「記事一覧」カテゴリーアーカイブ

三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その3)

高速化するWRCに対応し空力向上を図った『ランサーエボリューションⅢ』

三菱自動車工業は1994年を迎え、益々ハイスピード化するWRCでの戦闘能力を高めるため、空力性能の向上を中心とした改良を施し、ランエボⅢこと『ランサーエボリューションⅢ』として1995年2月に発表した。

mitsubishi-lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-320150821-13

具体的にはフロントバンパー、フロントエアダム、サイドエアダム、リヤサイドエアダム、リヤスポイラー&リヤウィッカーのデザインを一新して、ダウンフォースを増大させている。

まずフロントバンパーは、開口部を拡大してエンジンの冷却性能を向上させ、次にフロントエアダムには、エアダクトを設けてブレーキとトランスファーの冷却性能を高めた。

mitsubishi-lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-320150821-12

これらのアイテムはWRCで大きな成果を発揮するとともに、この迫力あるスタイリングが多くのファンを魅了し、 続きを読む 三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その3)

三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その2)

ターマック(舗装路)に対応した『ランサーエボリューションⅡ』

1993年以降、WRCではターマック(舗装路)が増えたことにともない、ハンドリング性能の向上が急務となった。そこで初代『ランサーエボリューション』で手応えを感じた三菱自動車は、早々にランエボⅡとなる『ランサーエボリューションⅡ』の開発に着手した。

mitsubishi-lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-220150821-9

このためホイールベースとトレッドを拡大し、サスペンションも細部にわたって改良するなど、当時最新鋭のホモロゲーションモデルとして旋回限界を高めるとともに、GSRではリヤLSDを機械式としてコーナリング時の回頭性を向上させている。

mitsubishi-lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-220150821-6

タイヤサイズは、195/55R15から205/60R15とし、OZ社製アルミホイールを装着。また1速、2速をローギヤード化したクロスレシオトランスミッションで加速性能を 続きを読む 三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その2)

三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その1)

1992年、初代ランエボ『ランサーエボリューション』の登場

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、1974年のサファリラリー(ケニア)において、世界ラリー選手権(WRC)で日本車初の総合優勝を果たした『ランサー』の名を受け継いだ通称ランエボこと『ランサーエボリューション』を1992年に発売した。

lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-120150821-5

 

その誕生の経緯は、1988年からWRCに参戦して通算6勝を挙げていた『ギャランVR-4』も、90年代になると苦戦を強いられるようになり、これに代わるWRCホモロゲーションモデルが検討されていた。

lancer-evolution-lancer-evolution-of-23-year-trajectory-part-120150821-1

そこで白羽の矢が立ったのが、コンパクトセダンの『ランサー』だった。 続きを読む 三菱ランサーエボリューション(LANCER EVOLUTION)23年間の歴史(その1)

ポルシェ ジャパン正規販売店「ポルシェセンター堺」が新規オープン

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)のポルシェ正規販売店、昌和自動車株式会社(本社:大阪市西淀川区花川2-21-8 代表取締役 小椋 基久)は、「ポルシェセンター堺」を2015年10月24日(土)に新規オープンする。

「ポルシェセンター堺」は、歴史と伝統ある堺市堺区に位置し、高級住宅地として名高い帝塚山から車で約10分、また阪神高速湾岸線・堺線などの主要道路からのアクセスも良い好立地に西日本有数の規模を誇るショールームとして新規オープンとなる。

約1200㎡のショールームでは、最新の 続きを読む ポルシェ ジャパン正規販売店「ポルシェセンター堺」が新規オープン

ポルシェセンター西大阪、「ポルシェセンター堺 西大阪 認定中古車センター」として一新

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)のポルシェ正規販売店、昌和自動車株式会社(本社:大阪市西淀川区花川2-21-8 代表取締役 小椋 基久)は、「ポルシェセンター西大阪」を「ポルシェセンター堺 西大阪 認定中古車センター」へと移行し2015年10月24日(土)より営業を開始する。

