「社会」カテゴリーアーカイブ

日本初の空飛ぶ自動車開発のカーティベーター、マスワークスとスポンサー契約締結

今春、日本初の「空飛ぶクルマ」開発プロジェクトで、トヨタグループ15社から3年間・4,250万円の支援を獲得した一般社団法人CARTIVATOR Resource Management(所在地:愛知県豊田市、代表:中村 翼、以下カーティベーター)は11月10日、数学計算ソフトウエア開発の米国MathWorks傘下のマスワークス ジャパン(MathWorks Japan/本社:東京都港区、代表取締役社長:梨澤利隆)とスポンサー契約を締結した。

続きを読む 日本初の空飛ぶ自動車開発のカーティベーター、マスワークスとスポンサー契約締結

愛知製鋼の磁気マーカシステムを用いた自動運転の実証実験始まる

愛知製鋼株式会社(本社:愛知県東海市、社長:藤岡高広)の「奥永源寺渓流の里」に於ける自動運転サービスの実証実験がいよいよ始まった。

続きを読む 愛知製鋼の磁気マーカシステムを用いた自動運転の実証実験始まる

第一交通産業タクシー、中国配車アプリの滴滴出行と連携へ

第一交通産業株式会社(本社:北九州市小倉北区、代表取締役社長:田中亮一郎)は11月8日、世界最大手の中国配車アプリ滴滴出行(ディディチューシン)と連携に向けての協議を進めていくと公表した。

続きを読む 第一交通産業タクシー、中国配車アプリの滴滴出行と連携へ

ホンダ、「Every Go」を開始。ブランド浸透と新たな自動車利用の形を模索する

カーシェアリングの手軽さを取り入れた新レンタカーサービス「EveryGo」の提供へ

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、都市部を中心に誰でも気軽にHondaの四輪車を利用できる、新たな会員制のレンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」を11月9日より東京と横浜で。12月からは大阪で開始する。

続きを読む ホンダ、「Every Go」を開始。ブランド浸透と新たな自動車利用の形を模索する

トルコ国内企業5社、初の自国製乗用車の開発・生産を目指して合弁会社立ち上げへ

中東トルコに於いて同国内5つの企業が、トルコ初の国産乗用車生産のコンソーシアムに参加する。
具体的には当国現地時間の11月2日、アンカラ郊外の大統領公邸に於いてエルドアン大統領の他、同国の産業大臣らが出席。5社合わせて11万人の従業員を配するとされる「アナドール・グループ」、「BMC」、「クレイチャーホールディングス」、「トゥルクセル」、「ゾルル財閥」が合弁による自動車メーカー設立の調印を行った。

Photo:Recep Tayyip Erdoğan President( Credit:Minister-president Rutte )

Quotation:Türk Haber 7 

続きを読む トルコ国内企業5社、初の自国製乗用車の開発・生産を目指して合弁会社立ち上げへ

国交省、道の駅「奥永源寺渓流の里」で自動運転サービスの実証実験を開始

国土交通省(MLIT)では、日本国内に於いて高齢化が急速に進む中山間部地域で、「人流」並びに「物流」の確保のため、来る2020年までの社会実装を目指し「道の駅」を拠点にした自動運転サービスの実証実験を、全国13箇所(下記掲載図参照)で計画・実施している。

続きを読む 国交省、道の駅「奥永源寺渓流の里」で自動運転サービスの実証実験を開始

ヤマト運輸、全集配車両に日立の車載端末を搭載へ。安全運行の高度化を目指す

日立と連携し、運行データの利活用による安全運転教育のさらなる高度化等に取り組む

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾 裕)は、ドライブレコーダーとデジタルタコグラフを一体化した通信機能搭載の新たな車載端末を、2018年11月よりヤマト運輸の全集配車両約36,000台に順次搭載する。

続きを読む ヤマト運輸、全集配車両に日立の車載端末を搭載へ。安全運行の高度化を目指す

OKI、カメラとレーザーセンサーで環境に左右されないモーションマッピング技術を開発

独自の高精度センシング技術で撮影環境の安心・安全を実現

OKIこと沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鎌上信也)は、複数のカメラ画像とレーザー距離センサーを組み合わせたセンサー融合技術により、監視エリア内の人・車両・設備の動きを可視化する「モーションマッピング技術」を開発した。

続きを読む OKI、カメラとレーザーセンサーで環境に左右されないモーションマッピング技術を開発

ソニー、360度視覚センサー搭載で窓不要のニューコンセプトカートSC-1を開発

今秋、新型のエンタテインメントロボットaiboを発表したソニー株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 兼 CEO:平井 一夫)は10月24日、AI×ロボティクス研究の一環として新たな移動体験の提供を目的に「New Concept Cart(ニューコンセプトカート)SC-1」を試作開発した。

