「記事一覧」カテゴリーアーカイブ

BMW、業績好調のなかで経営の舵取りを新CEOに託す

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-6-min

BMW、市場予想を大きく上回る営業利益21%増

BMW AG(本社:バイエルン州ミュンヘン、CEO:ハラルド・クリューガー、以下、BMW)の、2015年・第1四半期(1‐3月)の決算は、ロールスロイス及び、MINIを含めたグループ全体の総売上高が、209億1700万ユーロ(約2兆8342億円)となった。

これは、前年同期比の182億3500万ユーロに対して、14.7%の増加である。

営業利益は約21%増加し、市場予想を大きく上回っている。
利払い・税引き前利益(EBIT)は、25億2000万ユーロ(約3437億円)で、これは、為替リスクヘッジのためのデリバティブ取引における利益増も含まれている見込み。これに続き純利益は、15億1600万ユーロ(約2054億円)と、前年同期の14億5800万ユーロに対して4%増えた。

4シリーズ、前年同期比2倍の3万6545台を売り上げる

実質事業の車両販売については、国際市場における新車販売数で、前年同期比8.1%増の52万6669台。おおむね欧州、北米、中国が好調に推移した模様。

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-2-min
5月7日に欧州で発表した3シリーズMスポーツパッケージ、前年同期比8%減となった3シリーズも巻き返しを狙う構え

このうちBMWブランドは、45万1476台を売り上げ、前年同期比5.4%増の45万1576台。

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-5-min

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-1-min

具体的には3シリーズが、前年同期比8%減の10万7283台。4シリーズは、前年同期比の約2倍にあたる3万6545台。同社がSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と謳うX5は、前年同期比29.7%増の4万0242台。X4は、1万3925台を売り上げる結果となった。

中国・ロシアを除く世界市場は、さらに拡大すると予測

以上を総合して、第1四半期における同社グループ全体の市場別実績は、中国市場が、前年同期比6.4%増の11万5078台。米国市場においては12.6%増の9万1479台。そして欧州市場は23万4849台となり、全体で、前年同期比9.6%増と大きく回復基調にある。

通年業績では、3シリーズを筆頭とする新型モデル投入で販売台数と、税引き前利益が過去最高に達するとの見通しを示している。

具体的には販売台数増や、為替動向を追い風に、従来予測の「底堅い」から、中国とロシアを除く世界市場においては「大幅に」拡大するとを予測。

研究開発向け支出の売上高に対する比率は、本年末までには5から5.5%付近まで上昇するとの見通しを示している。

新CEOは、エンジニア出身のハラルド・クリューガー氏

またBMW AGは、決算結果を受けて5月13日、ミュンヘンで年次株主総会を開き、同日の監査役会の席上において、経営委員会からの指命を受けたハラルド・クリューガー氏(49)が、前CEOのノルベルト・ライトホーファー氏から、BMW AGのCEO職を引き継いでいる。

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-4-min
新CEOに就任したハラルド・クリューガー氏

なお、前CEOのノルベルト・ライトホーファー氏(58)は、監査役会の会長職となった。

CEO職を退くにあたって、ライトホーファー氏は、「9年間のCEO職におけるキャリアにおいて、取締役会が厚い信頼を寄せてくれたことに感謝する」と述べている。

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-3-min
前CEOのノルベルト・ライトホーファー氏は、監査役会の会長職に

BMW AGは、既に2014年12月には、理事会及び監査役会の議長で、世代交代の計画を発表しており、今回、それが今回、実行されたかたちだ。

bmw-among-the-strong-performance-management-take-over-to-a-new-ceo20150516-7
なお、前会長職の地位にあったヨアヒム・ミルベルク氏(72)は、今年次総会を期に同職を退いた

元エンジニアのハラルド・クリューガー氏は1992年、BMW AGに入社し、まずはエンジニアとして活躍。

2008年12月に、取締役に就任。2012年6月の終わりまで、ロールスロイスやMINI、二輪、アフターセールス部門の取締役を務めた後、2013年4月からは、BMW全体の経営部門の要職を務めていた。

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施

ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
オートバックス、マレーシア・スパリン店新規オープン
国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能、評価結果
トヨタ、ナビ向け「多機能トイレ情報」提供開始、名古屋で公開
メガウェブ、施設内で「名車コレクション」アプリ運用中
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表

アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈

電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合

オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス

日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売

アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる

TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立

JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

オートバックス、マレーシアに「オートバックスパリン店」新規オープン

autobacs-the-autobacs-palin-store-new-open-in-malaysia20150516-1-min

マレーシア国内のオートバックス店舗は3店舗による展開に

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:湧田 節夫、以下オートバックス)のマレーシア国内における現地子会社であるAUTOBACS CAR SERVICE MALAYSIA SDN.BHD.(代表取締役社長:金子順一)は、来る2015年5月19日(火)に、「オートバックスパリン店」を新規オープンさせる。

オープンする同店舗は、1980年代から開発の始まったジョホール州タマン・パリン市内への出店になる。

近隣するエリアには、高級住宅街があり、1世帯当たりのマイカー保有台数は平均2.5台と多く、自動車関連の需要が見込めるという。

また店舗周辺は、大型スーパーマーケットを核としたさまざまな店舗が集まるショッピングモールがあることから、近隣の自動車ユーザーを筆頭に、同社では、この地域での多くの消費者層の来店を見込んでいる。

小商圏型店舗のため、約350アイテムに絞り込み品揃えしていく

同店舗では、タイヤ、エンジンオイル、バッテリーなどのメンテナンス商品の取り扱いを中心とした小商圏型店舗で、約350アイテムを品ぞろえしていく予定。また、購入した商品をその場で取り付け・交換を行うピットを1台設置している。

autobacs-the-autobacs-palin-store-new-open-in-malaysia20150516-2-min

オートバックスは、先の2012年4月にマレーシア1号店をオープン。今回オープンする「オートバックス パリン店」を含め、マレーシア国内のオートバックス店舗は3店舗による展開となった。

日本国内のアフターマーケット需要の縮小・低迷に伴い、直近の事業決算では、厳しい数字となった同社だが、東アジアエリアにおける出店攻勢は、計画に沿って順調に推移しているようだ。

店舗の概要は下記の通り。

autobacs-the-autobacs-palin-store-new-open-in-malaysia20150516-100-min

オートバックスでは、「今後もクルマのことならオートバックスと、お客様から支持・信頼される活動の実践。という当社グループの方針に基づき、カー用品、車の買取・販売、車検・整備、板金・塗装など、クルマのことなら何でもご相談頂ける店舗を目指します」と述べている。

関連記事
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
オートバックス・タイ王国ナワミン店オープン、同国展開6店目

オートバックス、日本政策投資銀行のDBJ健康経営格付を取得
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施

ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能、評価結果
トヨタ、ナビ向け「多機能トイレ情報」提供開始、名古屋で公開
メガウェブ、施設内で「名車コレクション」アプリ運用中
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成

日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収

ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件

輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化

スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手

理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転

ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く

週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能、評価結果

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-3-min

平成26年度、試験実施車・製品の安全性能総合評価の結果概要

国土交通省は、毎年、ナスバこと(独)自動車事故対策機構(本部所在地:東京都墨田区、理事長:鈴木秀夫、以下、NASVA)の協力のもと、自動車等の安全性能評価を公表している。

本評価は、自動車ユーザーが、安全性の高い自動車やチャイルドシートを選択し易い環境を整備すると共に、メーカーに対して、より安全な製品の開発を促すことで、安全な自動車等の普及促進を図るため、自動車アセスメント事業を実施しているもの。

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-2-min

平成26年度に、試験を実施した車種・製品の安全性能総合評価の結果概要は以下の通り。

【概要】

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-5-min

◎自動車アセスメント結果(詳細表は本文字列のクリックによるPDFで表示。・但し展開資料は2.2MB)

