「ニュース」カテゴリーアーカイブ

トヨタ、メキシコで新工場を建設、中国でも生産ラインを新設へ

toyota-mexico-new-plant-construction-production-line-established-in-china20150415-2
写真は「広汽トヨタ自動車有限会社」

持続的成長を支える「競争力のある工場」づくりを推進

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、このほど、永らく現状維持を続けて来た完成車の組み立て工場の凍結を遂に見直し、約1700億円を投じてメキシコで新工場を建設。さらに中国で生産ラインを新設することを決定した。

今回のメキシコ新工場・中国新ライン共に、「シンプル&スリム」、「フレキシブル」をキーワードに、伸縮自在ライン、床置き可能な小型設備のほか、コンパクトな塗装ブースなど、革新的な生産技術を利用可能な様、機能拡大策を可能な限り盛り込むと同時に、より安全で環境に優しい工場づくりに取り組む構え。

量よりも質、競争力のある新しい工場づくりへと発想を転換

ただしこれらの投資は、単なる「量を求めた工場づくり」とは異なる。具体的には量よりも真に「競争力のある新しい工場づくり」へと発想を大きく転換するものとしている。

toyota-mexico-new-plant-construction-production-line-established-in-china20150415-4
写真は「広汽トヨタ自動車有限会社」

トヨタはこれまで、あえて工場の新設を凍結し、既存工場の能力を最大限有効活用する取り組みを行ってきた。それによりモデルの切り替え時の設備投資額の低減を進めるとともに、工場投資の画期的な低減策の策定など、もの造りの観点から事業構造を見直すべく、あえて立ち止まってその方向を水面下で推進してきたのである。

その結果、既存工場の稼働率は、グローバル全体で90%を超えるまでに向上したほか、工場の建屋や設備を中心とする初期投資部分については、2008年当時と比較して約40%低減できる目途がつきつつある。

トヨタでは新たな生産技術の革新に目途がつきつつある

そこでトヨタは、今後の世界の自動車市場の安定的な成長を見込む中、既存工場の能力の使い切りが着実に進んでいること、新たな生産技術の革新に目途がつきつつあることを受け、これらの技術を実際のラインに導入することでさらなる技術革新に繋げることなどを目的に本決定を行ったようだ。

toyota-mexico-new-plant-construction-production-line-established-in-china20150415-6
写真は「広汽トヨタ自動車有限会社」

トヨタ社長の豊田章男氏は、「今回の新工場や新ラインは、トヨタの知恵と工夫を結集したものになる。トヨタは単なる『量を求めた拡大』と決別し、『もっといいクルマづくり』やそれを支える人材育成を通じ、持続的成長を図っていく必要がある。

今回の取り組みは、トヨタの真の競争力強化における重要な試金石となる」と述べた。

■メキシコでの新工場建設
メキシコでは今後、中長期的に緩やかな成長が見込まれる北米市場の動向を踏まえ、北米全体の競争力の更なる強化を図るため、北米生産体制を再編する。

その一環として2019年にメキシコで新工場を設立し、当地でカローラを生産する。新工場ではグローバルのモデルケースたりうる、Toyota New Global Architecture(TNGA)を前提とした、全く新しい工場づくりと仕事の変革にチャレンジする。

■北米生産体制再編
北米においては今後、高品質で魅力あるクルマを一層効率的に供給できるようにするため、ボディタイプや車両サイズごとに北米生産の体制を再編していく。

その一環として、カローラの生産をカナダ工場から新工場に移管。コンパクトモデルは、新工場およびカローラを継続生産する米国ミシシッピ工場で生産する。

toyota-and-developed-a-new-1.2l-direct-injection-turbo-engine20150406-4
写真は日本国内仕様のカローラ

カナダ工場では、カローラ生産に代え、ミッドサイズモデルを2019年から生産することで、米国インディアナ・ケンタッキー両工場とあわせ、ミッドサイズモデルの生産に集中することを検討する。

■TNGAを前提とした新しい工場づくり
いずれの新設工場も、トヨタとしては初めて、統一設計による主要部品のモジュール化や共用化による車両モデル切り替え時の設備投資額の大幅な低減を目指すなど、TNGAによるメリットを最大化できる工場づくりを行う。そこでの「賢いクルマづくり」を他地域・工場にも展開する構えだ。

■中国での能力増強
中国では、多くの自動車メーカーが参入し、世界最大市場となっている。ひこで当地において今後も着実に成長していくために、既存ラインの更なる競争力向上と今後の需要への対応が必要と判断した。

toyota-mexico-new-plant-construction-production-line-established-in-china20150415-3
写真は「広汽トヨタ自動車有限会社」

具体的には、広汽トヨタ自動車有限会社(以下、GTMC)において、2017年末までに既存ラインの再構築と新ライン建設を行うことで、将来のTNGA導入を念頭においた競争力の高い工場づくりに取り組む。

これにあわせて、既存の調達基盤の有効活用、GTMC内の研究開発センターでの原価低減推進など、生産・調達・開発が三位一体となった取り組みも行う。

■既存ラインの再構築
既存ラインの再構築では、GTMCの既存の第1・第2ラインにおいて、ラインごとの生産車種をサイズに応じて再整理するとともに、TPS改善や更なる品質向上、自動化などのライン再構築により生産性向上を行う。

■新ラインの建設
新ラインの建設では、既存ラインの再構築により生産性を向上、GTMCの現在の人員規模で、新たな第3ラインを立ち上げる。既存ラインでの生産性向上の取り組みの織り込みと、革新的な生産技術の導入により、競争力の高い工場づくりを行っていく。

また、既存ラインの近接地という地の利を生かした既存設備の有効活用と、将来の能力拡大を視野に入れた、賢い工場づくりを行うとしている。

toyota-mexico-new-plant-construction-production-line-established-in-china20150415-1

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

営業車の動向をリアルタイム管理できるシステム登場

system-appeared-can-be-real-time-management-of-commercial-vehicles20150415-2

管理車両の運行情報をリアルタイムで把握可能

VISH株式会社(ヴィッシュ株式会社・本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役:藤井恵、以下VISH)は、トラックや営業車が、現在どこで運行されていて、何をしているか、といった情報の把握から、過去の走行履歴までを一元管理できる車両情報の管理サービス「アクセルGPS」を開発した。

system-appeared-can-be-real-time-management-of-commercial-vehicles20150415-3

このアクセルGPSは、営業車両やトラック、シビアな運行管理を求められるスクールバスなどに取り付けたGPS車載端末から、NTTドコモの3G/WCDMA回線(800MHz/2100Mhz帯)を利用して、定期的に位置情報をサーバへ送信。

system-appeared-can-be-real-time-management-of-commercial-vehicles20150415-4

この信号を管理者側で受け取ることで、車両の現在位置や過去の走行記録などをパソコンやスマートフォン、携帯電話などの様々なデバイスで、インターネットブラウザ経由を介して確認できるシステムだ。

今どこにいて、何をしているかなど管理できる情報は多彩

管理側で把握できる情報は、今どこにいて、何をしているかといったリアルタイムの位置情報の把握から、過去の走行履歴まで一元で管理可能だ。

営業車やトラックが適正に運行されているかの確認や、事件・事故や災害に巻き込まれた可能性がある場合の安否確認など、業務の効率化から防犯&防災対策まで幅広い用途に活用できるサービスとなる。

system-appeared-can-be-real-time-management-of-commercial-vehicles20150415-1

元来、クラウドシステムの開発などを主業務としているVISHだが、「アクセルGPS」に関しては定額プランを導入。利用料金は月額2,500円/1台だ。その料金の内訳は、通信費用1,000円+システム利用料1,500円、位置情報の発信間隔は30秒に1度。利用は最低3台からの1年間単位の機器契約となり、機器購入費用として別途初期費用が30,000円/1台必要となる。

車載端末自体は、もともと自動車に搭載されているシガーソケットから電源を供給するため、工事などは不要で素早く取り付けが可能という。なお導入を検討している企業へは1週間程度の機材の貸し出しを行い、サービスを体感してもらう「お試し版」も用意しているという。

詳細はヴィッシュ株式会社へ

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

 

埼玉県、東京都、神奈川県に続きFCV購入者に補助金支給へ

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-3
トヨタ自動車の燃料電車「MIRAI」ショールーム(東京都)

埼玉県は2025年までにFCVを県内6万台にまで拡大させる目標

埼玉県は、去る平成27年4月7日(火曜日)に実施された埼玉県知事、上田清司氏の記者会見で、東京都、神奈川県に続き同日より、燃料電池車(FCV)の購入者に補助金を支給すると発表した。

同県はかねてより、2025年までにFCVの登録台数を、県内で約6万台にまで拡大させる目標を掲げており、今回の動きを契機に、側面から購入台数促進を図る構えだ。

気になる補助額は、FCV1台で100万円、先着100台まで

気になる補助額は、FCV1台について100万円。支給には一定枠が設けられており、ひとまず先着100台まで。

mirai-meti-approval20150323-1

HondaJapantougheningAward2015-1
本田技研工業のスマート水素ステーション

例えば、トヨタの「MIRAI(ミライ)」を例に挙げると、同車の税込み価格は723万6000円。ここから国の補助金202万円と、埼玉県からの補助金100万円を適用すれば421万6000円で購入が可能になる計算だ。

補助金の対象者は、県内の法人だけでなく個人も含まれる

なお補助金の対象者は、県内の法人だけでなく個人も含まれる。対象は2015年4月1日以降に購入もしくはリース契約されたもので、2016年3月20日までに新車登録を行ったものとしている。

