「企業・業界」カテゴリーアーカイブ

VW排出ガス不正の影響、より深刻化する懸念滲み始める

arbitration-court-notice-arbitrage-determined-to-terminate-the-collaboration-between-volkswagen-ag-and-suzuki-motor-corporation20150831-1

フォルクスワーゲン AG(本社:ドイツ・ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク、CEO:マルティン・ヴィンターコーン、以降VW)が、2009年から2015年までの同社クリーン・ディーゼルモデルで、意図的に米国EPAの排出ガス規制を回避したというニュースが世界を駆け巡り、程なくVWのCEO自ら声明を発表(9月22日に公表)。さらに対象のディーゼル車両全車にあたる48万2,000台を米国に於いてリコールした。

このリコールの余波は、VWの企業規模ゆえに、排出ガス試験不正問題の影響を受ける車の台数が最大1,100万台に上るとの見方を示したように今日、国際レベルで見た場合、その傷口は徐々に拡大しているように見える。 続きを読む VW排出ガス不正の影響、より深刻化する懸念滲み始める

デンソー、台風18号の被災地域に義援金を拠出

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は9月22日、先の台風被害で被災した地域に対して、義援金300万円を拠出すると発表した。

デンソーの発表概要は以下の通り。

関東・東北における豪雨被害に対する支援について

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、台風18号に伴う影響で、栃木県、茨城県、宮城県を中心に発生した豪雨被害に対する支援のため、社会福祉法人中央共同募金会などに300万円を拠出することを決定いたしました。

今回の災害で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

トヨタ、台風18号の被災地域に義援金を拠出

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ自動車)は9月16日、先の台風被害で被災した地域に対して、1,000万円の義援金を拠出すると発表した。

トヨタ自動車の発表概要は以下の通り。

台風18号による大雨等に係る被害に対する支援について

2015年9月中旬以降、台風18号に伴う影響で、栃木県、茨城県、宮城県を中心に発生した災害により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

トヨタ自動車は、社会福祉法人中央共同募金会を通じて、被災地に対し総額1,000万円の義援金を拠出することを決定いたしました。

また、トヨタ自動車東日本株式会社(宮城県黒川郡大衡村)では、地域からの要請を受け、復興支援活動として従業員のボランティア派遣などを行っています。

被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ZF、新たなクラッチバイワイヤシステムを発表

zf-announced-a-new-clutch-by-wire-system20150923-2

ZF(本社:本社:独バーデン・ヴュルテンベルク州フリードリヒスハーフェン、CEO:ステファン・ゾンマー)は9月18日(欧州中央時間)、電気モータ駆動によるアクチュエータユニットを備えた新たな乗用車用クラッチバイワイヤ(CBW)システムを発表した。

zf-announced-a-new-clutch-by-wire-system20150923-1

このCBWアクチュエータには、従来のクラッチ構造に於けるケーブル制御や、油圧システムの代わりに、クラッチを作動させる強力なブラシレスDCモータが搭載されている。 続きを読む ZF、新たなクラッチバイワイヤシステムを発表

アイシン・エィ・ダブリュ、安城市と「災害時の地域防災活動に関する協定」締結

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市、代表取締役社長:川本睦)は、本社所在地である安城市と「災害時における地域防災活動に関する協定」を締結し、9月16日、安城市役所にて締結式を行った。

aisin-aw-agreement-on-regional-disaster-prevention-activities-at-the-time-of-disaster-anjo-and-concluded20150922-2
締結式の様子。神谷学安城市長(左)と当社取締役副社長の松野恒博(右)

今回締結した協定は、大規模災害が発生した場合に、周辺地域への応援活動や臨時避難所、災害復旧用オープンスペースの提供を行うことを定めたもの。 続きを読む アイシン・エィ・ダブリュ、安城市と「災害時の地域防災活動に関する協定」締結

八千代工業の土田選手、第27回全国車いすマラソン大会に出場

八千代工業株式会社(本社:埼玉県狭山市、代表取締役社長:笹本裕詞、以下、八千代工業)に所属する車いすアスリートの土田和歌子選手が9月27日(日)、兵庫県篠山市にて開催される第27回全国車いすマラソン大会ハーフマラソンの部(9時00分スタート)に出場する。

土田選手は、2009年に当大会で49分08秒の大会記録を樹立しており、同タイムはハーフマラソンの自己記録でもある。このためリオデジャネイロパラリンピックを目指す土田選手には、記録更新の期待が掛かっている。 続きを読む 八千代工業の土田選手、第27回全国車いすマラソン大会に出場

ネクスとブレインパッド、車載通信を活用したコネクテッドカー環境構築で合意

株式会社ネクス(本社:岩手県花巻市、代表取締役社長:秋山 司、以下ネクス)と、株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 清之輔、以下ブレインパッド)は、IoT(*1)時代の到来に向け、ネクスの提供するテレマティクス(*2)デバイスを利用した、コネクテッドカー(*3)ビジネスのためのプラットフォーム構築における協業に合意した。

next-and-blaine-pad-agreed-konekuteddoka-environment-construction-utilizing-an-in-vehicle-communication20150922-4