(対象車種)
・軽自動車(2車種)、乗用車(8車種)、電気自動車等(3車種)の計13車種について試験を実施。

(試験結果)
・平成23年度から、実施している「乗員保護」と、「歩行者保護」を含めた、自動車の総合的な安全性能評価である「新・安全性能総合評価」について、以下の10車種が、最高のファイブスターを獲得した。

スバル「フォレスター」、スバル「レヴォーグ/WRX」、スバル「レガシィ」、トヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」、トヨタ「ハリアー」、日産「ティアナ」、ホンダ「ヴェゼル」、ホンダ「グレイス」、マツダ「アクセラ」、マツダ「デミオ」
※ファイブスター獲得車両の中でも、総合点でスバル「レガシィ」が最高得点を獲得している。

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-7-min

◎予防安全性能アセスメント結果(詳細表は本文字列のクリックによるPDFで表示。・但し展開資料は1.9MB)

(対象車種)
・軽自動車(13車種)、乗用車(16車種)、電気自動車等(8車種)の計37車種について試験を実施。

(試験結果)
・いずれの車種においても、一定レベル以上の性能を持っていることが確認されたが、下記6車種が最高得点を獲得した。

スバル「インプレッサ」、スバル「レヴォーグ/WRX」、スバル「レガシィ」、トヨタ「カローラアクシオ/カローラフィールダー」、日産「スカイライン」、レクサス「LS」

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-8-min

◎チャイルドシートアセスメント結果(詳細表は本文字列のクリックによるPDFで表示。・但し展開資料は542KB)

(対象製品)
・乳児・幼児兼用チャイルドシート8製品を選び、前面衝突試験と、使用性評価試験の2種類の試験を実施。

(試験結果)
・前面衝突試験で高い評価を得たもにのは、
TAKATA「takata04-neo SF」、コンビ「ネセルターン/ネルーム ISO FIX」、LEAMAN「カイナ」。

・使用性評価試験で高い評価を得たものには、
TAKATA「takata04-neo SF」、TAKATA「takata04-i fix WS」。

※今回試験を行った製品において、試験の結果は、 ISO-FIX 固定タイプの方が、ベルト固定タイプよりも高い評価を獲得する傾向にある。

評価結果のさらなる詳細は、国土交通省または(独)自動車事故対策機構の「資料ダウンロード」にて閲覧出来る。

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-6-min

国土交通省・該当Webページ

mlit-2014-fiscal-year-announced-the-car-safety-performance-evaluation20150516-4-min

(独)自動車事故対策機構・該当Webページ

また、アセスメントに関するパンフレットを、地方運輸局、運輸支局等と(独)自動車事故対策機構にて配付している。

以上

関連記事
日産ティアナ、JNCAPの安全性能総合評価でファイブスター賞
レヴォーグ・WRX・レガシィ・フォレスター、ファイブスター賞

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施

ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
トヨタ、ナビ向け「多機能トイレ情報」提供開始、名古屋で公開
メガウェブ、施設内で「名車コレクション」アプリ運用中
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円

トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へ

スズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015

運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言

スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へ

スマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン

東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始

オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

トヨタ、ナビ向け「多機能トイレ」情報サービス開始、ウェルフェア2015で公開

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-2-min

T-Connect/G-Linkナビ向けアプリに多機能トイレナビ(東海3県版)を追加

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、T-ConnectおよびLexus G-Linkナビゲーション(以下、ナビ)向け専用アプリ「Apps(アップス)」のラインアップとして、東海3県(愛知・岐阜・三重)における高速道路や一般道路の休憩スポット等に設置された多機能トイレ*1情報の検索やルート案内が可能となるアプリ「多機能トイレナビ(東海3県版)」を追加設定し、5月21日よりサービスの提供を開始する。

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-1-min

本アプリは、車いす利用者など身体の不自由な方にも、クルマでもっと快適かつ円滑に移動していただくために、高速道路のサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスをはじめ、道の駅、ウェルキャブステーション*2を対象に、駐車場から当トイレまでの段差の有無やその詳細仕様等の情報を収録するドライブ支援サービスとして開発した。

5月21日からの国際福祉健康産業展ウェルフェア2015で展示

利用者は、本アプリの起動により、施設ジャンルと利用者ニーズ(手すり位置、介護ベッド・おむつ交換台・オストメイト有無等)の2つから検索・絞り込みが可能で、自車位置付近における対象施設の詳細情報を表示させ目的地として設定できるほか、最初にナビ画面で目的地を設定した後は立ち寄り地点(またはナビの追加目的地)としても設定することができる。

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-8-min
メインメニュー画面
toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-7-min
「現在地付近」の対象施設 表示画面
toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-6-min
「ジャンル」選択画面
toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-5-min
「設備」選択画面
toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-4-min
「施設情報」画面
toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-3-min
「詳細情報」画面

今回、本アプリの開発にあたっては、NPO法人伊勢志摩バリアフリーツアーセンター*3に監修を依頼し、同センターが提唱する「パーソナルバリアフリー基準*4」の考え方に基づき、集約・整備する情報の種類やアプリの使い勝手等についてアドバイスを得た。

なお、トヨタは、本アプリ「多機能トイレナビ(東海3県版)」を5月21日(木)から23日(土)までの3日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催される「国際福祉健康産業展ウェルフェア2015」のトヨタブースにて展示する。

——————————————————————

*1 車いす利用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、おむつ替えシート、オストメイト対応などを備えて、車いす利用者だけでなく、高齢者、障がい者、子ども連れなど多様な人を利用可能とするトイレ。

*2 福祉車両(ウェルキャブ)を体感できるトヨタの販売店店舗。
バリアフリー設計で専門の知識と経験を備えたウェルキャブコンサルタントが常駐する。

*3 伊勢志摩を中心に三重県内のバリアフリー観光情報を調査・発信しているNPO法人。2002年に日本で初めてのバリアフリーツアーセンターとして設立。鳥羽市駅前にバリアフリー旅行相談窓口を開設する。

*4 バリアフリーの基準を設備の有無や数値などによって定めるのではなく、「旅行者それぞれの状態と希望を基準として考える」思想。日本バリアフリー観光推進機構が全国基準として標準・統一化する。

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-9-min

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-10-min

toyota-the-navigation-for-multi-function-toilet-information-services-start-published-in-welfare20150516-11-min

第18回 国際福祉健康産業展(ウェルフェア2015)
開催日5月21日・22日・23日、ポートメッセ名古屋
(名古屋市国際展示場)あおなみ線「金城ふ頭駅」

関連記事
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施

ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

MEGA WEB、ヒストリーガレージ内で「名車コレクション」アプリ運用中

mega-web-in-history-garage-great-car-collection-app-in-operation20150516-5-min

クルマに近づくと、車の由来やスペックなどが愉しめるアプリ

お台場で、MEGA WEB(以降、メガウェブ)を運営している株式会社アムラックストヨタ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大野睦彦、以降、メガウェブ)と、株式会社夢現舎(本社:東京都八王子市、代表取締役:飯田公司)は、株式会社芳和システムデザイン(本社:東京都大田区、 代表取締役社長:大崎芳貴)、株式会社アウリス(本社:東京都港区、代表取締役社長本社:高岡潤一)協力のもと、モバイルアプリケーションを利用した無線通信システムiBeacon(アイビーコン)による「名車コレクション」アプリサービスの試験運用をメガウェブ(東京都江東区青海のパレットタウン)内で開始している。

「名車コレクション」アプリ概要

名車コレクションは、見て乗って感じるクルマのテーマパークであるメガウェブ内の施設「ヒストリーガレージ」で、愉しむことができるモバイルアプリ。

mega-web-in-history-garage-great-car-collection-app-in-operation20150516-4-min

外国人来場者向けに、3カ国語4言語(日、英、中[繁・簡])で、情報提供していることが大きな特徴だ。

利用にあたっては、あらかじめiPhoneに、専用アプリをインストール。そのiPhoneを持ち歩きながら、展示車に近づくと車両名が表示され、さらに画面をタップすると、そのクルマの由来やスペックなどを見ることが出来る。