また埼玉県は、水素社会の実現に向け、2020年までに水素ステーションを県内17基設置。FCVを6000台普及させる考えだ。

2025年には水素ステーションを30基、FCVを6万台に

この計画は、2020年以降も引き継がれ、5年後の2025年には水素ステーションを30基、FCVを6万台にまで拡大させる。

ちなみに水素ステーションを30基設置するという数値目標に対しての根拠は、県内の居住者が15分以内に水素ステーションに到達することを条件を算出された。

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-1
いち早く都内・港区で開業した岩谷産業の水素ステーション

埼玉県は、2012年からFCVを製造する自動車メーカーや、水素燃料の供給大手の岩谷産業と協力、県庁敷地内に水素ステーションを設置しているが、同県知事は「水素ステーションを普及させるために、水素エネルギーのネットワークを構築する必要がある。将来的に水素の利用を家庭やオフィスビル、工場などにも拡大して、水素社会を目指す政府に歩調を合わせていく」と述べている。

その他の水素自動車関連記事
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
日本初の商用移動式水素ステーション、都内千代田区で開業

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

プロトコーポレーション、ACJマガジンズと相互情報連携

proto-acj-and-mutual-information-cooperation20150415-2

自動車記事と中古車情報の相互情報連携で業務提携

株式会社プロトコーポレーション(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:神谷 健司)は2015年4月1日より、株式会社ACJマガジンズ(本社:東京都世田谷区太子堂2-7-2A6 代表取締役社長:笹本 健次)と、自動車記事と中古車情報の相互情報連携で業務提携した。

株式会社プロトコーポレーションが運営する「Goo-net(グーネット)」及び輸入車・ポータルサイト「GooWORLD(グーワールド)」に株式会社ACJマガジンズが運営する「AUTOCAR DIGITALhttp://www.autocar.jp/(オートカー デジタル)」の自動車記事を掲載し相互にリンクを設置することで、両社のユーザーに情報提供を行う。

proto-acj-and-mutual-information-cooperation20150415-3

「AUTOCAR DIGITAL」は輸入車の記事に強みがあり、その多くのユーザーが輸入車を保有している特性があるという。「Goo‐net」及び「GooWORLD」には輸入車が約50,000台掲載されており、双方のサイトで連携することでユーザーのクルマ選びにより有益な情報を提供することができると考えているという。

◆業務提携の主な特長
「Goo‐net」及び「GooWORLD」のコンテンツで自動車記事を掲載。第1弾は輸入車「ボルボ」の記事を掲載、今後も両社で検討し様々な連携を検討していく。
URL : http://www.gooworld.jp/magazine/feature/3032.html

◆プロトコーポレーションについて
株式会社プロトコーポレーションは、「カーといえばGoo!」でお馴染みのクルマ情報誌「Goo」、クルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする自動車関連情報ならびにカルチャー、レジャー、リサイクルなどの生活関連情報サービスの提供を行っている。

◆ACJマガジンズについて
インターネットメディアの運営及び自動車専門書籍の発行等を行っている企業。 中心となるのは自動車インターネットメディア「AUTOCAR DIGITAL」、書籍発行及びインターネットメディアと雑誌双方で展開している世界のクラシックカーを取り扱った「CLASSIC&SPORTSCAR」の運営。自動車記事の作成等も行っている。

◆プロトコーポレーション会社概要
社名:株式会社プロトコーポレーション
代表者:代表取締役社長 神谷 健司
本社:愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
創業:1977年10月
設立:1979年6月
事業内容:新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとした自動車関連情報ならびに生活関連情報サービスの提供
URL:http://www.proto-g.co.jp/

◆ACJマガジンズ会社概要
社名:株式会社ACJマガジンズ
代表者:代表取締役社長 笹本 健次
本社:東京都世田谷区太子堂2-7-2-A6
創業:2012年2月
設立:2012年2月
事業内容:「AUTOCAR DIGITAL」、「CLASSIC & SPORTSCAR」のインターネットメディアの運営及び
「CLASSIC & SPORTSCAR」(雑誌)の発行
URL:http://autocar.jp/

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

リーズナブルなキャンピングカーレンタル専門店、新千歳空港レンタカー圏にオープン

reasonable-camper-rental-new-chitose-airport-open20150415-2

通常料金から20%オフのオープンキャンペーン実施中

サンライフレンタカー株式会社(所在地:北海道千歳市、代表:川口 のりひさ)は、キャンピングカーレンタル専門店をオープン致した。新千歳空港のレンタカー圏でキャンピングカーを借りられるのは同社調べによると同社のみという。

同社は、中古のキャンピングカーをベースに事業展開しているため、レンタル料金がリーズナブル(参考:他社 約40,000円/日~、当店 15,000円/日~)なのが特長。

通常のワゴンカーレンタルに数千円プラスで1泊から

通常のワゴンカーレンタル(平均9,000円~12,000円)に数千円プラスするだけで1泊から借りられるため、初めてのキャンピングカーを気軽に体験できる。

reasonable-camper-rental-new-chitose-airport-open20150415-1

この他、キャンプ用品一式(寝袋、炭、コンロ、皿コップ箸、キャンピングチェア、クーラーボックス、タープ等)のレンタルも行っており、「キャンプに行く際は食品を買うだけ」という。「3泊4日の旅行で、1泊は宿、その他はオートキャンプ場で過ごすなど今までにない、北海道旅行のお手伝いをしたい」と述べている。

【店舗概要】
所在地:北海道千歳市柏台1463 ホンダオートレンタカー
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休
電話:0123-25-6789
料金:1泊 15,000円~(税別)
※予約先着順。ご利用日の2日前までに要電話予約。
※キャンピングカーに、バス・トレイの装備はなし。

■オープンキャンペーン開催
5月30日まで(4月29日~5月6日は除く)はオープンキャンペーンで通常料金から20%割引となる。

サンライフレンタカーWEBサイト
Facebookページ

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

日産、グローバル本社ギャラリーでゴールデンウィーク・ファミリーイベント開催

nissan-child-car-datsun-bebii-Play20150401-2

ダットサン・ベビイ乗り込み体験や、わくわくエコスクールイベントも実施

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン、以下日産)は、4月25日から5月6日の期間、日産グローバル本社ギャラリーにて「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」を開催する。

「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」では、賞品が当たるクイズラリーや、日産の環境技術を楽しく学ぶことができるわくわくエコスクールなど、ファミリーユーザーが愉しめる様々なコンテンツを実施。

また、「ダットサン・ベビイ乗り込み体験+フォトサービス」も開催する予定だ。日産では「ぜひこの機会に、日産グローバル本社ギャラリーにお越しください」と結んでいる。

●「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」
開催期間: 2015年4月25日(土) ~ 2015年5月6日(水・振替休日)

<クイズラリー>
ギャラリー内をめぐって答えを探すクイズラリー。参加者にはもれなく「日産ギャラリーオリジナルトレーディングカード」をプレゼントし、さらに抽選でミニカーなどの賞品をプレゼント。

<ダットサン・ベビイ乗り込み体験>
日産自動車が再生したこども自動車「ダットサン・ベビイ」の乗り込み体験とフォトサービスを実施。
開催日時: 2015年4月25日(土)、26日(日)
※イベントの参加は無料。
※実施時間等の詳細情報は追って日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトにて。

nissan-golden-week—family-events-held-at-the-global-headquarters-gallery20150415-1

<SUPER GT乗り込み体験>
SUPER GTで活躍した「#23 XANAVI NISMO GT-R」への乗り込み体験とフォトサービスを実施。
開催日時 : 2015年5月2日(土)~5月6日 (水・振替休日)

<日産わくわくエコスクール>
日産わくわくエコスクールとは、エコカーを開発・製造している日産だからこそ提供できる新しい環境技術の体験教室。親子で地球環境と電気自動車技術について学ぶ機会を提供するという。
開催日時: 2015年4月29日(水・祝)、5月4日(月・祝)
※イベントの参加は無料。
※実施時間等の詳細情報は追って日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトにて。

<エコドライブセミナー&エコドライブ体験試乗会>
日産で数多くの車両実験に携わってきた担当者が、「燃費の達人」を目指し、エコドライブのテクニックを判り易く伝えるイベント。
開催日時 : 2015年5月6日(水・振替休日)
(1)エコドライブセミナー
テーマ: 「燃費を向上させるドライビングテクニック」
時間: 1回目13:30~、2回目15:00~
講師: 池田 正英(日産自動車 車両開発担当)

(2)エコドライブ体験試乗会
試乗車: 日産リーフ、ノートNISMO、エクストレイル、スカイラインHYBRID

<ウルトラマンギンガS 握手会>
円谷プロダクションとのコラボレーション企画として、「ウルトラマンギンガS」の握手会を開催。
開催日時 : 2015年4月26日(日)
※イベントの参加は無料。
※実施時間等の詳細情報は追って日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトにて。

会場:日産グローバル本社ギャラリー
神奈川県横浜市西区高島1-1-1 TEL 045-523-5555
営業時間 10:00~20:00

※提携駐車場「横浜三井ビルディング駐車場」の利用を推奨。駐車料金割引の優待サービスがご利用できる。
※イベント日時・内容は予告なく変更される場合があるため、最新情報は下記の日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトにて。

*各イベントの詳細は下記日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトで。
日産グローバル本社ギャラリーWEBサイト

イベント関連記事
シトロエンの開放感を体感する6日間、湘南T-SITEにて
トヨタ博物館のクラウン60周年記念展4月25日から
ホンダのジェット飛行機、いよいよ日本の空へ

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
MOTOR CARSサイトTOPに戻る

Toyota Safety Sense C初搭載のカローラ、JNCAP予防安全性能評価で最高ランク

toyota-corolla-the-highest-rank-in-jncap-evaluation20150415-2
カローラアクシオ

2015年度JNCAP予防安全性能評価において初の満点を獲得

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を初搭載したカローラフィールダーならびにカローラアクシオが、JNCAP*1予防安全性能評価*2において、最高ランクの「ASV*3+」を獲得したと発表した。

