(4ストローク)
2006年 MotoGP  RC211V(4ストローク)
2011年 MotoGP  RC212V(4ストローク)
2012年 MotoGP  RC213V(4ストローク)
2013年 MotoGP  RC213V(4ストローク)
2014年 MotoGP  RC213V(4ストローク)
2016年 MotoGP  RC213V(4ストローク)

○Honda が、ロードレース世界選手権において、全クラスで獲得したコンストラクターズタイトルは、合計で65タイトルになった。
・500ccクラス/MotoGP 22回
・350ccクラス 6回
・250ccクラス 19回
・125ccクラス/Moto3 16回
・50ccクラス 2回