「ポルシェセンター堺 西大阪 認定中古車センター」は、同日より新規オープンする「ポルシェセンター堺」の開設に伴い、JR大阪駅から一駅の塚本駅から徒歩10分弱という「ポルシェセンター西大阪」の好立地を引き継いでオープンした。

「ポルシェセンター堺 西大阪 認定中古車センター」では、厳選された 続きを読む ポルシェセンター西大阪、「ポルシェセンター堺 西大阪 認定中古車センター」として一新

ADVAN、「ランサーエボリューション ファイナルエディション」に新車装着

yokohama-rubber-premium-studless-tire-ice-guard-five-plus-for-passenger-cars-sale20150622-4-min

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は三菱自動車工業(株)が2015年8月20日に発売した高性能4WDセダン「ランサーエボリューションⅩ」の特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」の新車装着(OE)用として「ADVAN A13(アドバン・エイイチサン)」の納入を開始した。装着サイズは245/40R18 93W。

advan-the-new-car-attached-to-the-lancer-evolution-final-edition20150821-1

「ADVAN A13」は優れたドライ・ウェット性能や耐摩耗性能に加え、 続きを読む ADVAN、「ランサーエボリューション ファイナルエディション」に新車装着

日産、「挑戦」をテーマとした新たなブランドコミュニケーションを開始

nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

第一弾ブランドコミュニケーションのアンバサダーに矢沢永吉さんを起用

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は21日、同社のマーケティング施策の一環として、「挑戦」をテーマとし、日産の強みである技術に焦点をあてた、大々的なブランドコミュニケーションを8月22日(土)から実施すると発表した。

新ブランドコミュニケーションTVCF 「宣言 矢沢」篇nissan-to-start-a-new-brand-communication-with-the-theme-of-challenge20150821-1 nissan-to-start-a-new-brand-communication-with-the-theme-of-challenge20150821-2 nissan-to-start-a-new-brand-communication-with-the-theme-of-challenge20150821-3 nissan-to-start-a-new-brand-communication-with-the-theme-of-challenge20150821-4 続きを読む 日産、「挑戦」をテーマとした新たなブランドコミュニケーションを開始

ダンロップ、「全国タイヤ安全点検」結果を報告

in-the-nurburgring-24-hour-race-dunlop-mounted-vehicle-class-victory20150520-2-min

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)の二輪車用タイヤ販売会社である株式会社ダンロップモーターサイクルコーポレーション(本社:東京都台東区、社長:下方康司)は、8月9日(日)に「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」の一環として全国で実施した二輪車用タイヤの安全点検のタイヤ点検結果を集計した。

今回の点検では、タイヤの整備不良は70台(点検台数564台)と、約8台に1台の割合で確認された。

dunlop-report-national-tire-safety-inspection-result20150821-1
十国峠レストハウス(静岡県 田方群)

この点検活動は毎年、8月19日の「バイクの日」前後に実施しており、3回目となる本年は全国6カ所で実施した。

タイヤ点検ではタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝チェック、タイヤ表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を 続きを読む ダンロップ、「全国タイヤ安全点検」結果を報告

横浜ゴム、ブルーライトカットフィルムを民生用ディスプレイから産業分野へ拡大

yokohama-rubber-premium-studless-tire-ice-guard-five-plus-for-passenger-cars-sale20150622-4-min

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、自社が持つ3タイプのブルーライトカットフィルムで幅広い産業分野への展開拡大を図る。

横浜ゴムのブルーライトカットフィルムは、2013年に第一弾として短波長域の制御を特徴とした「YF-Bシリーズ」、2014年にディスプレイのLED光源から発せられる450nm領域を選択的に制御する「YF-Zシリーズ」を発売した。

yokohama-rubber-to-expand-the-blue-light-cut-film-to-industries-other-than-the-display20150821-1