続きを読む ネクスとブレインパッド、車載通信を活用したコネクテッドカー環境構築で合意

東名・新東名高速のSA・PAに計5地域の方言でおしゃべりする自動販売機導入

東名高速道路、新東名高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)に計5地域の方言でおしゃべりする自動販売機が登場

ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:高松富也)では、東名高速道路、新東名高速道路の計34エリアのSA・PA
において自動販売機を管理している中日本ハイウェイ・アドバンス株式会社(本社:横浜市港北区新横浜、代表取締役社長:倉本昌宏)との共同企画として、当社の自動販売機(計44台)へ、各地域の方言で“おもてなし”する「おしゃべり機能」を9月19日(土)より導入した。

続きを読む 東名・新東名高速のSA・PAに計5地域の方言でおしゃべりする自動販売機導入

豊田自動織機、山口県周南市での燃料電池フォークリフトの実証実験に参加

株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長:大西 朗、以下、豊田自動織機)は、10月より山口県周南市地方卸売市場にて、周南市が行う燃料電池フォークリフト(以下、FCフォークリフト)の実証実験に参加する。

toyota-industries-corporation-participated-in-the-demonstration-of-fuel-cell-forklift-in-tainan-city-zhou-yamaguchi-prefecture20150922-1 周南市では、周南コンビナートから発生する副生水素の利活用方策等をとりまとめた「周南市水素利活用計画」を本年4月に策定し、水素エネルギーの『地産地消』によるまちづくりに取り組んでいる。

続きを読む 豊田自動織機、山口県周南市での燃料電池フォークリフトの実証実験に参加

日野自動車、「CSRレポート」を公開

日野自動車株式会社(本社:東京都日野市日野台、代表取締役社長:市橋 保彦、以下、日野)は、2014年度の企業の社会的責任(CSR)に関する取り組みをまとめた「CSRレポート」を日野の公式ウェブサイト上で和英版同時に公開した。

日野のCSRは「HINO基本理念」で掲げる会社の使命「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」を商用車の開発・製造・販売・サービスという事業活動を通して具現化し、社会に貢献していくことを根幹に位置づけている。 続きを読む 日野自動車、「CSRレポート」を公開

アイシン精機、台風18号の被災地域に義捐金を拠出

アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:伊原保守)を筆頭とするアイシングループは9月21日、先の台風被害で被災した地域に対して、義捐金100万円の寄付を拠出すると発表した。

アイシン精機の発表概要は以下の通り。

2015年9月中旬に発生した台風18号に伴う豪雨の影響で、栃木県、茨城県、宮城県を中心に発生した災害で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当社をはじめとするアイシングループの12社は、被災地に対し総額100万円の義捐金を、社会福祉法人中央共同募金会を通して寄付することを決定しましたので、お知らせします。

被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

<今回寄付を決めたアイシングループ12社>
アイシン精機株式会社
アイシン高丘株式会社
アイシン化工株式会社
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
アイシン軽金属株式会社
アイシン開発株式会社
アイシン機工株式会社
アイシン・エーアイ株式会社
アイシン辰栄株式会社
アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社
豊生ブレーキ工業株式会社
株式会社アドヴィックス

日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施

jama-announces-automobile-production-results-of-june-and-the-first-half-january-june20150802-5

一般社団法人日本自動車工業会(所在地:東京都港区芝大門1丁目1−30、会長:池史彦、以下、自工会)は、第44回東京モーターショー2015(会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)から)の開幕前週の10月24日(土)に「東京モーターショー60周年記念パレード」を実施すると発表した。

the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-1-min
第1回全日本自動車ショウは、総裁に高松宮殿下のご就任を得て昭和29年4月20日、東京・日比谷公園内広場で開催された。当時、家庭の「3種の神器」は電気冷蔵庫、洗濯機、掃除機とされていた時代だった。
the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-2-min
第44回東京モーターショー2015は、会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)からの開幕となる。

第1回全日本自動車ショウ(1954年)が東京・日比谷公園で開催され、その後は、後楽園競輪場、晴海国際見本市会場、千葉・幕張メッセ、そして現在の東京ビッグサイトと歴史を重ね、昨年2014年に東京モーターショーは、60周年を迎えた。 続きを読む 日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施

パナソニック、台風18号の被災地域に支援金と支援物資を寄贈

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)は9月18日、先の台風被害で被災した地域に対して、支援金義200万円と支援物資を寄贈すると発表した。

パナソニックからの発表概要は以下の通り。

台風18号による大雨等に係わる被災地・被災者への支援について

パナソニック株式会社は、台風18号による大雨等に係わる被災地・被災者支援に役立てていただくため、支援金として200万円、支援物資としてラジオ230台を贈ることを決定いたしました。
なお、支援金は社会福祉法人中央共同募金会を通じて寄付を行います。

被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。

イータス、車載制御開発シンポジウム10月9日に開催

イータス株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:ウォルフガング・シーネル<Wolfgang Sienel>)は来る10月9日(金)、東京コンファレンスセンター品川にて「車載制御開発シンポジウム2015 –Symposium on Automotive Embedded Systems Development」を開催する。