古い街並みを再現した館内で、名車を見る楽しさをより身近に

例えば、展示されているトヨタ2000GTをタップすると、「わずか337台しか生産されず、名作映画の主役の愛車として登場し、世界的に有名になった車…」などのエピソードが表示されるほか、自身が施設内のどのエリアに居るかが、分かるマップ機能も実装している。

mega-web-in-history-garage-great-car-collection-app-in-operation20150516-1-min

メガウェブでは、「ヒストリーガレージの、古い街並みを再現した館内で、名車を見るというスタイルに動きのあるアプリツールを加えることで、ヒストリックカーファンだけでなく、幅広い層のお客様にヒストリックカーをより身近に感じて頂けます。

台場地域は、2020年の東京オリンピック中心エリアに近く、今まで以上に多くのお客様に、ご利用頂けることが見込まれるため、今後、施設としてどのようなおもてなしが必要になるのか、実証実験として活用させて頂いております。

今後は、お客様のご意見等を踏まえ、今後の展開策を検討して参りたいと考えています」と語っている。

「名車コレクション」アプリ 概要
■利用場所:MEGA WEB ヒストリーガレージ内
■利用料金:無料
■開発協力:株式会社 夢現舎
■アイコン説明
HOME:ビーコンの電波圏内の車両一覧
CAR COLLECTION:展示車両情報
GUIDE:ヒストリーガレージのご案内
MAP:現在地を表示
LANGUAGE:言語選択(日・英・中[繁・簡])

※アプリ動作条件:iPhone5以上、iOS7以上を搭載した端末で、
Bluetooth・位置情報サービスをオンにする必要あり。

<ダウンロード方法>
・App Store「名車コレクション」で検索

または、

iTunesアプリプレビューページの閲覧はこちらから

株式会社アムラックストヨタ関連情報

▼『名車コレクション』アプリ紹介映像

iBeacon(アイビーコン)詳細
Bluetooth Low Energy(BLE)近距離無線通信技術を利用したiOS7追加機能のひとつ。ビーコンという機器から発する電波を対応電子機器が受信し、アプリにより様々なアクションを起こすことが出来るもの。

mega-web-in-history-garage-great-car-collection-app-in-operation20150516-3-min

対応アプリの用意があれば、Android端末でも利用可能。店舗付近や店内での新商品・新サービスの情報やクーポンの配信(受信)、施設内での位置情報の提供(確認)、スタンプラリーなどのイベント開催など、多くの商業施設、店舗、企業においO2O幅広い活用されている。

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施

ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表

WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-4-min

911 GT3 RSをベースに、GT3カテゴリーための911 GT3 Rを発表

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー、以下、ポルシェ)は5月15日、ニュルブルクリンクにおいて、911 GT3 RSをベースに、世界中で開催されているGT3カテゴリーために開発されたカスタマースポーツレーシングカー、911 GT3 Rを発表した。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-3-min

この最高出力368kW(500PS)以上を発生する、レース仕様の911を開発するにあたり、軽量化、空力効率の改善、燃費の低減、ハンドリングの改善、安全性の最適化および交換部品などのメンテナンスコストの削減に特に注意が払われた。

新型ポルシェ911 GT3 Rのデリバリーは、2015年12月以降の予定

なお、この新型ポルシェ911 GT3 Rのデリバリーは、2015年12月以降の予定としている。

ニュー911 GT3 Rには、911 GT3 RSを彷彿とさせる特徴的なダブルバブルルーフが備わり、ホイールベースも先代より8.3cm長くなった。

これによって、先代のGT3 Rよりも、バランスにすぐれた重量配分を実現し、特に高速コーナリングでの挙動変化が容易なハンドリングがもたらされている。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-6-min

ボディと、新たに追加された細かなパーツ、およびサスペンションの体系的な軽量化によって、GT3 Rの重心は、先代に比べて大幅に最適化。

インテリジェントなアルミ・スチール複合構造を備えた911 GT3 RSの軽量なボディ構造は、レーシングカーとしてより理想的なベース車両となった。

フロントウインドウは、初搭載のポリカーボネートを採用

具体的には、ルーフ、フロントリッドとフェンダー、ホイールアーチ、ドア、サイドセクションとリアエンドセクション、およびリアリッドは、非常に軽量なカーボンファイバー複合材料(CFRP)で製造されており、またすべてのウインドウはポリカーボネート製だ。またフロントウインドウに、ポリカーボネートが採用されるのは初めてのことである。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-2-min

ニュー911 GT3 Rのパワーユニットは、911 GT3 RSの高性能エンジンと、ほぼ同じ最先端の4リッターエンジン。

最大200barの圧力で作動する、ダイレクト・フューエル・インジェクションと、可変バルブタイミング機構が、非常に効率的な燃焼を実現する。

さらに、この自然吸気エンジンは、広い回転域で卓越したドライバビリティーを発揮、エンジンのパワーはポルシェ製6速コンスタントメッシュ・シーケンシャルトランスミッションを介して310mm幅のリアタイヤに伝えられる。

変速動作は、911 GT3 RS同様、ステアリングホイールの使い易い位置に配されたパドルシフトによって操作していく形だ。

ブレーキシステムは剛性向上に加え、ABS制御が見直された

エアロダイナミクスは、ロードカーに準じたものだ。フロントフェンダーの特徴的なホイールアーチエアベントは、フロントアクスルのダウンフォースを増大し、200cm x 40cmのリアウイングがエアロダイナミクスバランスを改善させた。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-8-min

GT3 Rでは、911 RSR同様、ラジエーターが中央に配されており、サイドラジエーターの廃止によって、重心の位置が最適化された。また衝突時におけるラジエーターの保護性が向上し、フロントリッドのルーバーからの熱風のベンチレーションも高められている。

ブレーキシステムも改めて見直された。具体的には、剛性の向上とABSの精密な制御によって、耐久レースでさらに高い制動性能を発揮する仕様だ。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-1-min

フロントには、対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックレーシングキャリパーと380mm径スチール製ベンチレーテッド・グルーブドブレーキディスクとなり、これまで以上のタフな制動性能を保証。リアには、対向4ピストン式キャリパーと、372mm径のブレーキディスクが装備された。

ニューGT3 Rでは、安全装備にも開発の焦点が当てられている。特にさらに強化されたFT3安全燃料タンクの容量は、12リッター増加して120リッターになったが、このタンクにはフューエルカットオフ安全バルブが備わる。

ドアとサイドウインドウは取り外し可能で、ルーフの脱出用ハッチも大型化されている。新しいレーシングバケットシートによって、事故の際のドライバーの保護性能も向上している。

porsche-the-new-911-gt3-r-world-premiere-at-the-nurburgring20150516-5-min

ポルシェ911 GT3 R(991)仕様
ポルシェ911 GT3 RSをベースにしたシングルシーターカスタマーレーシングカー

エンジン
・ 水冷式水平対向6気筒エンジン(リアマウント)
・ 4,000cc、ストローク81.5mm、ボア102mm
・ 最高出力368kW(500PS)以上、(エアリストリクターによりFIA BoPに適合)
・ 4バルブヘッド
・ ダイレクト・フューエル・インジェクション
・ ドライサンプ潤滑方式

トランスミッション
・ ポルシェ6速コンスタントメッシュ・シーケンシャルトランス

ミッション
・ 機械式リミテッドスリップディファレンシャル
・ ニューマチックギアシフトアクティベーション(パドルシフト)

ボディ
・ インテリジェントなアルミ・スチール複合構造の軽量ボディ
・ インテグレーテッド(溶接)ロールケージ、FIA付録Jに適合
・ ルーフの脱着式脱出用ハッチ
・ 軽量エクステリアデザイン:
・ CFRP製ドア、リアリッド、リアウイング、ホイールアーチ、フロントおよびリアフェンダー
・ ポリカーボネート製ウインドウ
・ 脱着式ポリカーボネート製ドアウインドウ
・ FT3安全燃料タンク、約120リッター、フューエルカットオフ安全バルブ付、FIAレギュレーションに適合
・ エアージャッキシステム(4ジャッキ)