なお、両車種ともに2015年度のJNCAP予防安全性能評価としては初となる満点*4を獲得し、予防安全性能が高いクルマと評価された。

JNCAP予防安全性能評価は、車両に対する、衝突回避または衝突被害の軽減を支援する衝突被害軽減性能と、車線の逸脱を検知・警告する車線逸脱警報性能など、車両の予防安全性を「ASV+」、「ASV」の2段階に評価。

toyota-corolla-the-highest-rank-in-jncap-evaluation20150415-1
カローラフィールダー

2015年度からは新たに、自動車後方を映像で表示する後方視界情報提供装置(バックモニター等)の性能の評価が加わった。

JNCAPの対象車・評価一覧(JNCAPのWebページへ)

予防安全装備をパッケージ化したToyota Safety Sense C

カローラが搭載する「Toyota Safety Sense C」は、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティに加え、車線を逸脱する可能性がある場合にドライバーに警報するレーンディパーチャーアラート、夜間の前方視界確保を支援するオートマチックハイビームをパッケージ化することで、より高い予防安全性能を実現。

さらに、普及を目指した価格設定*5とすることで、安全運転支援技術の広範な普及を目指す。

トヨタは、「モビリティ社会の究極の願いである交通事故死傷者ゼロの実現に貢献するため、安全技術・車両開発の方向性を示す統合安全コンセプトに基づき、より安全な車両・技術開発に邁進するとともに、人・クルマ・交通環境の三位一体の取り組みを推進していく」と結んでいる。

*1)国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。現在市販されている自動車の安全性能について衝突安全性能、歩行者保護性能、ブレーキ性能などを評価し、結果を公表している。
*2)JNCAPにおいて、2014年度より新たに導入された評価
*3)ASV Advanced Safety Vehicle
*4)満点は46点
*5)一部グレードに標準装備。オプション設定の場合、54,000円(消費税込・先行車発進告知機能も含む)

自動車評価関連記事
ホンダ、ハイブリッドシステムが科学技術賞
マツダのクリーンディーゼル、文部科学大臣表彰を受賞
富士通テン、車両全周囲立体モニタの技術で科学技術賞
ホンダ、日本強靭化大賞2015で優秀賞を受賞

その他の新着記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
パナメーラ エディション、4 エディションの予約受注を開始
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

ポルシェ、パナメーラ エディション、4 エディションの予約受注開始

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-1

豊富な標準装備を誇るグランツーリスモに新エディション

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸、以下ポルシェ)は、エレガントなスタイリングと非常に充実した標準装備が特長の、パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションの予約受注を、本日2015年4月15日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-12

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-10

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-4

パナメーラのスペシャルバージョンであるこのモデルは、パワフルな6気筒エンジンを搭載した2モデルを用意。パナメーラ エディションおよびパナメーラ4 エディションの両車には、ともに310 PS(228 kW)を発生するエンジンが搭載される。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-3

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-2

さらにパナメーラ4 エディションには、電子制御式/マップ制御式の多板クラッチを採用したアクティブ4WD(ポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM))が装備される。

デビュー以来ポルシェの成長において重要な役割を果たす

4ドアスポーツカーのパナメーラは、2009年のデビュー以来ポルシェの成長において特に重要な役割を果たし、未来のスポーツカー世代に対する投資資金を確保するモデルとして、ポルシェにとって重要な柱のひとつとなっている。具体的には2014年で、合計24,864台の納車実績があるという。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-7

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-6

今回発表したパナメーラ エディションのエクステリアは、サイドウインドウのハイグロスブラックのトリムストリップなど、控えめなデザイントーンが特徴。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-8

オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルがボディ同色となる。標準で装着されるパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールには、カラーのホイールハブカバーが装備される。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-5

また、パナメーラ エディションのシートは一部にレザーが採用されたブラック/ルクソールベージュのツートンカラーとなり、すべてのヘッドレストにポルシェ クレストがエンボス加工される。

そのほか、スポーツデザインステアリングホイール、「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、および専用フロアマットが装備される。また14個のスピーカーを搭載した585 WのBoseサラウンドサウンドシステムは傑出したサウンド体験を約束する。

porsche-panamera-edition-4-edition-of-book-orders-start20150415-9

加えて、パナメーラ エディションの装備には、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付バイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシストおよびパワーステアリング・プラスなどのメーカー装着オプションが含まれている。

PDK
最高出力(EEC):228 kW (310 PS) / 6,200 rpm
0 – 100 km/h 加速:6.3秒
最高速度:259 km/h

パナメーラ エディション /パナメーラ4 エディション希望小売価格
2015年4月15日より
車種・トランスミッション・ハンドル・希望小売価格(消費税込価格)
パナメーラ エディション・7速PDK・右・¥10,370,000
パナメーラ4 エディション・7速PDK・右・¥11,310,000

ポルシェ関連記事
ポルシェ、WEC第2戦ベルギー・スパのドライバー体制を発表
WEC英国初戦、1位アウディ・2位ポルシェ・3位トヨタ…

その他の新着記事
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
ヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

ホンダ、ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」が科学技術賞

honda-hybrid-system-science-and-technology-award20150415-1
アコード ハイブリッド SPORT HYBRID i-MMD システムレイアウト

SPORT HYBRID i-MMD、平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を得る

本田技研工業(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊東孝紳、以下、ホンダ)のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)※1 i-MMD」が「平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞」を受賞した。
表彰式は、本日4月15日(水)12時10分より文部科学省にて行われる。

科学技術分野の文部科学大臣表彰は、文部科学省が科学技術水準の向上に寄与することを目的に、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた個人または団体を、「科学技術賞」、「若手科学者賞」、「創意工夫功労者賞」、「創意工夫育成功労学校賞」の各賞において文部科学大臣が表彰するもの。

軽自動車同等の低燃費と、CO2排出量削減への寄与を評価

「Accord Hybrid(アコード ハイブリッド)」に搭載されているSPORT HYBRID i-MMDは、ハイブリッド専用エンジン、走行用と発電用の2つのモーターを内蔵した電気CVT、リチウムイオンバッテリーで構成され、3つのドライブモードから最も効率の良いモードを自動的に選択して走行することで、レスポンスの良い加速応答性と圧倒的な燃費性能を実現する革新的なハイブリッドシステム。

honda-hybrid-system-science-and-technology-award20150415-2
評価されたシステムの一部、2モーター(走行用/発電用)

このたびの受賞は、SPORT HYBRID i-MMDの発進から最大トルクを発生するモーター特性を活かした、滑らかで力強い加速性能と軽自動車同等の低燃費を両立する事で、乗用車としての走行性能を高めながらCO2排出量を大幅に削減し地球温暖化防止に寄与していることが評価された。

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 表彰式について
日時:4月15日(水) 12:10〜
場所:文部科学省 3階講堂(東京都千代田区霞ヶ関3-2-2)
各賞代表者に大臣より授賞

※1)「SPORT HYBRID」ネーミングの由来=EARTH DREAMS TECHNOLOGYとして、Hondaが先駆ける新しいハイブリッドシステムの総称をSPORT HYBRIDと名付けたもので、EARTH DREAMS TECHNOLOGY:走りと燃費を高次元で両立させる新世代パワートレインの総称。

ホンダ受賞関連記事
ホンダ、日本強靭化大賞2015で優秀賞を受賞

化学技術賞の関連記事
富士通テン、車両全周囲立体モニタの技術で科学技術賞
マツダのクリーンディーゼル、文部科学大臣表彰を受賞

その他の新着記事
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

ポルシェ、WEC第2戦、ベルギー・スパのドライバー体制を発表

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-1
Porsche 911 RSR

ポルシェ911 RSRに新しいドライバーの組み合わせ

来る5月2日、スパ・フランコルシャンで開催される世界耐久選手権(WEC)第2戦。
同レースは、チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権(USCC)のラグナセカ戦が同時期に開催される。

これを受けて、ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー、以下ポルシェ)のポルシェ・チーム・マンタイは、レギュラースタイルとは異なるドライバーによるWEC第2戦(スパ・フランコルシャン6時間レース、以下スパ)への参戦布陣を発表した。

スヴェン・ミューラー/ケヴィン・エストル組がWECデビュー

最高出力470PSを発生するポルシェ911 RSR(92号車)は、ポルシェ ワークスドライバーのフレデリック・マコヴィッキ選手(フランス)/リヒャルト・リーツ選手(オーストリア)組。
もう1台の911 RSR(91号車)では、ポルシェ ジュニアのスヴェン・ミューラー選手(ドイツ)と、ケヴィン・エストル選手(フランス)組が、ベルギー南東部・アルデンヌの森に位置する過酷なサーキットでWECデビューを飾る。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-2 なお出場枠としては3台目となるポルシェ919ハイブリッドには、ル・マン24時間レースのオーダーと同じく、アール・バンバー選手(ニュージーランド)とニック・タンディ選手(英国)が、ポルシェ チームのF1ドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグ選手とともに出走する。

ミカエル・クリステンセン/パトリック・ピレ組はラグナセカ戦に

WEC開幕戦のシルバーストーンを戦ったポルシェ ワークスドライバーのミカエル・クリステンセン(デンマーク)/パトリック・ピレ(フランス)組は、ポルシェノースアメリカから、911 RSRを駆りラグナセカ戦に出場することになった。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-6
Porsche 919 Hybrid

このドライバー編成について、ポルシェのモータースポーツ部門責任者であるフランク=シュテッフェン・バリサー博士は、「2大陸で2つの重要なレースが1週間内に開催されることは、コックピットの組み合わせで柔軟な対応策が必要となる例外的な状況といえます。

