「ビデオ」カテゴリーアーカイブ

ブリヂストン、世界の運輸事業効率化に貢献するデジタルソリューションツール「BASys」を刷新

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、トラック・バス用リトレッドタイヤ(環境優位性の見地に立ち使用済みタイヤのトレッド部に新ゴム層を加硫・圧着した再使用製品)に関するデジタルソリューションツール「BASys(ベイシス)」を刷新した。

※上記はリトレッドタイヤ用デジタルソリューションツール「BASys」の解説動画

続きを読む ブリヂストン、世界の運輸事業効率化に貢献するデジタルソリューションツール「BASys」を刷新

ホンダCIVIC(シビック)タイプR、ニュルブルクリンクでFF車の最速ラップタイムを更新

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、ドイツのニュルブルクリンク北コースで新型「CIVIC TYPE R (シビック タイプアール)」の最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデル最速の7分43秒80のラップタイムを記録した。

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で行われ、先代のシビック TYPE Rが記録したタイムを7秒近く更新し、モデルチェンジによりシビック TYPE Rの運動性能がさらに向上したことを示した。

新型シビック TYPE Rは、先代モデルに対して「2.0L VTEC TURBO エンジン」の進化(最高出力320馬力、最大トルク400N・m)や6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化によって加速性能を向上。

加えて、新プラットフォームの採用によるねじり剛性の大幅向上(プラス38%)やボディーの軽量化(マイナス16kg)、マルチリンク式リアサスペンションの採用によるステアリングの応答性やコーナリング性能がさらに向上を遂げており、これらにより運動性能が大幅に上がっている。

また、ホンダによると新型シビック TYPE Rは、サーキットでの走行性能だけではなく、一般公道でのグランドツアラー性能も大幅に進化しており、新たに設定したコンフォートモードを含む、3つのドライビングモードによって、市街地からサーキットまで、より幅広い走行シーンにマッチしたダイナミック性能を提供するとしている。

なお生産は、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the U.K. Manufacturing Ltd.>で行われ、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定だ。

タイムアタックの関連動画リンク
http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/ 

エアロモービル社の空飛ぶ自動車、遂に先行受注開始。初期受注は500台限定

モナコ公国・モンテカルロ区(プランシポテ・ドゥ・モナコ/Principauté de Monaco)で、先の4月20日から23日まで開催されているプレミアム製品の展示会「トップ・マークス・モナコ(TOP MARQUES MONACO)」に於いて、これまで延べ20年間に亘って、中央ヨーロッパのスロバキア共和国で永らく開発が続けられてきたエアロモービル(Aero-Mobil)社による「空飛ぶクルマ」の先行受注が遂に開始された。

続きを読む エアロモービル社の空飛ぶ自動車、遂に先行受注開始。初期受注は500台限定

NEXCO中日本、高速で走行しながらトンネルの精緻なひび割れ検出に成功

高速画像処理を用いたトンネル内点検技術を開発。高速で走行しながら0.2mmのひび割れ検出に成功

NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社・本社:名古屋市中区錦2-18-19代表取締役社長CEO:宮池 克人、以下、NEXCO中日本)と東京大学大学院情報理工学系研究科は共同で、トンネル内を走行しながら、幅0.2mmのひび割れを検出することに成功した。

カメラ撮影でモーションブラー(被写体ブレ)は画像の画質劣化を招く主たる要因のひとつだ。これを改善する取り組みとしては、手ぶれ補正機能やフラッシュ、露光時間の制限など様々な手法があるが、いずれも画質改善に課題がある。 そこで、今回は被写体ブレを補償する装置を開発・利用し、この問題を改善する手法を導入した。

続きを読む NEXCO中日本、高速で走行しながらトンネルの精緻なひび割れ検出に成功

日産自動車、六本木ヒルズアリーナでスカイライン誕生60周年イベントを4/24まで開催

歴代の全13モデルを展示した「SKYLINE TIMELINE」イベント

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は、4月21日(金)~24日(月)まで、六本木ヒルズアリーナにて同社を代表するモデル「スカイライン」の生誕60周年を記念し、六本木ヒルズアリーナで特別イベントを開催している。