サスペンション
フロント
・ マクファーソンストラット式フロントサスペンション、車高、キャンバー角およびトー角調整式
・ センターロックホイールナット付ホイールハブ
・ アジャスタブルアンチロールバーブレード(左右)
・ 電動油圧式パワーステアリング
リア
・ マルチリンク式独立懸架リアサスペンション、車高、キャンバー角およびトー角調整式
・ センターロックホイールナット付ホイールハブ
・ アジャスタブルアンチロールバーブレード(左右)

ブレーキシステム
フロントとリアの2つの独立したブレーキ系統、ブレーキバランスバーシステムを介してドライバーによる調節が可能
フロント
・ 対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックレーシングキャリパー
・ 380mm径スチール製ベンチレーテッド・グルーブドブレーキディスク、アルミニウム製ディスクベル
リア
・ 対向4ピストン式アルミニウム製モノブロックレーシングキャリパー
・ 372mm径スチール製ベンチレーテッド・グルーブドブレーキディスク、アルミニウム製ディスクベル

ホイール/タイヤ
フロント
・ ポルシェの仕様とデザインに準拠した1ピースBBSアルミホイール、12.0J x 18オフセット17、タイヤサイズ:300/650-18(フロント)、13J x 18オフセット37.5、タイヤサイズ:310/710-18(リア)

エレクトロニクス
・ COSWORTHパワーモジュールIPS32
・ レースABS
・ トラクションコントロール

重量/寸法
・ 総重量: 約1,220kg(BoPに適合)
・ 全長: 4,604mm
・ フロント全幅: 1,975mm
・ リア全幅: 2,002mm
・ ホイールベース: 2,463 mm

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

日本初のエアレース・ワールドチャンピオンシップ直前、千葉神社で飛行安全祈願

air-race-world-championship-just-before-safety-prayer-in-chiba-shrine20150515-2-min

生年月日に基づく生まれ星のお守りにパイロット達も興味津々

「レッドブル・エアレース」に出場する全14名のパイロットが参加しての祈祷は、お祓いを受けて、体と心を浄化することから始まり、日本初開催の大会が無事に成功しますようにと、祝詞が読み上げられた。

14名を代表して室屋義秀(日本)が、願いを込めて玉串(榊の枝)をささげた後、全パイロットが正当な形式に則り、揃って「ニ礼、二拍手、一礼」で成功を祈願。

活動拠点である福島から、千葉に到着した直後に参加した室屋は、「こうして我々のために、祈祷してもらえるのは嬉しいことです」とコメントした。

air-race-world-championship-just-before-safety-prayer-in-chiba-shrine20150515-5-min

神社を出る際には、パイロットそれぞれの生年月日に基づいた生まれ星のお守りが手渡され、パイロットたちが興味津々に見入る姿も。

「できればいつも身近に置いてほしいし、機体重量の負担にならなければ飛行機にも乗せておいてもらいたい」と神社の関係者がコメントした。

千葉神社は八方除(はっぽうよけ)で知られており、日本初開催となるレッドブル・エアレースの成功を祈るのは、もちろんのこと、全世界を転戦しているパイロットたちにとっては、まさにうってつけの安全祈願の機会となっただろう。

室屋義秀選手が、自国の空を飛ぶ待ちに待った瞬間は目前

日本が誇るパイロット室屋義秀には、かなりの注目が集まっており、レース本番ではプレッシャーがかかることになるが、本人はレースを楽しみにしているとリラックスした表情を見せた。

先月、手元に届いた新機体「Edge 540 V3」を、第2戦千葉デビューさせる予定の室屋は、工場内で機体を調整したあと、自国開催のアドバンテージを活かし、充分な時間を掛けて、新機体に自分を慣らしてきた。

室屋は、レースに向けて次のようにコメントした。「先週はかなり練習しましたね。古いエンジンを新機体Edge 540 V3に積んでいますので、エンジンには慣れています。これは非常に重要なポイントですね」

———————————————————-

air-race-world-championship-just-before-safety-prayer-in-chiba-shrine20150515-4-min

室屋義秀選手 インタビュー

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ唯一の日本人パイロット、室屋義秀選手。

5月17日に千葉市・幕張新都心で開催される第2戦を目前に、レッドブル・エアレースの基礎的な話やコアな情報、そして自身が持つ今後の目標について語る。

エアロバティックス飛行と、レッドブル・エアレースの違い

エアロバッテッィクス飛行(=曲技飛行)は歴史が長くて、60年近く続いています。

レッドブル・エアレースは、2003年に始まったエアロバティックスの技術や飛行機をベースにしている競技。出場選手は、皆エアロバティックスの技術を体得しています。

レッドブル・エアレースと、エアロバティックスの違いは、技のバリエーションにありますが、フィギュアスケートのように演技の正確性を競うジャッジ競技と比べ、エアレースは操縦技術を使ってパイロンの間を通っていく完全なるタイムレースです。

審査が点数を人がつけていく採点競技なのか、タイムレースなのか、そこが最大の違いだと思います。

実際の飛行としては、エアロバティックスの方が高いところから低いところまで使いますが、レッドブル・エアレースは、主に低高度飛行です。

この高度の違いはパイロットにとって大きく違う影響を与えます。高度はある意味マージンなので、それが無い状態というのはパイロットにとって非常に負荷が高いのです。

しかしながら、エアロバティックスの技術がないとそれはできないですし、レッドブル・エアレースだけを目指してもそこにはたどりつくのはなかなか難しい。エアロバティックスを経て、エアレースに上がってくるというイメージです。

ピーター・ベゼネイからレッドブル・エアレースに参加しないかと誘いを受けた時の感想は

最初は、レッドブル・エアレースはまだ遠いところにあるような気がしていました。

エアロバティックスはやっていましたが、エアレースに出ている人はその中のトップだし、人数が限られていました。ちょっと遠い世界にあるように見えていました。

air-race-world-championship-just-before-safety-prayer-in-chiba-shrine20150515-3-min

誘いを受けたときは、「行けるのかな?行けるんだったら、行くべ!」という感じでした。でも、そのステージは遥か遠いところにある、メジャーリーグに入るような気持ちだったような、ちょっとぼんやりしている感じでした。

10Gを体験した時の感想は

エアロバティックスで使うのはEXTRAという機体ですが、レースで使うのはEdgeという機体で、軽量且つパワーがあります。

従って、エアロバティックスと比べて、Gがかかる時間も含めて、倍くらいあります。

エクストラは、ある程度までかかるとGが抜けていくので、それを基準に考えていたため、それ程変わらないと思っていました。自分には経験も結構あるし大丈夫と思っていました。

レース機最初に乗ったときは、「キツいなー、これはできるのかな?」と思いました。正直なところ、「これはヤバイ」とも思いました。

今でもそうですが、シーズン頭、たとえば機体の整備が終わってシーズン始まった初日はやはりきついです。初日、二日目では「きついなー、これ(自分は)いつまでやるのかな。これできるのかな」などと思います(笑)。

10Gトレーニングするためのコツ

身体は腹筋、背筋、コアを鍛えたほうがいいとは言われています。あとは人体の動作、対耐G動作みたいなもの。頭の中の血圧を上げて、身体をふんばって、止めて上げる、みたいなトレーニング、動作の仕方を日々練習します。

あとは飛びながら訓練しています。飛ばないとGはかからないので、飛びながらGをかけてやるというのが大事。

パイロットの平均年齢が高いが(例:ベゼネイ58歳)、彼らはどのように鍛え、どのように維持しているか

例えば、ピーター・ベゼネイさんは、結構エアロバティックスのトレーニング量も、全体的なトレーニング量が違う時代の人です。

冷戦下のソ連など、無制限にトレーニングしていたようなところがあり、今残っている人たちはその世界の特殊な人たちですけど、彼らの体とかを見ても結構締まっています。相当いろいろやっているのだと思います。

若い頃から、ある程度身についていれば、維持できると思います。特にトップレベルの人であれば、身体の力をうまく使えると思います。ぼくらの年齢でこれから行くとしたら、難しいと思います。
ああいう年齢であの体型を維持する方法は、逆に僕が聞きたいくらい!