今日の自動車には、あらゆる部分に組込み制御システムが使われる。それにより、厳しい排出ガス規制への適合、さらに電動化や自動運転などのトレンドへの対応も可能になる。

一方で、組込みシステムの複雑性に対処するための開発プロセスや手法を迅速に取り入れることが大きな課題だ。 続きを読む イータス、車載制御開発シンポジウム10月9日に開催

豊田自動織機、台風18号の被災地域に義援金を拠出

株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長:大西 朗、以下、豊田自動織機)は9月17日、先の台風被害で被災した地域に対して、義援金500万円の寄付を拠出すると発表した。

豊田自動織機からの発表概要は以下の通り。

関東・東北地方の集中豪雨による被害への支援について

2015年9月9日から降り続いた記録的な豪雨の影響で、茨城・栃木・宮城県を中心に発生した災害により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申しあげますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申しあげます。

株式会社豊田自動織機(社長 大西朗)は、被災地に対し社会福祉法人 中央共同募金会を通じて100万円の義援金を拠出することを決定いたしました。

J.D.パワー、自動車サービス満足度調査を日本国内で実施

j-d-power-asia-pacific-japan-automotive-sales-satisfaction-年-2015-ssi-survey20150820-2

株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(代表取締役社長 鈴木郁、以下、J.D. パワー)は、日本国内に於ける自動車サービス満足度(Customer Service Index、略称CSI)調査を発表した。本調査は今年で14回目の実施となる。

本調査では、正規販売店のアフターサービス対応に関する顧客の総合的な評価を、5つのファクターに基づいて算出している。

それらは「サービス納車」(21%)、「サービス担当者」(21%)、「サービスクオリティ」(21%)、「店舗施設」(19%)、「入庫時対応」(18%)となっている(カッコ内は総合満足度に対する影響度)。

これらのファクターにおける複数の詳細項目に対する評価を基に総合満足度(1,000点満点)を算出している。

2015年の総合満足度の業界平均スコアは654ポイントで、昨年の652ポイントより2ポイントと僅かに向上した。 続きを読む J.D.パワー、自動車サービス満足度調査を日本国内で実施

アウディ、「Audi住之江サービスセンター」を新規オープン

audi-and-special-sponsor-in-the-global-business-case-competition20150604-1 (1)

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多寛)の100%出資販売子会社であるアウディ ジャパン販売株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:齋藤徹)は、9月16日に「Audi住之江サービスセンター」を新規オープンした。

アウディ ジャパン販売は、伸長するアウディの新車販売に対応し、充実したアフターサービスをユーザーに提供するため、鈑金・塗装工場を兼ね備えた施設として大阪市住之江区に、最新の鈑金・整備設備を導入したサポートサービスセンターを設立。

the-newly-opened-audi-the-audi-suminoe-service-center20150919-1
写真は同一地域拠点のひとつ「Audi大阪中央サービスセンター」の一部設備

当該施設は、ユーザーからの直接受け付け対応は行わず、アウディ ジャパン販売の各拠点(箕面、堺、大阪中央)の新車PDI(納車前点検)はじめ重整備・車検・一般点検・磨き作業を行う集中バックアップサービスセンターとして稼働するもの。 続きを読む アウディ、「Audi住之江サービスセンター」を新規オープン

いすゞ、台風18号の被災地域に義援金を拠出

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:片山正則、以下、いすゞ)は9月18日、先の台風被害で被災した地域に対して、義援金500万円の寄付を拠出すると発表した。

いすゞからの発表概要は以下の通り。

台風18号による大雨被害に対する支援について

2015年9月10日に関東、東北地方を襲った台風被害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

いすゞ自動車株式会社は、台風等により被災された方々、地域への支援として、500万円の義援金を拠出することを決定いたしました。

被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

スズキ、台風18号の被災地域に義援金を拠出

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-2-min

スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)は9月18日、先の台風被害で被災した地域に対して、義援金300万円の寄付を拠出すると発表した。

スズキからの発表概要は以下の通り。

台風18号にともなう豪雨災害への義援金について
スズキ株式会社は、2015年9月中旬の台風18号にともなう豪雨により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

スズキは、被災した茨城県、栃木県、宮城県の3県に対する支援として、日本赤十字社を通じて300万円の義援金の寄付を決定致しました。

被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

カヤバ工業、自動車・二輪車用部品事案で米国司法省と合意

カヤバ工業株式会社は、平成27年9月16日(米国時間)、米国司法省との間で、自動車・二輪車用ショックアブソーバの販売に係る米国独占禁止法違反に関して、罰金 62 百万米ドル(約74億円)を支払うことなどを内容とする司法取引に合意した。

同社グループは、平成 26 年 4 月以降同省が実施してきた調査に全面的に協力してきたが、この度、適用法令、事実関係等を総合的に勘案した結果、同省との間で司法取引契約を締結することになった。 続きを読む カヤバ工業、自動車・二輪車用部品事案で米国司法省と合意