2015年には第三弾としてブルーライトの全域制御可能な無色で透明性の高い「YF-Rシリーズ」を開発した。

ブルーライトは紫から 続きを読む 横浜ゴム、ブルーライトカットフィルムを民生用ディスプレイから産業分野へ拡大

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015 – 第9戦 プレビュー

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015シリーズ第9戦を、鈴鹿サーキット(三重県)にて2015年8月29日(土)、30日(日)に開催する。

PCCJの2015シリーズは全10戦のうち8戦までを終了。オーバーオールは#15元嶋佑弥が開幕8連勝。

porsche-carrera-cup-japan-2015-round-9-preview20150821-15

ジェントルマンクラスは#7武井真司が5勝をあげ、それぞれランキングトップを走っており、両クラスとも第9戦でシリーズチャンピオンが決まる可能性がある。

porsche-carrera-cup-japan-2015-round-5-round-620150607-29-min

第8戦(富士)終了後、ふたりは鈴鹿に向けて、 続きを読む ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015 – 第9戦 プレビュー

トヨタ、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が800万台を突破

toyota-march-and-2014-production-domestic-sales-and-export-performance20150424-1-min

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2015年7月末までに804.8万台(※1)となり、800万台を突破したと発表した。(トヨタ調べ)

トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。

toyota-the-global-cumulative-sales-of-hybrid-vehicles-have-topped-800-million-units20150821-3

1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売して以来、多くのカーユーザーに支えられ、2014年9月末に 続きを読む トヨタ、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が800万台を突破

ダイハツ、インドネシアで「セニア(XENIA)」を発売

daihatsu-and-launched-the-xenia-xenia-in-indonesia20150821-5

新型エンジン、新開発プラットフォームを搭載、燃費性能と基本性能を大幅向上

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市、社長:三井正則、以下、ダイハツ)のインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、インドネシア専用の多目的乗用車「セニア(XENIA)」をマイナーチェンジし、8月20日、インドネシアで販売を開始する。

daihatsu-and-launched-the-xenia-xenia-in-indonesia20150821-6

「セニア」は、トヨタ自動車株式会社との初の共同開発 続きを読む ダイハツ、インドネシアで「セニア(XENIA)」を発売

ダイハツ、インドネシア国際オートショー2015に2つのコンセプトカー出展

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市、社長:三井正則、以下、ダイハツ)のインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、8月20日(木)〜30日(日)にジャカルタで開催されるガイキンド インドネシア国際オートショー2015(GIIAS 2015)に、世界初公開となる2台のコンセプトカーや、8月20日にマイナーチェンジし発売した7 人乗り多目的乗用車「セニア」などを出展する。

daihatsu-two-of-the-concept-car-exhibited-at-the-indonesia-international-auto-show-201520150821-1

コンセプトカーは、クロスオーバー車「FX Concept」、本格的SUVを目指した「FT Concept」の2モデルのほか、日本で販売している軽自動車4モデルを出展する。

また、マイナーチェンジした「セニア」は車両だけでなく、 続きを読む ダイハツ、インドネシア国際オートショー2015に2つのコンセプトカー出展

「首都高女子50人会プロジェクト」メンバー募集

metropolitan-expressway-and-released-the-metallic-nano-puzzle-rainbow-bridge20150811-4

もっと女性に好きになってもらえる、興味を持ってもらえる首都高を目指して

首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原秀夫)は、女性の観点から、首都高に対する意見や提案を自由な発想で語り、首都高の取組み等を発信していく「首都高女子50人会プロジェクト」メンバーを募集している。

1.応募資格及び募集人数
東京都、神奈川県、埼玉県又は千葉県居住20歳以上の女性50名。
※首都高のご利用の有無は問わない。 続きを読む 「首都高女子50人会プロジェクト」メンバー募集

モデリスタ、新型レクサスLX用 カスタマイズアイテムを発売

株式会社トヨタモデリスタインターナショナル(東京都杉並区:代表取締役社長 猪澤 豊)は、「LEXUS LX」の発売に伴い、「Pride of the King  -頂点に君臨する王者のドレスコード- 」をコンセプトに、LXの車格を更に引き立てる威風堂々としたカスタマイズパーツをラインアップし、全国のレクサス店及びトヨタモデリスタ店を通じて8月20日に発売した。