本格的に訓練を始めた頃はどうだったか

いくらやってもきついですけれど、Gを含めて色々と慣れてはいきます。機体の性能もわかってきますし…。

falken-the-booth-to-empty-f1-·-red-bull-air-race-chiba-201520150509-3-min

それ自体に体は適用していきますが、それは最低条件であって、その条件の下で微妙なコントロールをしていかなくちゃいけない。そこは差が出る繊細な部分でとても難しいです。

100がマックスだとして、訓練で98ぐらいまでは上がるが、そこからがいけそうでいけないところであるので、いろんな意味で課題だったりします。

マット・ホールの様な空軍出身のパイロットもいるが、エアロバティックスの経験は

もともと彼はエアーショーなどもやっていました。

我々と一緒に10か月間トレーニングもしましたし、エアロバティックスのパイロットとしても非常に優秀です。ただ空軍だけの経験だけでは、きっと飛ばせないでしょうね。

空軍出身など、身体の基礎は違うか

空軍出身者は、トレーニングシステムなどが充実していると思います。教育もよく受けているから、いろいろなことをよく知っている印象です。

今までレースで行った中で一番好きな国は

クロアチアが良かったです。表彰台に上がれた大会だったので、印象に残っているということもありますが、街がすごくきれいで、こじんまりした印象的な街でした。表彰台に立つのはやっぱりいいですね。

陸と海でのレースはどちらがいいか

僕らにとってはあまり変わらないです。海の方が障害物がないので、パイロットとしてはその分楽です。アスコットのように木の間を飛んでいくのは結構刺激的です。

レースに向けての準備で大変なことは

いろいろあると思いますが、パイロットだったら「心技体」と言いますが、それがチーム全体のことを指していたり、「体」と言ったら機体も入っていますし、いろんな要素があります。

それを全て、ちょっとずつ見つつ、他に追いつく、追い越すように努力しているので結構大変です。

世界中を回るので、様々な国でパーツの手配、輸送の手配、整備など、対応しなければならないことがとても多いです。

「TEAM MUROYA 31」ではどんな役割

チームをどう設定するかはパイロットの役割です。

その設定さえすれば、みんなそれに沿って動いてくれます。チームマネージャーは別にいますが、チームマネージャーをアサインするのは自分の役割です。

falken-the-booth-to-empty-f1-·-red-bull-air-race-chiba-201520150509-4-min

チームには色んな国籍の方がいますし、そもそも人が何人か絡めば要対応なことが色々と出てくるので、取りまとめることにも時間を割く必要があります。

自分がライバルと見ているパイロットは

意外と聞かれますが、特に居ないと考えています。

僕を含めて、2009年デビューした4人はいい仲間であり、ライバルですかね。

マット・ホール、ピート・マクロード、マティアス・ドルダラーと僕ですけど、みんな去年からぐっと成績上位にいますし、みんな10か月以上一緒にトレーニングしていますし。

ある意味手の内も知りつつ、いいライバルでもあり、その4人組の中で競いあっている感じはあります。

自分の飛行スタイルはどんなスタイル

難しいですね。サムライ・スタイルとでも言ってくれれば。

空手などで言う「型」みたいな、型をピシっと決めていく、そういう風なスタイルが好きです。

飛行前にイメージトレーニングはどのようにするか

精密に頭の中でコマ送りをして、コースを大体覚えていって、撮ったビデオも見つつ、どのタイミングでなにをするかを覚えていきます。

離陸したらこの辺でなにをする、ちょっとあげて左にターンして、というように、頭の中で1秒間に10フレームくらいにしてずっと正確にやっていきます。

パイロンがここでこう見えたのでこうする、というのを、結構正確にずっと考えてやっていきます。頭の中でコマを作っていって、徐々に1倍速にしてつないでやっていく。

パイロットによっては缶を立ててイメージングしますが、これは一番最後の確認です。ターンをする場所をイメージしてやっていく。

コースレイアウトの微妙な変化にも気づくか

元々来ていた図面とコースレイアウトが違っている、ということは以前たまにありました。

ずっとイメージしていたものと変わっていたり。とはいえ風が吹くと機体が流されたりするし、他の要素も加わってくるので結構イメージしているものと実際の飛行は変わります。

競技の中で一番きつい技は

今はバーチカル・ターン系統のものが結構きついです。最近は水平で回るコースが多くなってきています。

水平で回るのも、4秒などの高いGがかかるときついですし、本当に目いっぱいターンするのは技術的にもむずかしいのでそこがきついです。

今話題になっているウィングレットをつける効果は

翼の端は空気が巻いています。ウェイングレットをつけている旅客機の場合は空気抵抗が減りますが、エアレース用の機体の場合はターンをするので、ウィングレットをつけると面積が増えるため、どっちがいいかという議論はありました。

ナイジェル・ラム等が、つけて結果的に速くなったので、良さそうだということでみんな付け始めました。

新しい機体、Edge V3について

V2と比べてV3は機体の基本構造は同じですが、カーボンなどをよりよいものにして、重量が50kgほど落ちています。

air-race-world-championship-just-before-safety-prayer-in-chiba-shrine20150515-1-min

空力の洗練や細かい部分を改善しているので3%程性能が上がっています。タイムで言うと1秒から1.5秒は順当にペースで上がるくらいの性能。

1秒速くなると、レッドブル・エアレースではファイナルに残れるくらいです。非常に性能が良くて面白くなります。

Edge V3はオーダーメイドか

操縦席まわりとかは自分に合うようにフィットさせています。基本構造はレギュレーションでいじれないので、操縦席、セッティングなど様々な箇所を調整しています。

今までとどう違うか

機体はとても軽いので操縦性が良いです。もっとトリッキーかと思っていましたが、非常に落ち着いています。操縦もしやすく、いい感じです。

Edge V3を作るにあたっての裏話

もう一段階改造を進めていて、今現在もパーツを作っています。日本戦の開催があることがはずみとなって、導入にこぎつけました。日本戦がなければできなかったかもしれないです。

今シーズン、来シーズンの目標は

狙うメインの目標は、来年のシリーズチャンピオンです。来年はシーズンスタートから勝ちに行ける体制を作るために、今からいろいろな準備をしています。

機体の導入もその一環。今年はセッティングを色々と調整して、落ち着いて来ればファイナルに残ってくると思うので。

今シーズンは4位くらいにポジションを固められるくらい、きちっとチームと体制を固めていきたい。2016年は頭から勝ちにいけることを目標にしています。

日本で初開催のレッドブル・エアレースに関して

生で見るのと映像は全然違います。やっぱり足を運んでもらって見てほしい。生の迫力は、自分もびっくりするくらいでした。

映像でもちろん見ていましたが、それでも最初見たときは「この人たちは本当にすごいな」と思いました。

生の迫力とスピード感をぜひ見てほしい。細かいところは言わなくても、見ればわかります!