幸い、私たちの周りには世界中のカレラカップで十分に訓練を積んだレーシングドライバーがたくさんいるので、このような場合には彼らに頼ることができます。

今回スパに出走するスヴェン・ミューラーは、堅実なパフォーマンスによって、911 RSRで世界最高のスポーツカーパイロットに挑戦するチャンスを得ました。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-8
モータースポーツ部門責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士

彼のステップアップは、ポルシェの若手育成プログラムの成功例であるだけでなく、若いドライバーのための出発点としてのポルシェのワンメイクシリーズの重要性も明確に示しています。

これは、ポルシェが、真に高速で走る人々に対してあらゆる門戸を開いているということを例証しています」と述べている。

ポルシェ ジュニアたちが語るスパ・フランコルシャン

2台目の91号車に乗る当のスヴェン・ミューラー選手は、ポルシェ カレラカップ ドイツの昨年の新人王で、ポルシェ・モービル1スーパーカップ・モンツァ戦の覇者でもあるのだが、彼は、今回のチームオーダーに関して、「僕にとっては夢の実現です。ル・カステレのプレシーズンテストで初めて911 RSRに乗ったとき、緊張しましたが、すぐに治まりました。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-3
2台目の91号車に乗るスヴェン・ミューラー選手

ポルシェ チーム・マンタイは僕をすごく歓迎してくれました。911 RSRのステアリングを握った初めてのラップは、夢のような体験になりました。スパでのレースが本当に楽しみです」とコメントした。

スヴェン・ミューラー選手のパートナーとなるケヴィン・エストル選手も、ポルシェ ブランド・トロフィーシリーズでモータースポーツのキャリアを着実に積み、2011年にカレラカップ フランスで優勝。同年のポルシェ・モービル1スーパーカップで新人王に、2013年には、カレラカップ ドイツのタイトルも獲得しているドライバーだ。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-4
スヴェン・ミューラー選手のパートナーとなるケヴィン・エストル選手

ケヴィン・エストル選手は、「ポルシェのワンメイクカップが、プロレースのキャリアのための道を開いてくれました。今回、ポルシェ チーム・マンタイが、WECのスパ戦で911 RSRのドライバーとして僕を選んでくれたのは本当に嬉しいことです。

レギュラードライバーの代理として完璧な仕事をして、このすばらしいサーキットでポルシェのためにできるだけ多くのポイントを稼ぐことが目標です」と語っている。

WEC第2戦はドライバーの実力が問われる1戦に

1978年に現コースレイアウトとなったシルキュイ・ド・スパ=フランコルシャン(Circuit de Spa-Francorchamps)ことスパ・フランコルシャンサーキットは、高低差104mとアップダウンが大きいこと、また山間部のサーキットであることから、同一コース上でも天候がめまぐるしく変化するなど、ドライバーにとっては難易度が高い。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-5
コースはテクニカルなコーナーの連続で、マシン性能の優劣を左右するだけに、ドライバーの実力が問われる1戦になりそうだ。

ポルシェのドライバー体制まとめ
(WEC第2戦スパ/USCCラグナセカ戦)
911 RSR 91号車のスヴェン・ミューラー/ケヴィン・エストル組に加え、ワークスドライバーのフレデリック・マコヴィッキ(フランス)/リヒャルト・リーツ(オーストリア)組が、ポルシェ911 RSR 92号車を駆りポルシェ チーム・マンタイからGTE-Proクラスに出場。

前年のGTE-Proクラスのホモロゲーション車両のみが、GTE-Amへの出場資格を持つGTE-Amクラスでは、米国の俳優でレーシングドライバーのパトリック・デンプシーが、ポルシェ ワークスドライバーのパトリック・ロング(米国)およびマルコ・ゼーフリート(オーストリア)とともに、デンプシー・プロトン・レーシングカスターマーチームから911 RSRで出走。

アブダビ・プロトン・レーシングカスタマーチームからは、クリスティアン・リード(ドイツ)、ハーリド・アルクバイシ(アブダビ)、そして元ポルシェ ジュニアのクラウス・バッハラー(オーストリア)の組が911 RSRで参戦する。

レース前のチームコメント
GTワークスモータースポーツの総合プロジェクトマネージャーであるマルコ・ウジュハシのコメント:「この過酷なサーキットでは、車のセットアップが特に重要です。

タイヤの磨耗を最低限に抑えるために最善の譲歩策を見つけた者が、決め手となる強みを得ます。スヴェン・ミューラーは、若いながらすぐれた訓練を積んだレーシングドライバーです。ル・カステレのプロローグでは、早々とチームに打ち解けました。

経験豊かなドライバーたちが、セットアップでサポートし、テクニカルなサーキットにできるだけ早く慣れることを助けます。さらに、傍らにはケヴィン・エストルという経験豊富なチームメイトも控えています。」

フレデリック・マコヴィッキ(ポルシェ911 RSR #92)のコメント:「スパは常にレースカレンダーのハイライトです。オー・ルージュだけでなく、すべてが素晴らしいサーキットです。スパでは必ず雨を予測しなければなりません。しかし、それだけにいっそう面白くエキサイティングでもあります。」

リヒャルト・リーツ(ポルシェ911 RSR #92)のコメント:「昨年はスパに出場できなかったので、このすばらしいサーキットのスピードに慣れるまで数周を要すると思います。

スパは間違いなく僕の好きなサーキットのひとつです。長くて極めて難易度が高く、真のドライバーのためのサーキットです。レースが楽しみですね。」

今年のポルシェ911 RSR
ポルシェ911 RSRは、スポーツカーのアイコンであるポルシェ911の第7世代をベースとしてマシンだ。
車両の開発とレース出場で得られた知識は、将来の911に直接組み込まれる。

3995ccの6気筒水平対向エンジンをリアに搭載したこのヴァイザッハ製レーシングカーは、最高出力345kW(470PS)を発生し、2013年のデビューシーズンに、ル・マン24時間レースで驚異的なワンツー・フィニッシュを飾っている。

昨年は、米国の最も有名なロングディスタンス・クラシックであるデイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、およびプチ・ル・マンで優勝を果たし、今年はWECのシルバーストーンと上海でも好成績を残している。

2015年シーズンは冬の期間に改良を加え、軽量構造と優れたエアロダイナミクスを備えた。見直されたのは、フロントのエアロダイナミクスと最適化されたサスペンションで限界域における操縦性が改善されているという。

 

関連記事
WEC英国初戦、1位アウディ・2位ポルシェ・3位トヨタ…

その他の新着記事
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに特別仕様車Proud Editionシリーズ登場

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-3
SPORT 2.0i EyeSight Proud Edition

アイサイト搭載車の予防安全性能最高ランク獲得記念車を発売

富士重工業(東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下スバル)は、インプレッサ・SUBARU XV・フォレスターに特別仕様車「Proud Edition」シリーズを設定し、インプレッサ・SUBARU XVを本日4月14日、SUBARU XV HYBRID・フォレスターを6月1日にそれぞれ発売する。

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-4
SPORT 2.0i EyeSight Proud Edition

アイサイトを搭載したすべての評価対象車が最高ランクを獲得

今回新設した「Proud Edition」シリーズは、国土交通省、独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施する「予防安全性能アセスメント」において、アイサイトを搭載したすべての評価対象車が最高ランクのJNCAP(Japan New Car Assessment Program)「先進安全車プラス(ASV+)」ことAdvanced Safety Vehicle+を獲得したことを記念した特別仕様車だ。

発売するインプレッサ・SUBARU XV・フォレスターに特別仕様車「Proud Edition」シリーズのいずれも、スバルならではの高い安全性能に加えて、より質感や使い勝手を高めるアイテムを採用。さらに、より多く自動車ユーザーに向けて求め易い価格設定とした。

なお、「Proud Edition」シリーズは、レヴォーグにも設定される見込み。レヴォーグ「Proud Edition」シリーズは、2015年初夏の発売予定という。

【インプレッサ 「1.6i-L Proud Edition」、「2.0i Proud Edition」、「2.0i EyeSight Proud Edition」の主な特長】

上級グレードに装備される質感高く、使い勝手の良いアイテムを採用しながらも求め易い価格設定とした。

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-5
G4 2.0i EyeSight Proud Edition(SDナビゲーションはディーラー装着オプション)

また、2.0L車には、さらなる特別仕様を施し、より上級志向を求める層にも満足感の高いモデルとした。

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-6
SPORT 2.0i EyeSight Proud Edition(SDナビゲーションはディーラー装着オプション)

【特別装備】
・メッキドアハンドル
・ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/撥水加工フロントドアガラス)
・濃色ガラス(1.6i-Lは標準装備)
・本革巻ステアリングホイール(2.0L車は標準装備)
・本革巻セレクトレバー(2.0L車は標準装備)
・運転席&助手席8ウェイパワーシート(2.0L車のみ)
・16インチアルミホイール(切削光輝・2.0L車のみ)
・HIDロービームランプ(2.0L車のみ)

【販売計画】
月販 550台

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-f

 

【SUBARU XV 「2.0i EyeSight Proud Edition」、「HYBRID 2.0i EyeSight Proud Edition」の主な特長】

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x6
SUBARU XV HYBRID 2.0i Proud Edition

エントリーグレードの2.0iに安全性を高める特別装備を追加

エントリーグレードの2.0iに安全性を高めるアイサイトとクリアビューパックを+108,000円(税込)で特別装備。SUBARU XVのアイサイト搭載車をより求め易い価格設定とした。

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x1
SUBARU XV 2.0i Proud Edition
the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x3
SUBARU XV 2.0i Proud Edition

【特別装備】
・アイサイト(ガソリン車はver.3、HYBRIDはver.2)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/撥水加工フロントドアガラス)

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x4
SUBARU XV HYBRID 2.0i Proud Edition
the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x5
SUBARU XV HYBRID 2.0i Proud Edition

