「スバル」カテゴリーアーカイブ

SUBARU、BRZ改良。ボディ剛性の強化で走行性能の向上へ

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は9月11日、「SUBARU BRZ」改良モデルを9月11日に発表し、10月5日に発売する。

続きを読む SUBARU、BRZ改良。ボディ剛性の強化で走行性能の向上へ

SUBARU、レガシィ アウトバック/B4を改良

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「レガシィ アウトバック/B4」大幅改良モデルを9月4日に発表し、10月5日から発売を開始する。

続きを読む SUBARU、レガシィ アウトバック/B4を改良

スバル、「ステラ」「ステラカスタム」改良モデルを発売

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「ステラ」および「ステラカスタム」の改良モデルを発売した。

続きを読む スバル、「ステラ」「ステラカスタム」改良モデルを発売

SUBARU、フォレスターの特別仕様車「Smart Edition」を発表

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、フォレスターに特別仕様車「2.0XT EyeSight Smart Edition」「S-Limited Smart Edition」を設定し、7月25日に発表・8月22日に発売する。

続きを読む SUBARU、フォレスターの特別仕様車「Smart Edition」を発表

SUBARU、「WRX S4」と「レヴォーグ」を大幅改良し8月に発売へ

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「WRX S4」並びに「レヴォーグ」大幅改良モデルを2017年7月3日に発表し、来る8月7日に発売する。

続きを読む SUBARU、「WRX S4」と「レヴォーグ」を大幅改良し8月に発売へ

SUBARU、アイサイトに先行車自動追従・自動操舵機能を刷新

本年夏発表予定の新型「レヴォーグ」、「WRX S4」に「ツーリングアシスト」を全車標準装備

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、運転支援システム「アイサイト」を大幅進化させる。具体的な新機能として、高速道路の渋滞時を含む全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動制御して、運転負荷を大幅に軽減する「ツーリングアシスト」を搭載。同機能は、今夏発表予定の新型「レヴォーグ」、「WRX S4」全車に標準装備される予定だ。

続きを読む SUBARU、アイサイトに先行車自動追従・自動操舵機能を刷新

SUBARU、新型「レヴォーグ」「WRX S4」に最新アイサイトを搭載して本年夏に発表へ

進化した最新アイサイトの搭載で、運転負荷の大幅軽減を目指す

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「レヴォーグ」「WRX S4」を大幅改良し、本年夏に発表する。

続きを読む SUBARU、新型「レヴォーグ」「WRX S4」に最新アイサイトを搭載して本年夏に発表へ

SUBARU、「WRX STI」新電子制御マルチモードDCCD・電動調整式RECARO搭載等大幅改良

brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキと19インチアルミホイール&タイヤを採用

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「WRX STI」大幅改良モデルを2017年5月24日に発表し、6月20日に発売する。

続きを読む SUBARU、「WRX STI」新電子制御マルチモードDCCD・電動調整式RECARO搭載等大幅改良

SUBARU、新型「プレオ プラス」を発売。スマートアシストⅢ採用で安全性向上

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下スバル)は、新型プレオ プラスを5月9日に発表・発売した。

続きを読む SUBARU、新型「プレオ プラス」を発売。スマートアシストⅢ採用で安全性向上

SUBARU、2017年NY国際自動車ショーにて「ASCENT SUV CONCEPT」を公開

「ASCENT(アセント)」は北米市場専用の新型3列SUV。新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定

SUBARUは、開催中の2017年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、開発中の新型3列ミッドサイズSUVの名称を「ASCENT(アセント)」として発表するとともに、同車をイメージしたデザインコンセプトカー「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」を公開した。

続きを読む SUBARU、2017年NY国際自動車ショーにて「ASCENT SUV CONCEPT」を公開

SUBARU、インプレッサSPORT/G4とSUBARU XVが「衝突安全性能評価大賞」を受賞

2016年度自動車アセスメント「衝突安全性能評価大賞」を獲得。衝突安全性能評価で過去最高得点を達成

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)に於いて、SUBARUの「インプレッサSPORT/G4」・「SUBARU XV」が過去最高の得点を獲得。2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞した。