幕張の会場の注目ポイントや特長は

風とかですかね。でも意外とフラットで安定した場所だと思います。戦略的にちょっと他のコースとは違う感じになりそうです。

競技で飛んでいるときに観客は見えるか

競技中はさすがに見えないです。レース入る前に上空で待機しているときはチェックしますから、当然いっぱいいれば分かります。

皆様からの声援は後押しになると思います。自分ひとりでやっているわけではないので、チームがあって、ファンがあってなので、やっぱり燃えますよね。

パイロットになりたい少年少女へのアドバイス

パイロットになるのはそんなに難しくないので、なりたい人はすぐ兆戦できます。

パイロットライセンスを取るには最低40時間。それに比べてクルマは35時間です。学科もありますが、飛ぶということは言うほど難しくはないです。

遥かかなたのものではないですし、やろうと思えばできるので、興味があればインターネットで調べてみてください。決してやれないことではないです。

福島を活動ベースにしているが、そこから見えてくる日本の現状とは

福島は結構甚大な被害を受けていて、復興までおそらく30年40年の時間はかかると思います。私自身、元々震災前から福島をベースにしているので、震災前と比べ活動の内容自体は変わらないです。

震災後で言えるのは、その「福島から世界に向けて戦うこと」に意味が出た、という形。元々やっていたのでそこは変わらずですが、今となっては思っていた以上の意味が出てきました。

それを背負っていくということは自分としては変わってはいませんが、福島県民にとって明るい光になれればと思っています。一県民、一社会人としてできることをやりたいと思っています。

レッドブル・エアレースが日本にやってくる意味は

超巨大なイベントを日本でやることは維新みたいなものがあると思います。

日本における小型機の世界は世界に比べて相当遅れているので、レッドブル・エアレースみたいな規模のイベントを開催できるのは大きなステップです。

飛行機の世界では、「そんなこと絶対できないでしょう」と言うのが大方の意見でした。

レッドブル・スピリッツと言いますか、レッドブル・エアレースを実行することは、世に甚大なる影響を及ぼすと思います。終わってからしばらくしてかもしれませんが、後から伝説となってゆくのではないでしょうか。

———————————————————-

Red Bull Air Race Chiba 2015のレーストラックについて

千葉大会は、海岸線に沿って一直線に設けられ、通常の2周では無く、途中からスタートし、両端で折り返してゴールするレーストラックになっている。

falken-the-booth-to-empty-f1-·-red-bull-air-race-chiba-201520150509-1-min

ほぼ直線コースであり、スピードが速い機体が有利である点と、向きが瞬時に変わる強い海風の中でリズムを失わずにテンポよくエアゲートをパスする事、そして2回の折り返しをいかに効率よく攻略できるかがポイントとなる。

Red Bull Air Race日本・千葉市での初開催は目前

日本におけるエアレース会場となる千葉県千葉市は、首都圏に位置する人口約100万人の政令指定都市であり、成田空港と羽田空港の中間に位置。

決戦の会場は幕張新都心だ。ベイエリアには、日本最大の4,320メートルの人工海浜が広がり、海浜幕張駅周辺にはショッピングエリアやレストランが充実。

さらに、駅周辺、ホテル内では無料WIFIエリアが設けられている。風が強いコンディションで実力を発揮する室屋義秀選手は、この空域での飛行経験がある上に、新型機EDGE 540 V3によりスピードを得た事で好結果が期待される。

[予選] 5月16日(土) [決勝] 5月17日(日)
※[予備日] 5月18日(月)

[開場] 10:00
※スカイラウンジ・レースクラブの開場時間は11:00

[競技開始]
[5/16(土)予選]11:30 チャレンジャークラス予選 / 16:00 マスタークラス予選
[5/17(日)決勝]12:00 チャレンジャーカップ / 13:00 マスタークラス ラウンドオブ14 / 15:00 ラウンドオブ8 / 15:30 ファイナル4

[開催場所]幕張海浜公園

※時間は変更になる場合がございます。
※正式なスケジュールは、大会前に改めて発表致します。
※レッドブル・エアレースは高さ25mのパイロンで構成された空中コースを低空飛行する競技です。会場外から競技をご覧頂くことはできませんので、予めご了承ください。

Red Bull Air Race Chiba 2015
「レッドブル・エアレース 世界選手権 2015 第2戦 千葉」
■TV放送局 NHK BS1
■放送日時 5月17日(日) 20時00分~22時00分

レッドブル・エアレース公式Webサイト

関連記事
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉にブース出展

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

D1グランプリ第2戦「鈴鹿サーキット」、ニコ生LIVE放送実施

「ニコニコ生放送」によるインターネットLive配信を実施

株式会社サンプロス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木賢志)と、株式会社モビリティランド(所在地:三重県鈴鹿市、代表取締役社長:増田浩)は、5月16日(土)〜17日(日)に鈴鹿サーキット・東コース(三重県鈴鹿市稲生町7992)において、「2015 SUZUKA DRIFT」を開催する。

220km-d1-grand-prix-second-leg-suzuka-next-month-held-of-drift20150412-2

なお2015 TOKYO DRIFTにて、累計で32万超の視聴者数、約12万のコメント数を記録した日本最大級の動画サービス「niconico」(運営:株式会社ドワンゴ)内におけるインターネットLive配信の継続実施が既に決定済み。配信日程の概要は以下の通り。

ニコニコチャンネル「D1グランプリ公式チャネル」配信日時

220km-d1-grand-prix-second-leg-suzuka-next-month-held-of-drift20150412-1

◎過去放送
【2015 D1 GRAND PRIX 第2戦直前】
2006-2008 SUZUKA DRIFT
放送日時:5月13日(水)20:00~
放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219489119

【2015 D1 GRAND PRIX 第2戦直前】
2011-2012 SUZUKA DRIFT
放送日時:5月14日(木)20:00~
放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219489753

【2015 D1 GRAND PRIX 第2戦直前】
2013-2014 SUZUKA DRIFT
放送日時:5月15日(金)20:00~
放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219490039

◎LIVE中継
世界最高峰のドリフトイベント
「2015 D1 GRAND PRIX Rd.2 SUZUKA DRIFT」Day1& Day2生中継
・Day1:放送日時:5月16日(土)13:00~
放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219483674
・Day2:放送日時:5月17日(日)9:00~
放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv219484441

関連記事
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿いよいよ開催

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

NEXCO東日本、富士スピードウェイ2015インタープロトシリーズに参戦

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-10-min
今年も「インタープロトシリーズ」への挑戦を続けるNEXCO東日本こと、東日本高速道路株式会社

第1・2戦は、2015年5月16日(土)~17日(日)

NEXCO東日本こと、東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:廣瀨博、以下、NEXCO東日本)と、ネクセリア東日本株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒川真、以下、ネクセリア東日本)は、今年も昨年に引き続き「インタープロトシリーズ」に参戦する。

具体的には、2013年よりスタートした「インタープロトシリーズ」に参戦する「Team Kurosawa」へのスポンサー活動を引き続き継続。今年も「Pasarレーシングカー」を応援していく構え。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-6-min

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-8-min

NEXCO東日本と、ネクセリア東日本は、「本スポンサー活動を通して、サーキットでのイベントはもちろん、高速道路のサービスエリア・パーキングエリアにおいてもイベントを企画致します。

こうした企画を通して、クルマの楽しさや、クルマの旅の素晴らしさ、交通安全やドライブマナーに関するアドバイスなどを、皆さまに分かりやすくお伝えて参ります」と述べている。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-5-min

■「Pasarレーシングカー」とは
NEXCO東日本が展開する道ナカ商業施設「Pasar(パサール)」仕様にデザインを統一したレーシングカーが、Pasarレーシングカー。

ワンメイクマシンで争われるシリーズのため、出走マシンのすべてが、4リッターV型6気筒エンジン(エンジン出力は、およそ340ps)をミッドシップに搭載したワンメイク。タイヤも横浜ゴム(ADVAN)のワンメイクとなっている。

カーボン及びパイプスペースフレーム製シャシーに、グラスファイバー製ボディーを被せた構造。車重は約1100kgのキット状態で販売される。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-1-min

車体には「NEXCO 東日本」のロゴを掲出。監督兼ドライバーは黒澤琢弥氏、イメージガールをタレントの小泉みゆきさんが務める。

■「インタープロトシリーズ」とは
「Driving Competition」をテーマに車両の過度な開発を抑制することで「均一化された道具(車両)を使ったドライバーの技量(ドライビングテクニック)による競争」を実現した、新しいアプローチのヒューマン・モータースポーツ。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-2-min

レースはジェントルマンドライバーと、プロドライバーがペアでマシンをシェアし、業界初の「プロ・アマシリーズ戦」として2日制で開催される。

具体的には、レース初日に「ジェントルマン」および「プロの予選」、「ジェントルマンの決勝第1レース」を実施。レース2日目に「ジェントルマン決勝第2レース」と「プロの決勝レース」が行われるのがデフォルトとなっている。