続きを読む ソニー、360度視覚センサー搭載で窓不要のニューコンセプトカートSC-1を開発

富士通テン、「デンソーテン」に社名変更

富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:山中 明)は11月1日付けで、資本構成および社名(株式会社デンソーテン)変更並びに役員人事を変更した。

続きを読む 富士通テン、「デンソーテン」に社名変更

トヨタ自動車、米国事業60周年記念式典を実施。テキサス州プレイノ市のTMNA本社で

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)の北米事業体であるToyota Motor North America(以下、TMNA)は米国時間10月31日、米国テキサス州プレイノ市のTMNA本社でトヨタの米国事業60周年を祝う記念式典を実施した。

続きを読む トヨタ自動車、米国事業60周年記念式典を実施。テキサス州プレイノ市のTMNA本社で

ヤマダ電機、EVの店頭販売を目指してFOMMと資本業務提携

株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:桑野 光正)は10月31日、「緊急時に水に浮く超小型 4 人乗り電気自動車」をコンセプトに革新的なモビリティ開発を進める株式会社FOMM(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:鶴巻 日出夫)と資本業務提携契約を締結したと発表した。

続きを読む ヤマダ電機、EVの店頭販売を目指してFOMMと資本業務提携

日産自動車、完成検査不備の再発防止策を策定。生産再開準備完了へ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は10月31日、同社並びに日産車体株式会社の6工場での完成検査不備の再発を防ぐべく、まずは日産自動車九州での再発防止策を講じると共に、内部及び外部の監査を受けた上で生産再開に向けた準備を完了したと発表した。

続きを読む 日産自動車、完成検査不備の再発防止策を策定。生産再開準備完了へ

アイシン・エィ・ダブリュ、福井県若狭町に新会社を設立

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市、社長:尾﨑和久)は、今後需要が予想されるAT用トルクコンバータおよびその他部品の生産に向け、10月28日付で福井県若狭町に新会社を設立すると発表した。

続きを読む アイシン・エィ・ダブリュ、福井県若狭町に新会社を設立

UACJ、福井で自動車パネル用アルミニウム材製造設備の新設へ

古河スカイと住友軽金属工業の経営統合により2013年10月に誕生したアルミニウム板材の総合メーカーである株式会社UACJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田満、以下「UACJ」)は、福井製造所への自動車パネル用アルミニウム材製造設備新設のための投資を決議した。

続きを読む UACJ、福井で自動車パネル用アルミニウム材製造設備の新設へ

神戸製鋼所、不適切行為に起因する「安全性の検証状況」の進捗報告

株式会社神戸製鋼所(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:川崎博也、以下、コベルコ)は10月31日、一連の不適切行為に関して、同日現時点での「製品安全性の検証状況」の進捗を発表した。

続きを読む 神戸製鋼所、不適切行為に起因する「安全性の検証状況」の進捗報告

フォルクスワーゲン、ドイツフェスティバル2017に出展。新型Arteonを展示

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(本社:愛知県 豊橋市、代表取締役:ティル シェア、略称:VGJ)は、11月2日(木)から11月5日(日)までの4日間に都立青山公園(東京・港区)で行われる、「ドイツフェスティバル 2017」(主催:ドイツ連邦共和国大使館)へ出展する。

続きを読む フォルクスワーゲン、ドイツフェスティバル2017に出展。新型Arteonを展示

オートバックス、タイ王国8店舗目となるワチャラポン店新設

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:小林喜夫巳、以下、オートバックス)のタイ王国内における現地子会社である SIAM AUTOBACS Co., Ltd.(代表取締役社長:Ratchata suttapattanon)は、10月27日(金)に「オートバックス ワチャラポン店」を新規オープンさせた。

続きを読む オートバックス、タイ王国8店舗目となるワチャラポン店新設

トヨタ、ケンタッキー州ジョージタウン市に生産技術棟を開設

8,000万ドルを投じ、「北米ワントヨタ」の取り組みを加速するとともに競争力を強化

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)の北米事業体であるToyota Motor North America(以下、TMNA)は10月31日、米国ケンタッキー州ジョージタウン市で北米の新たな生産技術拠点のオープニング式典を実施した。

続きを読む トヨタ、ケンタッキー州ジョージタウン市に生産技術棟を開設

GMSの低所得者向けの自動車FinTechサービスがカンボジアへ進出

カンボジア国内にて複数の主要タクシー組合と提携。商業大臣出席の下、調印式を開催

Global Mobility Service株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員/CEO:中島 徳至、以下「GMS」)は、従来ローン審査に通過することの出来ない低所得者層の人々がローンを組み車両を購入することを可能にするFinTechサービスをカンボジア王国でも展開する。

写真は2017年10月26日(木)カンボジアにて 式典の様子。前列左:CCDA President。前列中央:GMS President。前列右:CDDA Chairman。後列中央:商業大臣。

続きを読む GMSの低所得者向けの自動車FinTechサービスがカンボジアへ進出