【販売計画】
月販 400台

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-x

 

【フォレスター 「2.0i-L EyeSight Proud Edition」の主な特長】

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-f2
2.0i-L EyeSight Proud Edition

2.0i-L EyeSightと同価格で内外装を向上させた特別仕様モデル

ベースとなる2.0i-L EyeSightと同価格ながら、内外装の質感を向上し、日常の使い勝手を高める魅力的なアイテムを織り込んだ買い得感の高い特別仕様モデル。

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-f3
2.0i-L EyeSight Proud Edition

【特別装備】
・専用ウルトラスエードシート(センターキルト)
・専用シルバーカーボン調インパネ加飾パネル
・専用ドアトリム(合成皮革/センターキルト)
・スライド機構付コンソールリッド(合成皮革、シルバーステッチ)
・サイドクラッディング(クロームモール付)
・クロームウインドゥモール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席8ウェイパワーシート

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-f1
2.0i-L EyeSight Proud Edition

【販売計画】
月販 300台

the-Proud-edition-impreza-subaru-xv-the-forester20150414-fs

 

スバル関連記事
スバル、STI PERFORMANCE CONCEPTをワールドプレミア
スバル、サンバーバンとディアスワゴンを改良
スバル、プレオ プラスを改良、4/8発売

その他の新着記事
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
日産、中国専用車LANNIA上海でデビュー

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

オートバックス・タイ王国ナワミン店オープン、同国展開6店舗目

autobacs-thailand-deploy-six-stores-eyes20150409-2

タイ・バンコク都内での店舗展開はすでに5店舗目

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下オートバックスセブン)のタイ王国内における現地子会社のSIAM AUTOBACS Co., Ltd.(代表取締役社長:国分雅樹)は、2015年4月9日(木)に「オートバックスナワミン店」を新規オープンした。

オートバックスセブングループは、2000年6月にタイ1号店をオープンして以来、現在タイ王国内では、今回オープンする「オートバックスナワミン店」を含め、6店舗出店しており、バンコク都内にはこのたびオープンする店舗を含め5店舗目となる。

自動車製造国からASEANの自動車一大消費国へと成長

同国は、急速な経済成長に伴い、製造地としてのコスト競争力こそ薄れたが、今でも近隣国と比較すると、自動車部品産業の集積化が大きく進んでおり、その産業規模から永らく「東洋のデトロイト」と呼ばれていた。

autobacs-thailand-deploy-six-stores-eyes20150409-1

昨今は、政情混乱や農産物価格の低下などが影響し、新車販売が大幅に落ち込んだと云え、ファーストカー減税策で急速に販売が伸びた2012~13年に次ぐ水準にある。
今年は、年末のASEAN経済共同体(AEC)発足を見据え、下半期に回復に向かうと考えられている。

また、2016年からは排出量基準の新たな物品税が導入される計画であることから、一部モデルの値上げが予想され、これに伴う駆け込み需要が発生する可能性もある。

自動車アフターマーケットは速いペースで成長する見込み

加えて新車販売では、非日系の本格進出も計画されていることもあり、低価格競争が始まりそうではあるが、一方で自動車アフターマーケットは堅調。
特に製品ライフサイクルが短いワイパーブレードを筆頭に消耗部品を中心に最も速いペースで成長すると想定されている。

オートバックスセブンのタイ・ナワミン店は、バンコク都のブンクム区に位置する商業集積エリア内に出店。
ショッピングモール内には、マックスバリュやマクドナルドなどが出店しており、多くの自動車ユーザーの獲得を見込んでいる。

同店舗では、タイヤ、エンジンオイル、バッテリーなどのメンテナンス商品の取り扱いを中心とした小規模小商圏型店舗で、約 350アイテムを品ぞろえする。また、購入した商品をその場で取り付け・交換を行うピットは3台を設置しているという。

同社では、「今後も、クルマのことならオートバックスとお客様から支持・信頼される活動の実践という当グループの方針に基づき、カー用品・車の買取・販売、車検・整備、板金・塗装など、クルマのことなら何でもお任せいただける店舗を目指します」と結んでいる。

店舗の概要は下記の通り。
店舗名:オートバックスナワミン店
開店日ー 2015年4月9日(木)
所在地 ー 700/9 Nawamin Road, Klongkum Sub-district, Buengkum District, Bangkok 10230, Thailand
連絡先 ー TEL. +66(2) 510 3694/ FAX. +66(2) 510 3697
敷地面積 ー 153m 2(46坪)
売場面積ー 33m 2(10坪)
駐車台数 ー 150台(共用)
ピット台数ー 3台
営業時間 ー 9:00〜20:00
定休日:なし
経営母体 ー SIAM AUTOBACS Co., Ltd.
責任者:代表取締役社長、国分雅樹

関連記事
オートバックス、正規輸入車ディーラーを手中に

その他の新着記事
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
日産、中国専用車LANNIA上海でデビュー

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

シトロエンの開放感を体感する6日間、湘南T-SITEにて5月6日から5月11日まで

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-3

シトロエンの春イベント「CITROE¨N SKY WEEK」を湘南T-SITEで開催

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ、以下シトロエン)は、2015年5月6日より5月11日まで湘南T-SITE(神奈川県藤沢市)において、シトロエンモデルの開放感をアピールするイベント、「CITROE¨N SKY WEEK in 湘南T-SITE」を開催する。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-2

開催施設の「湘南T-SITE」は、蔦(ツタ)の葉の形をした壁面デザインが特徴的な建物で、パナソニック(旧松下電器産業)グループと、湘南・藤沢市が主導。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-1

その他のパートナー企業18社が共同して、新しいライフスタイルを育て、そのライフスタイルを街の外に発信し続けることを目指して推進するスマートシティプロジェクト「FUJISAWA サスティナブル・スマートタウン」(以下SST)内に作られた複合文化施設だ。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-8

CITROE¨N SKY WEEK in 湘南T-SITEの主役は3台

そんな2015年5月6日からの湘南T-SITEで、主役を張るのはシトロエンでも手頃な価格帯で目下、売れ筋のC3、C4 PICASSO、GRAND C4 PICASSOの3台だ。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-5

いずれも頭上まで広がるパノラミックフロントウィンドウや、大型のパノラミックガラスルーフを採用するなど、室内へたっぷりと陽をとりこむ開放的なデザインが共通点。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-4

家族でも愉しめるシトロエンを知るイベント、目白押しで開催

まさに湘南に相応しいキャスティングで「CITROE¨N SKY WEEK in 湘南T-SITE」が開催される。

なお5月11日までの同期間中は、この3モデルの展示や特別試乗会のほか、1948年にシトロエンが発表した往年の名車「2CV」の展示や歴史紹介など、長年に亘って、シトロエンがこだわり続けてきた”開放感“をテーマに、連日、様々なイベントが連続開催される予定だ。

この期にシトロエンを知りたい向きは、豊富な蔵書の書店も持つ湘南T-SITEなので、いわゆる自動車オタクも、そうでなくても、家族連れであっても、きっと充分以上に愉しめるだろう。

citroen-sky-week-in-shonan—t-site20150414-7

またプジョー・シトロエン・ジャポンでは、オーナーズミーティングやスカイマルシェ、子供向けのワークショップなど、湘南T-SITEの施設・機能を活かした参加型イベント他、Tポイントが貯まるプレゼント企画などを豊富に用意して自動車ファンの来場を待っているという。

最後にプジョー・シトロエン・ジャポンでは、「シトロエンの主力製品、C3、C4 PICASSO、GRAND C4 PICASSOの特徴である開放感をアピールし、ブランドの認知度を高めるとともにに、ユーザーや消費者とのコミュニケーションを積極的に図って参ります」と結んでいる。

■「CITROE¨N SKY WEEK in 湘南T-SITE」開催概要
日程:2015年5月6日(祝・水)〜11日(月)
会場:湘南T-SITE カーライフラボ 神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目
対象モデル:シトロエンC3/C4 PICASSO/GRAND C4 PICASSO イベントコンテンツ:
− ビークルプレゼンテーション(車両展示)
− 特別試乗会
− シトロエン オーナーズミーティング
− スカイマルシェ(物品・飲食販売)
− キッズ ワークショップ(工作・塗り絵)

*ただしコンテンツによって開催日時が異なる場合があるので、詳細は、CITROE¨N SKY WEEK in 湘南T-SITEのWebサイトで確認されたし。

関連記事
シトロエン、レザー装備の鉄板仕様「C3 LEATHER EDITION」を限定発売

その他の新着記事
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
日産、中国専用車LANNIA上海でデビュー

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

LEXUS DESIGN AWARD 2015グランプリを発表、Web上でのバーチャル体験は15日16時から

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-8

国際デザインコンペティション、LEXUS DESIGN AWARD

LEXUSは、豊かな社会をつくり上げる“DESIGN”と、より良い未来づくりのためのアイデアを生み出す気鋭のクリエイターの育成・支援を目的に、2013年に国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」創設している。

今年で3回目を迎えた「LEXUS DESIGN AWARD 2015」のテーマは、人が生まれもつ、“SENSES”「五感」。

LEXUSは、みずからのクルマを通し顧客に提供する「運転体験」にも繋がるこのテーマを通して、「視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感を改めて捉え直し、そこに更なる気づきと可能性を見出したい」との考えから、LEXUS DESIGN AWARD 2015を「五感」として定義付けた。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-12

今年もLEXUS DESIGN AWARD 2015には、クリエイティビティあふれる多数のアイデア応募があった。

“Senses”「五感」のテーマのもと審査員は、世界で活躍する著名なクリエイター達。

彼等が今テーマとなった“Senses”「五感」にインスパイヤされたプロトタイプ作品の中から、最終審査を重ねて「LEXUS DESIGN AWARD」のグランプリ作品を決定した。