■「Team Kurosawa」とは
チームオーナーである黒澤琢弥氏が「プロクラス」で自らステアリングを握り、「ジェントルマンクラス」には、WTCCやスーパー耐久で活躍中の谷口行規氏を起用して両クラス制覇を目指す。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-4-min

マシンのメンテナンスはスーパーフォーミュラーやF3等で実績のある「KCMG」に委託し、強いチーム作りを目指している。

<インタープロトシリーズ(IPS)開催概要>
・実施場所:富士スピードウェイサーキット
・実施日時 (日程・シリーズ)
5/16(土)、5/17(日)・・・IPS 第 1戦 – 第2戦
7/20(月)       ・・・IPS 特別戦 2時間セミ耐久レース
9/26(土)、9/27(日)・・・IPS 第 3戦 – 第4戦
12/5(土)        ・・・IPS 第 5戦 – 第6戦

■黒澤琢弥 プロフィール
1988年全日本F3選手権で頭角を現し、翌89年には全日本ツーリングカー選手権のドライバーに抜擢される。また翌90年には、国内最高峰フォーミュラであるF3000のドライバーも兼務し、事実上日本のトップドライバーとして一躍有名となる。

1997年には、名レーサーである星野一義氏の引退時に「自分の変わりは黒澤しか居ない」と星野氏直々の指名を受け、チームインパルのエースドライバーとして活躍する。

国内で数々の実績を残し、2000年に念願のアメリカ最高峰レースであるCARTのドライバーとして渡米。第3戦ロングビーチでは、82周の中で55~61周日本人初のラップリーダーを成し遂げた。クラッシュを原因として、2001年からは日本に戻り、F3000やツーリングカー選手権(後のSUPER GT)で活躍をする。

■黒澤琢弥氏のレースに対する意気込み
いよいよプロジェクトも3年目に入りました。今年は自身のレース活動が30周年を迎えます。記念すべきこの年に、結果を残せるよう、果敢にチャレンジをしていきます。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-3-min

昨年、立ち上げたTeam Kurosawaは、インタープロトシリーズを中心に「本気でRACEを戦うプロフェッショナル レーシングTEAM」として、活動しています。

また「スマートセーフティー」というキーワードを掲げ、高速道路のマナーUPや交通安全にも全力で取り組みます。 応援、宜しくお願い致します。

nexco-east-japan-and-participated-in-the-fuji-speedway-2015-inter-proto-series20150515-11-min

■小泉みゆき プロフィール
香川県高松市生まれ。東京を拠点に地元香川県や全国でタレント、モデル、レポーターなどの活動を行う。
経歴:ミンティアガールズ47 2010~2011香川県代表
SUPER GT 2009~2011 レースクイーン

インタープロトシリーズWebサイト

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意

日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益

フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

無限、新型SHUTTLE(シャトル)モデファイド・パーツ発表

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-10-min

5月15日より全国HondaCars・無限パーツ取扱店から

無限(株式会社M-TEC、埼玉県朝霞市、代表取締役:永長眞、以下無限)は、この度、本田技研工業株式会社から発表・発売される新型「SHUTTLE」に対して各種パーツを開発・発表し、5月15日(金)より順次全国のHondaCarsおよび無限パーツ取扱店から発売する。

SHUTTLE用無限パーツは、『CREATIVESPORTSWAGON』をコンセプトに、「上質」「個性」を求めるドライバーに向け、ボディ同色のフロントスポーツグリルを筆頭とするスタイリッシュなエアロパーツ。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-9-min豊かな風合いの生地素材を、選りすぐって採用したスポーツマット。デュアルタイプのデザインが迫力のスポーツサイレンサーなど、『SHUTTLE』の延長線上に、理想を求めるスタイルを具現化させたパーツをラインナップした。

確かな性能でユーザーの満足感を高めるラインナップ

まずエアロパーツは、ボディ同色デザインを採用したフロントスポーツグリル。張り出し感と、上質なラインをバランスさせたフロント&リアのアンダースポイラー。

シルバー(スーパープラチナ・M)と、カラードで塗り分けてSHUTTLEの上品さに適合させたサイドスポイラーなど、スポーティさを主張しつつも、上質なテイストを取り入れたデザインとしている。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-7-min

機能系パーツにおいても、デュアルタイプのデザインを採用したスポーツサイレンサー。切削面の曲線と、ブラック塗装のデザインで力強さと美しさを表現したアルミホイール「MDG」を筆頭に、SHUTTLE専用チューニングのスポーツサスペンションといった確かな性能を求められるパーツも設定し、走りにこだわるユーザーの満足感を高めるラインナップとした。

無限ならではのデザイン・機能面にこだわり抜いたラインナッ

インテリアパーツでは、これまで高評価を獲得してきた「ブラック×レッド」と「ブラック」のデザインを採用したスポーツマットと、スポーツラゲッジマットを用意。

カーボンセレクトノブや、スカッフプレートなど、ドライバーの手に触れるパーツも、その品質をさらに高めてラインナップ。

その他、無限レーシングエンジンの構成部品と同じマシニングマシンで切削加工を行うチタンエンブレムや、ナンバープレートボルトなど、無限ならではのデザイン・機能面にこだわり抜いたパーツラインナップとなっている。

-AluminumWheel「MDG」 –
切削面の流麗な曲線と、ブラック塗装部分の立体的なデザインで、美しさと力強さを表現した。

このデザインは、SHUTTLEの上質なデザインにマッチする他、スタイリングに迫力を与えることにも寄与。無限エアロパーツの装着車だけではなく、ノーマル車両へも優れたマッチング性が約束されている。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-1-min

またそのリム構造には、丁寧なスピニング加工を施すことで、薄くシャープなスタイリングを達成しながらも、高い剛性を実現、軽量化にも大きく貢献している。

サイズは、17×7Jインセット60。カラーは、切削面の質感とブラック塗装のコントラストが映えるブラックミラーフェイス。

そこ構造は、鋳造1ピースホイールタイプ。推奨タイヤサイズは205/45R17。専用ホイールナットは別売り。

フロント・サイド・リアアンダースポイラーとアルミホイール「MDG」4本セットを無限パッケージとして提案するエアロ&ホイールセットは、標準価格よりもお買い得な価格に設定している。

-Aerodynamics –
フロントアンダースポイラーは、フロントバンパーに沿ったラインと張り出し感を上品にバランスさせたデザインを採用した。

サイドスポイラーは、SHUTTLEの車格に合わせてシルバー(スーパープラチナ・M)と、カラードで塗り分けて上 品さを主張する2トーン仕様となっている。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-8-min

リアアンダースポイラーは、さりげないディフューザー風の造形が上質でスポーティな 印象を与えるデザイン。

フロントスポーツグリルは、ボディ同色のカラード仕上げと標準装備グリルを組み合わせ、 スマートかつスポーティなフロントマスクへと変化させることが可能。

-SportsSilencer –
高い排気効率と消音性能を両立したスポーツサイレンサー。エンジンスタート、ストップ時の自然なフィーリングと高回転域でのスポーティなエキゾーストノートを両立。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-6-min

チタン製のフィニッシャーは、φ75のデュアルタイプを採用。その他はステンレス製。無限リアアンダースポイラーまたは標準装備バンパーとの組み合わせで装着可能。保安基準適合の交換用マフラーとして事前認証制度認定品。

-SportsSuspension –
優れた旋回性能と高速安定性、そして乗り心地をバランスさせたSHUTTLE専用チューニングのスポーツサスペンション。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-2-min

ダンパー、スプリングのセットとなっている。車高は約-20mmの設定。

-HydrophilicLEDMirror –
標準装備ドアミラーと、交換タイプの親水性広角ブルーミラー。紫外線や太陽光の眩しさを軽減するとともに、夜間走行時には防眩効果を高め、目の疲労を軽減する。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-11-min

