daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-34

ダイハツとトヨタ、子育てファミリーに向けたトール・トールカスタム・ルーミー・タンクを共同発表


daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-32

ダイハツ工業とトヨタ自動車は11月9日、都内ホテルに於いて「子育てファミリー」をキーターゲットに据えた2タイプの新型小型乗用車(ダイハツ「トール」「トールカスタム」、トヨタ「ルーミー」「タンク」)発表の共同会見を実施。両社は、同日から両社のリリース車両を、個々の取り扱いチャネルを介して全国一斉に発売した。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-30

この4台はいずれも、これまでダイハツが軽自動車開発・生産で培ってきたノウハウをベースに、壁となっていた規格や規定の枠を打ち破るものとなった。

より具体的には、小型車枠ならではの余裕を持たせた居住スペースに、ダイハツが軽で培ったパッケージング技術を投入して仕立てたものである。

そのコンセプトキーワードは子育てファミリーに宛てたもので、ダイハツでは「家族とのつながり」そして「成長」としている。

daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-31

車両開発に於いては、子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー(初めての小型車ユーザー、あるいは軽自動車からのステップアップユーザー)を目指して開発を重ねてきたと云う。

ボディはコンパクトな外形寸法を維持しつつ、取り回しの良さを軽自動車と同等レベルに抑えながら、比較的ゆとりある室内空間を実現したとしている。

外観上の車格感は、軽自動車のトールワゴンの流れを汲むもの。これまで先行・独断場となっていたホンダ・フリードが開拓したファミリー向けのコンパクトミニバンマーケットに、新たなカテゴリを開く形となった。

daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-41

全長は3,700mmと軽自動車規格より300mm長いボリューム。一方最小回転半径は4.6mと軽自動車に迫る小回り能力を持っている。

また同開発コンセプトに沿って、家族の多様な自動車を取り巻く使用シーンを想起し、5人乗車して5人分の旅行荷物を積載できるという広さを実現しながら、様々なシーンに於ける対処法に応えていけるシートアレンジと荷室を設定。

daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-37

特にリヤシートは240mmのスライド量を確保するとともに、リクライニング角度を70度として、仮眠にも対応できるスペースを確保している。またフロントシートウォークスルーにより、前後のアクセスも容易となっている。

日常に於ける何気ない利用場面でも使い勝手にこだわり、回転式カップホルダーや、大型乗降用アシストグリップ(チャイルドグリップ付)、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなど、家族に優しい思いやりの装備も多数備えた。

daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-39

またその動力源には、今回、新開発となった1.0Lターボエンジンと1.0Lノンターボの2種類を選択搭載する。この新たなパワーユニットの開発では軽乗用車「ムーヴ」などの知見を応用した。

これに組み合わせるトランスミッションは全車CVTとなっている。上位モデルはターボユニットを備えたエンジンゆえに、1.0Lユニットでは高速道路の合流や追越し加速に余裕を持たせることに成功した。ちなみにノンターボは24.6km/リットル(2WD)の低燃費を達成している。

daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-40

操縦安定性や乗り心地も高いレベルで追求しており、高剛性ボディに全車フロントスタビライザー標準装備のDサスペンションを組み合わせ、休日の遠出も楽しめる高い基本性能を実現したと云う。ちなみに高速移動にも考慮したターボエンジン車にはリアスタビライザーも装備して走行時の安定性をさらに高めている。

このクラスのクルマの場合、気になる車両騒音や振動等の対策であるが、今回はラジエータファンをはじめとする騒音の発生源を改良している。加えて走行環境下で、音の侵入経路を遮断するなどの対策を施し、例えば高速道路でも前後乗員間に於いての会話も楽しめる静寂性を実現したと云う。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-2

なおダイハツは発表会見の席上に於いて、日常に移動手段として当面、需要が高まると見られるスモールカー市場に於いて、ダイハツが軽自動車で培ってきた強み(『軽で開発した技術』と『ユーザーニーズに合わせた生活密着型の商品提案』)を小型車に展開することにより、軽自動車を基点としたスモールカー全体のレベルアップを目指すと述べている。

さらにトヨタ傘下のなかで、アジア戦略に見合うコンパクトカーを開発していくことで、各々の段階でトヨタとの提携を進めているスバルやマツダ、さらにはスズキとは異なる立ち位置を確立し、グループに於ける独自性を図っていく構えのようだ。

ダイハツ・トール、トール カスタムの主な特長は、以下の通り
1.ゆとりある室内空間と取り回しの良さ
2.あらゆるシーンに対応できる荷室とシート
3.家族に優しい工夫と思いやり装備
4.運転の楽しさと家族を守れる安心感
5.躍動感と堂々迫力が共存するエクステリア