栄えあるグランプリに輝いたのは、エマヌエル コルティ、イヴァン パラティ(Caravan)が作成したSense-Wear。Sense-Wear。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-7

本作品は、その他の「LEXUS DESIGN AWARD 2015」で入賞した11作品と共に、2015年4月14日よりイタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインエキジビションミラノサローネこと「ミラノデザインウィーク」内の「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」において公開される。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-9

ちなみに「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」は、ミラノ市内・トルトーナ地区の「スパツィオ・レクサスートルネリア」にて開催されるLEXUS独自のプロジェクトだ。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-10

LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESは、来場者の五感を呼び覚まし「想像を超えた感動を得るLEXUSとの旅」を提供するべく、世界的に著名なスペースデザイナー フィリップ・ニグロ氏と、国際的シェフ米田肇氏とのコラボレーションによって誕生した。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-13

LEXUSブランドの根幹にある“SENSES”をテーマに、五感を刺激する体験を演出

本LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESのスペースデザイナーに就任したフィリップ・ニグロ氏は、「LEXUSの生産工場を訪れた際、目に見える部分のみならず、裏側に隠れて見えない細部まで一切妥協せずに造り込むものづくりの姿勢に感銘を受けました。

その経験から、普段見ることのないあらゆる角度からその美しさを感じてもらう‘Inside-Out’という空間デザインコンセプトに行き着いたのです。

このコンセプトに基づき、来場者は3つのゾーンを巡りながら、新たな発見や驚きの体験が得られます」と述べている。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-16
(左)スペースデザイナー のフィリップ・ニグロ氏、(右)シェフの米田肇氏

【LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESの概要は以下】

ZONE 1:ENGAGING THE SENSES
さて、そのLEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESに入っていくと、最初に構えているのがZONE 1。

ここでは、今年3月に開催されたジュネーブ・モーターショー 2015にて発表した、コンセプトカー LF-SAの特別デザインモデルが展示されている。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-1

そのスペースは、コクーンの中に無数の凸面鏡が配置され、中央に展示されたコンセプトカーが様々な角度から映し出され、人の動きと共にその風景が大きく変化する。

さらに、様々なカラーイルミネーションにより、見る人の五感と想像力を刺激する仕組みだ。

ZONE 2:EXPLORING THE SENSES

続くZONE 2では、「LEXUS DESIGN AWARD 2015」で、72か国・1,171作品の中からグランプリに選ばれたSense-Wear(エマヌエル コルティ、イヴァン パラティ<Caravan>)を含む、4つのプロトタイプ作品、および8つのパネル作品の入賞全12作品が展示されている。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-2

ここでは、来場者が実際に体験できるインタラクティブな作品も含まれる。

空間は、自然木を採用した静寂なスペースで、作品ひとつひとつのオリジナリティと、クリエイティビティを最大限に体感することができるようになっている。

ZONE 3:EXPERIENCING THE SENSES

ZONE 3は、フィリップ・ニグロ氏と米田肇氏のコラボレーション空間だ。

視覚、聴覚、触覚、嗅覚に加え、味覚の刺激から生まれる新たな五感体験を3つのシーンに換えてつくられている。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-3

ここでの米田肇氏の役割は、「食」に関する五感だ。米田氏は、自身の愛車LEXUSを運転した時に実感する、「歓び」や「自然との一体感」を、味覚を通じたユニークなアプローチで表現している。

シーン1

シーン1は先のとおりで、米田肇氏がLEXUSを運転した際に感じた、「生命の恵みの雨に包まれながら運転する爽快感と安心感」から生まれた。

このシーンでは、五感を通して「雨の日のドライブの情景」を感じることができる。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-4

天井から降る光の粒と雨音が、空から雨が降っているような錯覚を引き起こすのだが、その中で“雨の雫”を表現した不思議なスパークリングキャンディを口に含むと、まるで体の中に雨音が響き渡るような、新鮮な感覚に満たされるという趣向だ。

シーン2

シーン2は、木の内部を表現したこの空間となっている。

ここでは、LEXUSのコックピットにいるような、心地よい安心感と解放感に同時に包まれて、自身が自然と一体になる感覚が得られる。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-5

この空間では、‘木の生命’を凝縮した一粒が用意されていて、それを口に含むと、割れたカカオバターの中から新緑の瑞々しい香りが溢れ出る。

森の静けさを感じながら、自身が木の幹の中に入りこんだような安らぎと自然の美しさを感じることができる。

シーン3

シーン3は、五感体験の旅の集大成として、米田肇氏が考えるLEXUSのものづくりに対する姿勢への敬意と、ラグジュアリーブランドとしてのおもてなしの精神への共感を表現している。

具体的には、暗闇に星が瞬く美しい宇宙を表現したコクーン内がステージだ。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-6

ここでは、テーブル上に地球の映像が浮かび上がり、地球の恵みである野菜、肉類、魚介類を材料とした温かい“地球のスープ”が用意されている。

それを口にすると、その温かさが体中にゆっくりと広がり、地球の生命の恵みそのものを身体の中から感じ取ることができる。

いずれもイタリア・ミラノで体感して欲しいところだが、以上の体験が、Lexus Internationalのオフィシャルサイト内にて各ゾーンをそれぞれ約2分間でバーチャルに体験できる。

公開日は、4月15日16時(予定)からだ。このインタラクティブツアーコンテンツは同サイトに訪問することで疑似体験できるようになっている。

なお、実際に会場を訪れた来場者のソーシャルメディア上のコメントや、会場内の各ゾーンの詳しい情報などもここに掲載していく予定だという。

LEXUS DESIGN AWARD 2015の詳細サイト

LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESの詳細サイト

LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES バーチャルツアーサイト(4月15日16時公開予定)

LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES
日時:4月14日(火)− 4月19日(日)
開場時間:11:00~21:00
会場:イタリア・ミラノ 「トルネリア・カロッツェリア」
住所:Via Tortona 32, Milan
展示:
・招聘デザイナーによる“Senses”をテーマとした五感体験
・LEXUS DESIGN AWARD 2015の入賞12作品
(プロトタイプ4作品とパネル展示8作品)

 

その他の新着記事
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン
日産、中国専用車LANNIA上海でデビュー

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

「クルマはアート」を掲げるマツダのモノ造りが自転車や家具になる

mazda-monotsukuri-becomes-bicycles-and-furniture20150414-3

ミラノデザインウィークに先駆け、モノ造りへのこだわりを発表

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、4月14日からイタリアのミラノで開催される『Mazda Design クルマはアート』に先立ち、独自の自転車作品「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」やソファ「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」などのアートワークを初公開した。

mazda-monotsukuri-becomes-bicycles-and-furniture20150414-1

マツダは近年、「魂動(こどう)-Soul of Motion」というデザインテーマのもと、動き・躍動感の表現に一貫して注力し、野生の生き物のように生命力に満ちた力強い動きを、クルマのデザインで表現してきた。

mazda-monotsukuri-becomes-bicycles-and-furniture20150414-4

「凛」や「艶」を体現する「Mazda Design クルマはアート」をミラノの地で 続きを読む 「クルマはアート」を掲げるマツダのモノ造りが自転車や家具になる

メルセデス・ベンツ、CLA 180 Edition Blackを発表

mercedes-benz-announces-cla-180-edition-black20150414-1-min

運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」特別装備

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都港区、以下メルセデス・ベンツ)は、メルセデス・ベンツ「CLAクラス」の特別仕様車「CLA 180 Edition Black」を6月上旬に台数限定にて発売する(全国限定250台)。

なお、注文の受付は、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて4月14日より開始される。

CLAは、スポーティでダイナミックなデザインをまとった4ドアクーペだ。4ドアでありながらクーペを彷彿とさせる美しいスタイリングに、セダンの快適性、実用性を高次元で融合させた、まったく新しい独自のコンセプトから生まれたモデルとなっている。

mercedes-benz-announces-cla-180-edition-black20150414-2-min

ホワイトの外装色にブラックアクセントが映える精悍なエクステリア

「CLA 180 Edition Black」は、「CLA 180」をベースに大胆でアグレッシブな内外装のAMGラインに加え、ブラックのドアミラー、ハイグロスブラックペイントを施した18インチAMGマルチスポークアルミホイール、フロントグリルのルーバー、ウインドウライントリムを採用した。
随所に配されたブラックのアクセントがカルサイトホワイトの外装に映え、CLAクラスの精悍なエクステリアデザインの魅力を一層高めている。

mercedes-benz-announces-cla-180-edition-black20150414-10-min

装備面では、通常はオプション設定となる先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に加え、縦列駐車や車庫入れの際に自動でステアリングとブレーキを制御し駐車をサポートする「アクティブパーキングアシスト」、「キーレスゴー」、「バイキセノンヘッドライト」、「シートヒーター(前席)」、「プライバシーガラス(後席左右・リアウインドウ)」などをセットにした「ベーシックパッケージ」を特別装備とした。

なお、本特別仕様車にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

さらに、メルセデス・ケア終了後の有償の保証延長プログラムとして、一般保証および24時間ツーリングサポートを2年間延長する「保証プラス」と、4, 5年目のメンテナンスサービスにおいて、初回車検時および4年目の点検や定期交換部品、消耗品の交換をパッケージでご提供する「メンテナンス プラス(新車登録日から59ヶ月後の応当日の前日または総走行距離75,000km到達時のいずれか早い時点で終了)」も用意されている。

mercedes-benz-announces-cla-180-edition-black20150414-3-min

 

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

プジョー 208 GTi、全日本ラリー選手権デビュー戦でクラス4位入賞

peugeot-208-gti-the-all-japan-rally-championship-class-fourth-in-debut20150413-3

僅差の激戦を戦い抜き、ポテンシャルの高さを証明

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ、以下プジョー)が販売するプジョー 208 GTiが、2015年全日本ラリー選手権開幕戦「ツール・ド・九州2015 in 唐津」に参戦。