※動画は「スカイライン60周年イベント「SKYLINE TIMELINE」記者会見」(尺・約34分)

続きを読む 日産自動車、六本木ヒルズアリーナでスカイライン誕生60周年イベントを4/24まで開催

VW、中国でクロスオーバーEVの「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」を世界初披露

独フォルクスワーゲン AG(本社:ドイツ・ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク、グループCEO:マティアス・ミューラー、以降VW)は、来る2020年の格的生産開始に向けて、未来の新型電気自動車(EV)を連想させる車両を2017年上海モーターショー(4 月 19 日~29 日)で世界初披露した。

続きを読む VW、中国でクロスオーバーEVの「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」を世界初披露

2017年、オートバックスのTVCMは「プロフェッショナルでフレンドリー」を顧客層へ訴求

コマーシャルキャラクターに“情熱”と“笑顔”を体現する『山口智充』さんを起用

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:小林喜夫巳、以下、オートバックス)は、オートバックスグループ店舗のイメージを訴求するテレビコマーシャルを新たに制作し、2017年4月21日(金)より順次、全国で放映を開始する。

続きを読む 2017年、オートバックスのTVCMは「プロフェッショナルでフレンドリー」を顧客層へ訴求

GLM、量産EVスーパーカーの開発を加速。4000万円/世界販売1000台を目指す

京都大学発のベンチャー企業で、EV(電気自動車)スポーツカーの量産化に日本で初めて成功したGLM株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:小間裕康、以下GLM社)は、今回新たにEVスーパーカーの2019年の量産化を目指す。

続きを読む GLM、量産EVスーパーカーの開発を加速。4000万円/世界販売1000台を目指す

UDトラックス、旗艦モデルのクオン(Quon)を刷新

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は4月11日、同社のフラッグシップ大型トラック「クオン(Quon)」を刷新・同日より発売を開始した。

続きを読む UDトラックス、旗艦モデルのクオン(Quon)を刷新

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトを開始

4月17日より藤沢市の限定エリアにて新しい受取り方を検証する2つの実用実験を行う

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区・代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)とヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:長尾 裕、以下ヤマト運輸)は、2017年4月17日(月)から翌2018年3月31日(土)の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験として、新しい受取り方を検証する2つのサービスを開始する。

続きを読む ヤマト運輸とディー・エヌ・エー、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトを開始

いすゞ自動車、創立80周年記念事業に伴う「いすゞプラザ」がオープン

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:片山 正則、以下「いすゞ」)は、創立80周年記念事業の一環として、コミュニティー施設『いすゞプラザ』を2017年4月11日、藤沢工場隣接地にオープンし、開所式を執り行った。

続きを読む いすゞ自動車、創立80周年記念事業に伴う「いすゞプラザ」がオープン

SUBARU、2017年NY国際自動車ショーにて「ASCENT SUV CONCEPT」を公開

「ASCENT(アセント)」は北米市場専用の新型3列SUV。新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定

SUBARUは、開催中の2017年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、開発中の新型3列ミッドサイズSUVの名称を「ASCENT(アセント)」として発表するとともに、同車をイメージしたデザインコンセプトカー「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」を公開した。

続きを読む SUBARU、2017年NY国際自動車ショーにて「ASCENT SUV CONCEPT」を公開

日本精工、上海市4/21〜「上海モーターショー」・北京市4/17〜「中国国際工作機械展」に出展

環境と安全・快適性能の向上に貢献する幅広い技術・製品を展示

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、4月後半に向けて中国国内で開催されるふたつの展示イベントに出展する。

続きを読む 日本精工、上海市4/21〜「上海モーターショー」・北京市4/17〜「中国国際工作機械展」に出展

ホンダ、直列2気筒745ccエンジンの新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、低回転域から高回転域まで扱いやすい水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、かねてより定評あるデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせて、コミューターとしての利便性を兼ね備えたアドベンチャーモデル「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を4月14日(金)に発売した。