なお車名のトールは、北欧神話の雷神Thor(トール)から「力強く頼りがいのある相棒」という意味に加え、TALL=「背が高い」と同音で新ジャンルのトールワゴンであることを表現したとしている。

*販売概要*
月間販売目標台数:1,000台
発表展示会:12月3日(土)、4日(日)
*メーカー希望小売価格*
【トール(消費税込み)】
daihatsu-and-toyota-jointly-announce-tall-toll-custom-%c2%b7-rumie-tank-for-parenting-family20161110-99
問合せは最寄りのダイハツ販売会社またはダイハツお客様コール
センター(Tel 0800-500-0182)まで

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-1

トヨタは「1LD-CAR」コンセプトのルーミー、タンクをリリース

この新型小型乗用車はトヨタにもOEM供給されることから、トヨタも「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトにした新型車のルーミーを全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、また新型車タンクを全国のトヨペット店ならびにネッツ店を通じて11月9日に発売した。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-22

車両の特長はダイハツに準じており、子育てファミリーを筆頭に幅広い消費者層の日常にジャストフィットする、新しいタイプのトール2BOXとし、多彩なシートアレンジなどミニバンの持つ魅力をコンパクトカーに凝縮した。

併せてリッターカークラスのコンパクトな車格の利を活かし、最小回転半径4.6mと小回りのきく取り回しを実現。乗り降りしやすいワンタッチオープン機能付パワースライドドアも採用。5つの機能を備えた衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」も搭載した。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-13

なおリリース車両には、それぞれにメッキ加飾や専用バンパーなどを施したカスタムグレードを設定し、あわせて4つのフェイスデザインとしている。

ちなみに新型車ルーミー並びにタンクの「1LD-CAR」をコンセプトとは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせたものであり、トヨタからリリースされる両車は、1LD-CARのキーワードを販売戦略に於いて訴求していく考えだ。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-27

ルーミー、タンクの主な車両概要は以下の通り

ゆとりある室内空間を実現したパッケージ
– 最小回転半径4.6mと取り回しの良いコンパクトなサイズを維持しつつ、前後乗員間距離は最大1,105mm確保することで、広々とした後席周りを実現した。
– 乗り降りしやすく、電動で開閉可能な両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)を採用。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-18

様々なシーンに対応するシート機構
– フロントシートウォークスルーの採用で、前後席間のスムーズな移動を可能とした。
– リヤシートは240mmのスライドを可能とし、最前方までスライドさせると、5人乗車で荷室に機内持ち込み用スーツケース4個の積載が可能。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-15

– リヤシートのリクライニング角度を最大70度まで倒すことができ、車中泊も可能な空間を確保。
– リヤシートは、前に倒すと荷室の床がフラットになるダイブイン機構を採用。1,500mm超の荷室長で長尺物も積載可能。
– デッキボードを反転し、防汚シートを広げれば、自転車の積み込みも可能。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-19

便利で安心、快適な装備
– 容量5Lの脱着式大型センターダストボックスや、紙パックのドリンクも置くことができる回転式カップホルダーをはじめ、多様な収納スペースを用意。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-17

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-20

– 乗降用大型アシストグリップ(チャイルドグリップ付)の採用で、子供から大人までスムーズな乗車をサポート。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-12

– パワースライドドアに連動して点灯する後席ステップランプを採用。足元を明るく照らし、夜や暗い場所での乗降が安心。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-29

「4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」を採用。
– 駐車時や見通しの悪い交差点などで活躍するパノラミックビューを採用。車両の前後左右4ヵ所のカメラにより、前後左右や上から見下ろしたような映像をマルチインフォメーションディスプレイに表示する。
– 1.5Lクラス相当のトルク(140N・m)を発揮する新開発直列3気筒1.0Lターボエンジン。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-11

– 高速走行でもストレスを感じさせない加速性能を発揮、あわせて低燃費化を実現。
– アクセル操作に対し優れたレスポンスをもたらすスポーツモードを設定。
– 全車エコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現し、2WD車は24.6km/L、4WD車は22.0km/L、ターボ車は21.8km/L達成。

daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-25

販売概要

– 販売店
ルーミー:全国のトヨタ店、トヨタカローラ店
タンク:全国のトヨペット店、ネッツ店
– 月販目標
台数 :ルーミー3,750台
タンク:3,750台
店頭発表会 :11月19日(土)、20日(日)
生産工場:ダイハツ工業(株) 本社 池田工場

メーカー希望小売価格
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
daihatsu-and-toyota-will-jointly-announce-presentations-of-new-small-passenger-cars-for-child-rearing-families-with-growth-as-key-words20161110-9ルーミー 車両情報 http://toyota.jp/roomy/ To-jump-to-external-page20150401
タンク 車両情報 http://toyota.jp/tank/ To-jump-to-external-page20150401