ラリーの舞台に登場した2台のプジョー 208 GTiは、初戦ながらクラス上位争いをする健闘をみせ、ラリー関係者、観客からの注目を集めた。

208 GTiのコンパクトなボディと高い走行性能は、ラリー競技において高いポテンシャルを示し、さらにマシンの熟成が進む今後の活躍が期待される。

peugeot-208-gti-the-all-japan-rally-championship-class-fourth-in-debut20150413-1

4月11日(土)のデイ1では、「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」が、クラストップ争いを繰り広げ3位、12日(日)のデイ2では上位陣と僅差の接戦の末、最終的にクラス4位入賞を果たした。

ドライバーのコメント
・柳澤宏至選手(ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム) JN5クラス4位 / 総合16位。

「JN5クラスは1秒を争う接近した展開となり、一時は2番手に浮上することができたのですが、最後までそのポジションをキープすることができずに残念です。

peugeot-208-gti-the-all-japan-rally-championship-class-fourth-in-debut20150413-2

208 GTiのポテンシャルは高く、優勝争いに十分加われることが分かったことが、今回の一番の収穫です。208 GTiはボディ剛性が高く、ハンドリングが良いですね。エンジンも低回転からトルクがあり、ピーキーな特性ではないのでかなり扱いやすい。ラリーでは大きな武器になると思います。マシンの仕上がり具合はまだ50%ほどなので、次戦に向けてしっかりとセットアップして優勝を狙いたいと思います。」

・森康宏選手(チーム・セラム) JN5クラス9位 / 総合24位。
「FFでラリーを走るのは今回が初めてなので、まずはマシンとタイヤの特性を知ることが大きな目標です。

peugeot-208-gti-the-all-japan-rally-championship-class-fourth-in-debut20150413-4

208 GTiは、想像以上にパワーがあると感じました。そして、足まわりも良いですね。バンピーな路面でも挙動が安定しているので、乗りやすいです。今後もしっかりと経験を重ねて、もっと速く走ることができるように頑張ります。」

◆全日本ラリー選手権 第1戦 (佐賀県唐津市) リザルト
peugeot-208-gti-the-all-japan-rally-championship-class-fourth-in-debut20150413-5
MOTOR CARSサイトTOPに戻る

三菱自動車、2015年上海国際モーターショーで2台のコンセプトカーをプレミア発表

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-21

上海のショー会場は、世界最大規模を誇る「国家会展中心」

三菱自動車(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下三菱自動車)は、2015年4月20日(月)から[一般公開は22日(水)から29日(水)まで]開催される「第16回上海国際自動車工業展覧会」(以下、上海国際モーターショー)に、三菱汽車銷售(中国)有限公司、広汽三菱汽車有限公司、東南(福建)汽車工業有限公司と共に出展する。

今回の上海国際モーターショー開催地は、世界最大の展示場として上海市虹橋地区に新設された超大型展示場「国家会展中心」(National Exhibition and Convention Center)。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-2

展示場総面積は147万平米で、浦東新区の中国内で最も高いとされるビル「上海中心大厦」の2.5倍の規模を誇る。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-1

展示面積は室内が40万平米、室外が10万平米、室内外を合わせると、浦東新区のこれまで上海最大と云われていた「上海新国際博覧中心」の2.5倍になる。またA館からD館までの4館は、上空からみると四葉のクローバーの形にデザインされているのが特長だ。

三菱自動車のクルマづくりの方向性を示す2台のコンセプトカー

さて本モーターショーで三菱自動車は、SUVの機能性と安心感を象徴するデザインを取り入れた、三菱自動車のクルマづくりの方向性を示す2台のPHEVコンセプトカーを出展する。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-3

その1台は、街中をきびきびと走るスタイリッシュなクロスオーバーという意味を込め、X(cross)over Runnerをキーコンセプトとした『MITSUBISHI Concept XR*1-PHEV II』、そして2台目は、『アウトランダーPHEV Concept-S』(参考出品・アジア初披露)だ。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-4

筆頭のMITSUBISHI Concept XR-PHEV IIは、新たなプラグインハイブリッドEVシステム(以下、PHEVシステム)を搭載する小型SUVのコンセプトカー。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-9
対してアウトランダーPHEV Concept-Sは、世界初の4WD・ SUVプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』をベースとしたモデルだ。また、これに加えて同社の中国市場生産・発売車両を含む合計15台を出品していく。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-10

なお、本日より三菱自動車の上海国際モーターショーに関する情報を発信していくスペシャルサイトも開設されている。

【出展車概要】
MITSUBISHI Concept XR-PHEV II
小型・軽量・高効率なFFタイプのPHEVシステムを採用し、環境性能と走行性能を高い次元で両立する都市型クロスオーバー車。

(1) エクステリア
筋肉質で引き締まった張りのあるサイドボディをシャープにカットしたキャラクターライン、リヤフェンダーの立体的でかたまり感のある造形で、ダイナミックな躍動感を表現した。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-5

またフロントフェイスの造形は、歴代パジェロのデザインを継承・進化させたもの。具体的にはバンパー両サイドのプロテクター形状を中央方向へ拡張。さらにアンダーガードを下から中央方向へ拡張することで、人と車を保護する新しい盾のカタチを表現している。フロントのモチーフをリヤにも反復し、視認性に配慮したハイマウントのテールランプで特徴づけている。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-22

(2) インテリア
水平基調のシンプルなインパネ、それを支えるコンソールから左右に広がるアルミフレームによって、SUVの力強さを表現。

フロント周りは、ブラックとシルバーのみのハイコントラストな色調とした。また、操作系をステアリングホイールとコンソール中央部に集中配置し、機能的で運転に集中できるコックピットを表現した。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-8

(3) PHEVシステム
今回のPHEVシステムは、MIVECエンジン、新開発のモーターとジェネレーター、そして新型パワードライブユニットをフロントに搭載したFFタイプとし、大容量バッテリーを低重心化に貢献するようフロア下に配置。

新型パワードライブユニットは、インバーターと可変電圧システムで構成し、小型・高効率なシステムでありながら高出力・高トルクを実現。走行時のCO2排出量を40g/km以下に抑え、プラグインハイブリッドでクラストップレベルの環境性能とした。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-7

また、このPHEVシステムは、モーター走行を基本に、エンジンが発電と駆動の両方を担い、走行状況やバッテリー残量に応じて、EV走行、シリーズ走行、パラレル走行のうち最適な走行モードを自動選択する。さらに、力強くスポーティでありながら、静粛性に優れ、変速ショックの無い上質で滑らかな走りを実現。走る歓びをより高い次元へと昇華させた。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-19

アウトランダーPHEV Concept-S
アウトランダーPHEV Concept-Sは、アウトランダーPHEVのスペシャルパッケージとして提案するコンセプトモデル。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-14

デザインテーマは「Sporty(スポーティ)&Sophisticated(洗練)」とし、「ツインモーター4WD」と「プラグインハイブリッドEVシステム」がもたらす力強くスポーティな走りと、静粛性に優れる先進的で上質な走りを備えた次世代SUVの“走る歓び”を表現する内外装デザインを採用した。

(1) エクステリア
フロントフェイスは、フロントグリル中央にスリーダイヤを据え、左右から包み込むように象徴的なクロームモールで縁取ることにより、三菱自動車のSUVらしい力強さと安心感を表現している。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-17

また、中心から外に向かって切れ上がっていくヘッドランプは、PHEVの先進性とダイナミックさを表している。
フロントのデザインと同様に、リヤにおいても左右からプロテクトするイメージを強調するクロームモールと、外に向かって左右に広がるスリット状のリヤコンビランプで、動きのあるデザインとした。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-16
ボディカラーには、ガラス粒子を織り交ぜた輝きのあるプラチナホワイトを採用している。

(2) インテリア
明るく輝きを放つエクステリアに対して、インテリアは、ワインレッドまたはワインレッドより暗く茶色味の強い色を基調とした「ブラック&バーガンディ」の上質な空間とした。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-11

具体的には、木目にシルバーのアクセントをあしらった本杢加工、職人の手による丁寧な縫製で仕立てた本革シート、“漆箱”をモチーフとした日本の工芸品のような端正な美しさを持ったフロアコンソールなど、緻密で洗練された技巧を細部まで取り入れることで、プレミアムなインテリアとしている。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-12

また、立体感のあるシートパッドが優れたフィット感を実現するとともに、乗員の身体に沿わせる形で施した柔らかなトリミングラインが、高いホールド性も実現。さらに、トリミングラインにはシルバーのアクセントをあしらうことで、ボディカラーとのコーディネートを図り、スポーティさと上質感を演出している。

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-18

mitsubishi-announced-two-concept-cars-at-the-2015-shanghai-international-motor-show20150413-20

 

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-5

MIRAIの展示を含むショールームは4月17日(金)から稼働

日本初の量産型燃料電池車MIRAI(ミライ)をリリースするトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、燃料電池自動車(FCV)や、FCVの燃料である水素についての情報を積極発信していく施設「TOYOTA MIRAIショールーム」を、4月17日(金)に東京都港区にオープンする。

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-3

このTOYOTA MIRAIショールームは、将来の水素社会実現に向けて、FCVや水素燃料そのものを、より身近なものへ社会に浸透させていくべく、岩谷産業株式会社(東京本社:東京都港区、大阪本社:大阪市中央区、社長:野村雅男、以下イワタニ)運営の東京都心では初の接地型水素ステーション「イワタニ水素ステーション芝公園」と併設したスタイルのFCVに関する総合ショールームである。