続きを読む ホンダ、直列2気筒745ccエンジンの新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売

JAF、運転時の災害・トラブル対処法掲載ページに「水害・火災・ペットの防災」を追加

JAF(一般社団法人日本自動車連盟・本部所在地:東京都港区、会長:矢代隆義、以下、JAF)は、4月13日(木)より自動車運転時等に災害に遭った際の対応方法などをまとめた特設ページに新規コンテンツ、「水害」「火災」「ペットの防災」特集を追加した。

ちなみに、この災害対応コンテンツは、2月28日(火)に特設ページとして公開。「もし、災害が発生したら。」では、「地震」「津波」「雪道・凍結路」での対応について、詳細をまとめている。

これに加え今回は、「水害」「火災」「ペットの防災」を追加し、注意喚起を行っている。

一般に、災害が発生したらどこに避難するのか、また非常食の準備など対策を行い、認知しているドライバーは多い。

しかし、ペットを同伴して避難する際の注意点や、車に乗せて避難した場合の注意点を調べ、準備している層は少ない。

そこでペットと避難する際に準備すべきものを優先順位の高い順に3つの項目に分けチェックリストを掲載。リストを参考にすぐに準備できるようコンテンツを充実させた他、急に避難が必要になった際にも利用できるようシンプルなものにまとめている。

JAFでは、「ペットも大切な“家族”。事前にご確認いただき、もしものために備えていただければと思います。

併せてこの特設ページを多くの方にご覧いただき、実際に災害が起きてしまった際に適切な行動ができるよう、知識を身につけていただきたいと考えております」と結んでいる。

「もし、災害が発生したら。」
http://www.jaf.or.jp/bousai/index.htm 

【参考コンテンツ】
クルマ何でも質問箱
http://www.jaf.or.jp/qa/car/ 

ユーザーテスト資料編
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/index.htm 

ユーザーテスト動画編
http://ch.jafevent.jp/channel.php?ch_id=5 

横浜ゴム、チェルシーFCの選手を起用した新ショートムービーシリーズをSNSで配信

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、イングランド・プレミアリーグ「チェルシーFC」の選手を起用した新しいショートムービーシリーズの配信をSNSでスタートした。

動画:ディエゴ・コスタ選手が登場する「POWER」

続きを読む 横浜ゴム、チェルシーFCの選手を起用した新ショートムービーシリーズをSNSで配信

JAF、2020年の新車で義務化となる「オートライト点灯時の明るさ」を検証するコンテンツを掲載

JAF(一般社団法人日本自動車連盟・本部所在地:東京都港区、会長:矢代隆義、以下、JAF)は、薄暮時の交通事故の防止のため有効な「早期ヘッドライト点灯」をテーマとする特設コンテンツ「JAF Safety Light」を追加した。

チェックポイント【その1】1,000ルクスの明るさ、何で判断すればいい?、【その2】見た目は明るく感じても、実際の数値を測ってみると…

続きを読む JAF、2020年の新車で義務化となる「オートライト点灯時の明るさ」を検証するコンテンツを掲載

矢野経済研究所、2020年市販化を見据えた次世代モビリティ市場調査を実施

市場調査・シンクタンクの株式会社・矢野経済研究所(本社:東京都中野区本町、代表取締役社長:水越 孝、以下、矢野経済研究所)では、国内の次世代モビリティ市場に関わる調査を実施。その結果を発表した。

続きを読む 矢野経済研究所、2020年市販化を見据えた次世代モビリティ市場調査を実施

トヨタ自動車、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」のレンタル開始

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田章男、以下トヨタ)は都内本社に於いて、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウォーク WW-1000」の記者発表を行い、同製品のレンタルを2017年秋より開始する。

「ウェルウォーク WW-1000」

続きを読む トヨタ自動車、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」のレンタル開始

JAF、ペダル踏み間違い時の加速を抑制・制御する「誤発進抑制制御機能」紹介CG動画公開

JAF(一般社団法人日本自動車連盟・本部所在地:東京都港区、会長:矢代隆義、以下、JAF)は、先進安全技術の一つ「ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御機能)」を紹介したCG(コンピュータグラフィックス)動画をホームページとYoutube公式アカウントで公開した。

続きを読む JAF、ペダル踏み間違い時の加速を抑制・制御する「誤発進抑制制御機能」紹介CG動画公開