F1シンガポール、ベッテルがフェラーリに移籍後初PP、ホンダ陣営はQ2敗退


9月19日(土)、マリーナベイ・サーキットでF1シンガポールGPの予選が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2年振り、フェラーリに移籍後、嬉しい初のポールポジションを獲得した。

2番手には、レッドブルのダニエル・リカルド。3番手は、フェラーリのキミ・ライコネンとなった。

f1-singapore-vettel-is-the-first-after-moving-to-ferrari-pp-honda-camp-q2-eliminated20150920-2

連続ポールポジションが期待されていたメルセデスのルイス・ハミルトンだが、今回のレースでは5番手スタートに落ち着いた。

4番手はレッドブルのダニール・クビアト。6番手はメルセデスのニコ・ロズベルグとなったため、メルセデスチームのポールポジション記録も23戦でストップした。

f1-singapore-vettel-is-the-first-after-moving-to-ferrari-pp-honda-camp-q2-eliminated20150920-3

なお前日のフリー走行で8番手を走り、Q3進出に期待が集まったマクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが12番手、ジェンソン・バトンが15番手となりQ2で敗退した。

フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン両名は、Q2敗退は残念な結果としながらも、決勝ではポイント圏内を目指して走るとコメントしている。

マリーナベイ・サーキットは、幾つか代表的なオーバーテイクポイントはあるものの、隙を突くチャンスが少なく、スタート時点でどれだけ上位ポジションに付けるかが、レース中盤以降の戦略の組み立てやすさを左右するだろう。

決勝レースは、20日(日)の21時(現地時間20時)にスタートする。

f1-singapore-vettel-is-the-first-after-moving-to-ferrari-pp-honda-camp-q2-eliminated20150920-7

MOTOR CARS関連記事
F1シンガポールGP予選、ホンダ陣営の公式コメント発表
http://motorcars.jp/f1-singapore-gp-qualifying-official-comments-announcement-of-the-honda-camp20150920#more-16327