トヨタにとっても歴史的な地での開設となった新情報拠点

気になる所在地は、赤羽橋交差点、東京タワー南側に近接した芝公園向かい側に位置にある。
実はこの場所、昭和37年に創業した現「トヨタ東京カローラ株式会社」発祥の地であり、かつて昭和の日本においてモータリゼーション普及に大きく貢献した原点ともいえる場所。トヨタにとっては、歴史的な地に新たな情報発信拠点を置くことになった。

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-8

なおこのTOYOTA MIRAIショールームでは、昨年末に発売された燃料電池自動車「MIRAI」を展示し、映像などを使って車両の魅力や、水素の特長などを紹介する等、来る2020年の東京オリンピック パラリンピックを契機として、今後、水素社会への進化が期待される東京の中心から、新しい時代の実現に向けて情報を発信していく。

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-4

また毎週金曜日には、TOYOTA MIRAIの試乗も受け付けていく(1日あたり最大7組・スタッフが助手席に同乗・MIRAIを運転するドライバーのほか2名まで同乗可・先着順)構え。

TOYOTA MIRAIショールームについての概要は以下の通り。
・名称:TOYOTA MIRAI ショールーム
・所在地:東京都港区芝公園4-6-15 イワタニ水素ステーション芝公園内
・オープン日:2015年4月17日(金)
・フロア面積:1階84m2 2階81m2
・営業時間:9:00~17:00
・休館日:火曜日、「イワタニ水素ステーション芝公園」は、土曜、日曜、祝日が休業
・展示車両:MIRAI 1台
・試乗車両:MIRAI 1台

TOYOTA MIRAIショールームWebページ

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-1

1941年以来、広く水素燃料を取り扱ってきたイワタニ

またイワタニは、1941年から水素を取り扱うエネルギー企業だ。特に工業用圧縮水素・液化水素については、すでに製造から輸送・貯蔵・供給・保安まで一貫した全国ネットワークを築いている。

加えて国家プロジェクトや、地域実証などにおける水素ステーションの建設・運営で得た知見と技術を、今後、水素供給インフラの基盤確立として活かしてく構えだ。

open-toyota-the-information-transmission-facilities-of-fuel-cell-vehicles20150413-2

具体的な水素ステーションの接地計画についても、2015年度末までに東京、名古屋、大阪、福岡の4大都市圏を中心に20ヶ所の設置を独自で整備することを表明、現在、建設に向けての取り組みを進めている。

今後導入が期待される燃料電池バスへの水素需要にも応える

なかでも今回開設した「イワタニ水素ステーション 芝公園」は、都心に建設された初の水素ステーションとして、また水素社会の実現に向けた情報発信基地として、企業体イワタニにとっても歴史的な第一歩となるものだ。

同ステーションでは、都心中心部の水素供給拠点として、一般販売が開始された燃料電池自動車(FCV)への対応するほか、今後導入が期待される燃料電池バスへの水素需要にも応えていくという。

イワタニ水素ステーション 芝公園についての概要は以下の通り。
・名称:イワタニ水素ステーション 芝公園
・所在地:東京都港区芝公園4-6-15
・敷地面積:1,097㎡ (332坪)
・水素供給:液化水素オフサイト供給
・供給能力:340N㎥/h (1時間当たり6台の満充填が可能)
・充填圧力:70MPa(メガパスカル) 〈=700気圧〉
・設備構成:液化水素貯槽、ドイツ・Linde社製水素圧縮機、蓄圧設備、ディスペンサーなど。

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

【速報】WEC英国初戦、1位アウディ・2位ポルシェ・3位トヨタ。同日開催のF-1はメルセデスのハミルトンが圧勝

2015wec-first-leg-f-1-round-3-bulletins20150413-1

予選時に余裕をみせていたAudi R18 e-tron quattroが勝ちを握る

【WEC速報】現地時間の4月12日(日曜日)から、英国・シルバーストーンを舞台に幕が切って落とされた2015FIA世界耐久選手権(WEC) の初戦。アウディスポーツ チームヨーストは、2台の最新ハイブリッド レースマシンAudi R18 e-tron quattroをひっさげてのスタートでありながらも、マシンの完成度が高く余裕の体制。

最高出力410kw(558ps)のV6 TDIエンジンと、これまでの2倍にあたる4メガジュールを発揮するエレクトリック ドライブシステムを組み合わせたe-tron quattroが生み出すハイブリッドドライブは、予選時においても、過去最高の低燃費とパワフルな走りを実現していたようだ。

終始安定した走りでアウディが逃げ切ってチェッカーを受ける

決勝は、現地時間12時から伝統のローリングスタート方式で6時間レースがスタート。序盤は、PPだったポルシェのカーナンバー17を先頭に、同18とポルシェ勢がトップ。続くカーナンバー8のアウディ、カーナンバー1のトヨタとスターティンググリッド通りのポジションに収まった。

もともとは、ハイスピードコースとして有名だったシルバーストーンだが、昨今の時代の流れで複数のタイトコーナーが追加されたことで、むしろマシンセッティングが難しくなり、全長5.891kmのコースを1周する間にドライバーは、シフトアップ18回、シフトダウン18回の合計36回ものシフト操作を行う必要がある。

そんな難度の高いコースで、コーナリングに勝るアウディが先行し、それをポルシェが圧倒的なスピードで前に出る繰り返し。序盤の1時間ほどはポルシェ勢がリードを広げていき、トヨタも彼等の背後に接近。3〜6番手の間でアウディとトヨタが混戦を繰り広げるような展開になった。直後のピットストップでは、給油のみでコースへ復帰したトヨタが首位に出る場面も。

残り20分時点でアウディにストップ&ゴー・ペナルティの裁定が

その後、レース開始から1時間20分で2位に10秒近い差をつけていたカーナンバー17のポルシェがトラブルでリタイア。結局、給油とタイヤ交換を終えた後の3時間を経過した頃に、アウディがトップに返り咲く。ところがレースも残り20分を切ったところで、アウディに対して「コース外からオーバーテイクを行った」としてストップ&ゴー・ペナルティが下る。

ただアウディは、それまでに大量のリードを保っていたこともあり、過去3回ル・マン24の優勝経験を持ち、2012年には世界耐久選手権の王者に輝いたカーナンバー7のマルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ組(スイス/ドイツ/フランス)が、最後の最後で2位と10秒の差で逃げ切ってトップ。2番手にはカーナンバー18のポルシェ(​​ヤニ/デュマ/リーブ組) 、3位にカーナンバー1のトヨタ(ブエミ/ダビッドソン/中島組)が入った。

実はアウディにとって英国は、販売実績で前年比11.8%増の158,800台を記録(10年間で2倍)し、ドイツ国内に次いで2番目に大きな市場。同社はこの地でマーケティング面においても貴重な1勝を上げたと云えるだろう。

WEC -シルバーストーン:最終結果
順位・メーカー・ドライバー
1位#7アウディ(トレルイエ/ Fassler /ロッテラー)
2位#18ポルシェ(​​ヤニ/デュマ/リーブ)
3位#1トヨタ(ブエミ/ダビッドソン/中島)
4位#2トヨタ(ブルツ/コンウェイ/サラザン)
5位#8アウディ(ディ·グラッシ/デュバル/ジャービス)

LMP2の勝者:#26リジェ(バード/ Rusinov /運河)
GTE Proの勝者:#51フェラーリ(ブルーニ/ Vilander)
GTE AM:#98アストンマーティン(ラミー/ラウダ/ダララナ)

 

F-1はハミルトン完勝。フェラーリは王者2台におよばず

【F-1速報】同日12日に、上海インターナショナル・サーキットで行われた2015年F1第3戦・中国GP決勝は、ドライコンディションのなかで、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが56周・305.066kmを走りきり、今季2勝目となる通算35回目のトップチェッカーを受けた。

第1・第2戦とメルセデスとフェラーリが1勝づつを分け合ったが

予選でグリッド最前列を独占したメルセデス。その後方にフェラーリとウイリアムズが並び、今季初のフルグリッド全20台で第3戦はスタート。

ポールシッターのハミルトンが1コーナーでホールショットを奪い、2番手にニコ・ロズベルグ、3番手ベッテルと続き、6番手スタートのキミ・ライコネンが、1週目でウイリアムズ2台を交わして4番手に浮上。

以降トップのハミルトンが順調にトップを快走し、2台のフェラーリは10周を消化した時点で約5秒後方に後退した。最初のピットストップで、トップグループ4台は再び同じポジションでコースへ復帰したものの、2度目のピットストップ時点でロズベルグはしっかり2番手キープに成功していた。

マクラーレン・ホンダは12位・13位で初のダブル完走

一方、ひたすらメルセデスに食らいついてきたフェラーリ勢は勢いを失い、メルセデスが1位・2位態勢に。レース中終始、順調満帆のはずのハミルトンは、レース中一貫してシートが熱くなる問題を抱えていたものの、最後は、ホームストレートでストップしたトロロッソ車の排除でセーフティカーが入ったことで、順当に今季2度目のチェッカーを受けた。

2位以下はロズベルグ、ベッテル、ライコネン。以降単独走行となってしまったウイリアムズのフェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスが5位・6位と続き、7位はロータスのロマン・グロージャン。ザウバーの2台に挟まれたダニエル・リカルドが9位。マクラーレン・ホンダは、アロンソが12位、バトン13位で初のダブル完走となった。

順位・ドライバー・ポイント
1位 L.ハミルトン 68
2位 S.ベッテル 55
3位 N.ロズベルグ 51
4位 F.マッサ 30
5位 K.ライコネン 24

順位・チーム・ポイント
1位 メルセデス 119
2位 フェラーリ 79
3位 ウイリアムズ 48
4位 ザウバー 19
5位 レッドブル 13

MOTOR CARSサイトTOPに戻る