続きを読む SUBARU、インプレッサSPORT/G4とSUBARU XVが「衝突安全性能評価大賞」を受賞

SUBARU、2018年型「アウトバック」をニューヨーク国際自動車ショーに出展

ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、米国ニューヨークにて開催予定の2017年ニューヨーク国際自動車ショー(プレスデー:4月12日~13日/一般公開:4月14日~23日)において、2018年型「アウトバック(日本名はレガシィ アウトバック)」(米国仕様車)を出展する。

2018年型「アウトバック」(米国仕様)

続きを読む SUBARU、2018年型「アウトバック」をニューヨーク国際自動車ショーに出展

スバル、CROSSOVER7を改良し、特別仕様車「X-BREAK」を追加

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下「スバル」)は3月13日、CROSSOVER7に改良を施した発表し同車を4月3日より発売する。

続きを読む スバル、CROSSOVER7を改良し、特別仕様車「X-BREAK」を追加

スバル、新型「SUBARU XV」の先行予約を開始。歩行者保護エアバッグを全車標準装備

スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”を全面採用し都会的でクールな「スポカジスタイル」を実現

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下「スバル」)は、今春発表予定の新型「SUBARU XV」の先行予約を2017年3月9日より開始した。

続きを読む スバル、新型「SUBARU XV」の先行予約を開始。歩行者保護エアバッグを全車標準装備

スバル、フォレスターを改良。2.0i-Lを除く全車にアイサイト(ver.3)を標準装備

「X-BREAK」にも、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下「スバル」)は3月13日、フォレスターの改良を発表し、4月3日に発売する。

続きを読む スバル、フォレスターを改良。2.0i-Lを除く全車にアイサイト(ver.3)を標準装備

スバル、2018年型「レガシィ」をシカゴオートショーに出展

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、米国シカゴにて開催予定の2017年シカゴオートショーにおいて、2018年型「レガシィ」(米国仕様車・日本名レガシィB4)を出展する。

続きを読む スバル、2018年型「レガシィ」をシカゴオートショーに出展

スバル、ジュネーブ国際モーターショーに新型「SUBARU XV」を出展。先行予約は3月9日から

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)ことSUBARU(スバル)は、来る3月にスイスで開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー2017(プレスデー:3月7日~8日/一般公開日:3月9日~19日)にて、新型「SUBARU XV」を世界初公開する。今回の「SUBARU XV」は前年の同じショーに於いてワールドプレミアとなった「SUBARU XV CONCEPT」の発展・市販型にあたるもの。

続きを読む スバル、ジュネーブ国際モーターショーに新型「SUBARU XV」を出展。先行予約は3月9日から

スバル、2018年型「WRX & WRX STI」をデトロイト北米国際自動車ショーに出展

外装刷新に併せ内装質感もUP。サス設定の最適化で操縦安定性とフラットな乗り心地もUP

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、米国デトロイトにて開催予定の2017年北米国際自動車ショーにおいて、2018年型「WRX/WRX STI」(米国仕様車)を出展する。

続きを読む スバル、2018年型「WRX & WRX STI」をデトロイト北米国際自動車ショーに出展

スバル、新型シフォンを発売。衝突回避支援システム・スマートアシストⅢを全車標準装備

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:吉永泰之、以下富士重工業)は、新型「シフォン」を12月13日より発売した。

続きを読む スバル、新型シフォンを発売。衝突回避支援システム・スマートアシストⅢを全車標準装備

スバル、新型「インプレッサ」 1.6Lエンジン搭載グレードを発売。特別編CMも開始

subaru-at-the-closing-press-conference-to-speak-and-it-is-possible-to-automatic-operation-of-the-highway-in-2020-20150509-10-min

11月28日よりTVCM「愛で選ぶクルマ」クリスマス特別篇を放送開始

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、新型「インプレッサ」の1.6Lエンジン搭載グレードを2016年12月20日より発売する。
あわせて、11月28日よりTVCM「愛で選ぶクルマ」クリスマス特別篇の放送を開始した。楽曲には、「LOVE LOVE LOVE」に引き続きDREAMS COME TRUEを採用。愛を歌った冬の名曲「雪のクリスマス — VERSION‘16 —」を使用している。

subaru-launches-the-new-impreza-1-6l-engine-mounting-grade-special-edition-cm-also-started20161128-1

続きを読む スバル、新型「インプレッサ」 1.6Lエンジン搭載グレードを発売。特別編CMも開始