高級感と堂々とした迫力あるフロントスタイルと、完成されたリヤスタイルを演出する 続きを読む モデリスタ、新型レクサスLX用 カスタマイズアイテムを発売

ランサーエボリューション ファイナルエディション完売、8月20日より納車開始

lancer-evolution-final-edition-sold-out-it-delivered-starting-from-august-20-20150821-1

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、4月10日(金)より先行予約の受付を開始していた、高性能4WDセダン『ランサーエボリューションX』の特別仕様車『ランサーエボリューション ファイナルエディション』が限定台数1,000台を完売し、本日より納車を開始したと発表した。

lancer-evolutionx-the-final-1000-reservation-start20150410-3

納車は、 続きを読む ランサーエボリューション ファイナルエディション完売、8月20日より納車開始

横浜ゴム、「CSRレポート2015」を発行

yokohama-rubber-premium-studless-tire-ice-guard-five-plus-for-passenger-cars-sale20150622-4-min

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、横浜ゴムグループのCSR活動をまとめた冊子版「CSRレポート2015」(全28ページ)を8月17日に発行した。より網羅的な情報を開示したWeb版(GRIガイドライン第4版に準拠)は9月に公開する予定。

「CSRレポート2015」は 続きを読む 横浜ゴム、「CSRレポート2015」を発行

アウディ、世界文化遺産の比叡山延暦寺と映像コラボ実現へ

宇宙から新型Audi TTが舞い降りる「Audi TT Landing, Japan」第一弾

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、2015年8月20日(木)、21日(金)の2日間に亘り、「Audi TT Landing, Japan」の第一弾として、自動車メーカーとして初めて、世界文化遺産 比叡山延暦寺とのコラボレーション企画を実施する。

audi-the-worlds-cultural-heritage-hiei-enryakuji-and-to-the-video-collaboration-realization20150820-1

8月20日(木)、天空から比叡山延暦寺に新型Audi TTが着陸

新型Audi TTが、特別にライトアップされた比叡山延暦寺の阿弥陀堂と法華総持院東塔の元、天台宗僧侶たちの声明(しょうみょう)LIVEによる荘厳な雰囲気の中、天空に届くかのような無数のサーチライトによる 続きを読む アウディ、世界文化遺産の比叡山延暦寺と映像コラボ実現へ

アウディ、EVの新境地を拓く「e-TRON quattro concept」をIAAで発表へ

audi-open-up-a-new-frontier-of-ev-the-e-tron-quattro-concept-to-the-announcement-at-the-iaa20150820-2

アウディ AG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、取締役会長:ルパート・シュタートラー、以下アウディ)は、9月15日から開幕されるIAA(フランクフルトオートショー)に「e-TRON クワトロコンセプト(Audi e-TRON quattro concept)」を出展すると発表した。

この新たなコンセプトカー「e-TRON クワトロコンセプト」は、既存のエンジンユニットを積む一般的な自動車造りの概念を一切排除し、純粋な電気自動車として、より 続きを読む アウディ、EVの新境地を拓く「e-TRON quattro concept」をIAAで発表へ

2015年インドネシア国際オートショーで新クロスオーバー「BR-V」プロトを世界初公開

honda-the-br-v-exhibition-of-new-crossover-suv-in-indonesia-motor-show20150630-3-min

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)傘下で、インドネシアの四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(以下、HPM)は、「2015年 GAIKINDO※1 インドネシア国際オートショー(GIIAS)」(開催地:ジャカルタ近郊・タンゲラン、プレスデー:8月20日、一般公開日:8月21日〜30日)で、新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」※2プロトタイプを世界初公開した。

the-world-premiere-of-the-new-crossover-br-v-proto-in-2015-indonesia-international-auto-show20150820-1

BR-Vは、2016年初めに、インドネシアで発売する。同車は、SUVらしい外観と 続きを読む 2015年インドネシア国際オートショーで新クロスオーバー「BR-V」プロトを世界初公開