HEREとNVIDIA、「Cloud-to-Car」HDマップ作成用AIテクノロジーで提携


米国ネバダ州ラスベガスで開催されたコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES2017)の会場に於いて、デジタル3次元地図情報サービスの「ヒア」(HERE、本社:ドイツ・ベルリン市、CEO:エザード・オーバーベック)と、米国NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼 CEO:ジェンスン・フアン)は1月4日、自動運転車向けにリアルタイムの高精細(HD)マップ作成ソリューションの共同開発を進めると発表した。

今回の、車両およびクラウド環境にまたがるソリューション実現に向けた今提携には、次の3つのイニシアティブが含まれる。

●HEREが、NVIDIA MapWorks AI テクノロジーを利用してHERE HD Live Mapの高速化を図る。

●NVIDIAが、NVIDIA DriveWorksソフトウェアの一部として HERE HD Live Mapベースの自己位置推定テクノロジーを開発することで、自動車メーカーが車両にNVIDIA DRIVE™ PX 2を搭載して、自己位置推定機能を統合できるようにする。

●HEREとNVIDIA が連携し、HERE HD Live Mapベースの車載ソリューションが、自動運転車周辺の環境変化を認知して、各々の状況に応じて、クラウド上の地図を更新できるようにする。

この今回の取り組みについて、HEREのCEOを務めるエザード オーバービーク (Edzard Overbeek) 氏は、「現実世界は絶えず変化しています。このため自動運転車はその変化を捉えて、走行中に適切な判断を行う必要があります。

HERE HD Live Map では、既にそのニーズに対応しており、NVIDIAと協力することで、NVIDIA DRIVEプラットフォームを展開する自動車メーカーが、容易にHERE HD Live Mapを自動運転車で利用することが可能になります」と語っている。

一方、NVIDIAの創設者兼CEOであるジェンスン フアン (Jen-Hsun Huang)氏は、「HD マップは自動運転車に欠かせない要素です。HEREがCloud-to-Carマップ作成システムに、当社のディープラーニング テクノロジーを採用することで、自動車メーカーは自動運転車両の展開を加速できるようになるでしょう。

現在、HERE HD Live Mapは、車両の自動化をあらゆるレベルでサポートするためのクラウド サービスとして利用されており、既に北米と西ヨーロッパでは商用提供が開始されています。

具体的には、センサーデータの取り込みと集約を行う各種モードに対応できる機能を搭載し、自らの車両位置を決定し、連続的に自動運転走行を続けていくという領域に於いて、車両をアシストし続けていくための機能を備えています」とコメントした。

これらを踏まえCES2017に於けるHEREのブースでは、NVIDIAと HEREが、NVIDIA DRIVE PX 2 AIコンピューター上で、HERE HD Live Mapを利用した自己位置を推定していく様子を紹介していた。

このデモを介してディープラーニングで、車両の位置をセンチメートル単位の精度で正確に特定することや、車両の周辺環境が現行の地図と異なる可能性を検出することができる。また、この提携の一環として、実車による路上テストも既に積極的に行われていると云う。