親水コートにより、付着した水を膜状に拡散することで、雨天時の視界を確保。曲率をR側、L側ともに1000Rとすることでワイドな後方視界も確保されている。

ウインカー使用時は、鏡面に内蔵したLEDがウイ ンカーに連動して発光する。

-VentilatedVisor –
走行時に発生する負圧により空気の排出を効率的に促すとともに、ウインドウ開口時に浸入しがちの雨滴や、他車が跳ね上げた雨水の浸入を防ぐなど、バイザーとしての利用快適性を大幅に向上させたベンチレー テッドバイザー。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-3-min

フロントバイザー本体下端に装備されているゴムブレードにより、ウインドウを少し下げた状態(※)でも、後方は閉じられた状態とし、開口部位を前方に限定することで室内からの逆流を抑止。フロント/リアの4枚セット。(※)ウィンドウ上端がゴムブレードより上方位置にある場合

-CarbonSelectKnob –
アルミニウム素材に、ドライカーボンを積層させた、球形状のセレクトノブ。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-12-min

φ50という適度なサイズとすることで、操作性を向上させ、スポーティなシフトチェンジをアシスト。上部に、無限ロゴを配したタイプと、サイドに無限ロゴを配したタイプが用意されている。

-SportsMat –
機能とデザインを両立し、SHUTTLEの内装に合わせた質感とスポーティさを演出するスポーツマット。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-4-min

素材は目付け量の多い生地を採用すると共に、メタルプレートの無限エンブレムをフロント左右とリアのセンターマットの3カ所にレイアウト。カーペットは、耐久性に優れたナイロン素材、裏地にはフロアとマットのズレや滑りを防ぐポリエステル素材を採用。

また、ドライバーズマットには摩擦を防止するヒールパッドを装備。カラーはレッドのエッジと、ヒールパッドを採用し、スポーティイメージを主張する「ブラック×レッド」(写真)と、シックな「ブラック」を設定。

-SportsLuggageMat –
ラゲッジスペースの汚れを抑止するスポーツラゲッジマット。スポーツマットと同様の材質を採用し、高い質感と耐久性を実現。

mugen-new-shuttle-shuttle-modefai-de-parts-announcement20150515-5-min

カラーはレッドのエッジを採用し、スポーティイメージを主張する「ブラック×レッド」と、シックな「ブラック」(写真)を設定。

無限シャトル専用Webサイト

その他の記事(新車関連)
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売開始
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈

電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合

オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス

日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売

アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる

TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立

JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

ホンダ、新型コンパクトステーションワゴンSHUTTLE(シャトル)販売開始

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-13-min

新コンセプトのコンパクトステーションワゴンとして再登場

本田技研工業(本社:東京都港区、社長:伊東孝紳、以下ホンダ)は、5月15日より、コンパクトボディを持つ新ステーションワゴン「SHUTTLE」(シャトル)を発売する。

シャトルという車名は、スペースシャトルの様に「人と荷物を安全に、先進の技術で運ぶ」というイメージから命名され、今から32年前の1983年に「シビック・シャトル」として初登場した。

以降、2011年からは「フィット・シャトル」と名前を変えながら、5ナンバーサイズならではの扱い易さと、広いスペースユーティリティー性で、市場から受け入れられてきた。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-2-min

今モデルでは、優れた燃費性能、堂々とした存在感あふれるフォルム、クラス最大(5ナンバーステーションワゴン枠・ホンダ調べ、以降も同様)のフラットなラゲッジスペースを持ち合わせつつ、上質な走りも求めた、新コンセプトのコンパクトステーションワゴンとして、再登場を果たした。

新シャトルは開発当初から、単独モデルとして開発を進めてきた

これまでの「シャトル」は前述のように、車体骨格にフィットと同一のプラットフォームを利用してきたという経緯から、「フィット」のカテゴリーモデルとして存在してきた。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-15-min

しかし実際の市場性で、両車はハッチバックボディと、ステーションワゴンという指向性の異なるモデルであること。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-12-min

それを踏まえて、シャトルに対して自動車ユーザーが求める「価値」に、フィットとの違いが明確に生まれてきた事。

販売価格面でのプライス幅にも、異差が生じてきた事などから、今回、あえて同一シリーズ上のクルマとして位置付けるよりも、むしろ「シャトル」として独立させた方が「お客様にも受け入れて頂き易い」(新型シャトルの開発を担った本田技術研究所の磯貝尚弘主任談)とし、今モデルの開発当初から、単独モデルとして開発を進めてきたという。

コンパクトワゴンとしての機能追求に、徹底的に拘る

そこで具体的には、先の1983年発売の初代シビックシャトルが謳った「ライフクリエイトワゴン」のDNAを引き継ぐことを決め、コンパクトワゴンとしての機能の追求に、徹底的にこだわってきたのだと云う。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-9-min

特に、ラゲージスペースは、1クラス上のモデルに匹敵する570リットルの容量を確保。大きな開口部やフラットな床面、リヤシートの裏側上部に設置した、花束などをお洒落に収納できる折りたたみ式の「マルチユースバスケット」など、新たなアイデアも採用している。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-8-min

使い易さと上質感を追求した、クラス最大のラゲッジスペースは、容量はもちろん、荷物に応じて使い分けられる便利で豊富な収納スペースを設ける等、快適な使い勝手も実現している。

5ナンバーワゴンクラストップの優れた燃費性能を達成

なお同車に搭載されたパワーユニットは、アトキンソンサイクル(シリンダー内燃焼を基礎に、圧縮比よりも、膨張比を大きくして熱効率を改善する仕組み)の1.5リッター直4ガソリンエンジンに、モーターを内蔵した7段デュアルクラッチ式ATを組み合わせたハイブリッドユニットと、ガソリンエンジンを単体で搭載したタイプの2種類がある。

ハイブリッド車には、環境性能とスポーティーな走りを融合したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD(Intelligenlgent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略)」を採用。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-1-min

一方、ガソリン車には、軽快な走りを提供する1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンを採用した。

気になる燃費に関して、ハイブリッド車は、クラストップ(5ナンバーステーションワゴンとして・ホンダ調べ)となる34.0km/L(JC08モード・HYBRID<FF>メーカーオプション非装着車・国土交通省審査値)という優れた燃費性能を達成。

また、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車としては、初めて4WDを設定(ホンダ調べ・2015年4月現在)した。

【シャトルの主な特長】

■躍動的で存在感のあるスタイリッシュなエクステリア

・コンパクトワゴンでありながら、流麗で伸びやかなルーフラインと、存在感あふれるダイナミックなロアボディにより、ステーションワゴンとしての機能を最大化しながらも、新しい価値を体現する独創のスタイリッシュフォルムを実現。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-14-min

・フロントグリルとヘッドライトを一体造形にすることで、ホンダ独自のデザインアイデンティティー「ソリッド・ウイング・フェイス」が、ワイドで先進的なイメージを強調している。

・インラインタイプのLEDヘッドライトを新開発した。これは、LED光源をリフレクターで反射させる構造により、ヘッドライト全体が、ひとつの面のように光るデザインを実現したもの。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-5-min

ヘッドライトに、シャープな印象を与えるライン状のポジションランプを組み合わせることで、フロントグリルとの一体感を高めている。

■卓越した質感と使い易さで、乗る人の心を満たすインテリア

・柔らかい触り心地の大型ソフトパッドを、大胆に取り入れたダッシュボードの中央には、ドライバーを包み込むように広がるクリスタルブラックパネルを配置。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-7-min

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-4-min

・運転席と助手席に、パーソナルな空間を創出するハイデッキセンターコンソールを採用。大型アームレストを備えるとともに、ドリンクホルダーやトレイ、フロントコンソールポケットを運転席と助手席から手の届きやすいように配置。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-6-min

また、タブレット端末も入る大型コンソールボックスを設けるなど、乗る人にとってくつろぎと快適な使い勝手を実現。

・シート素材は、極細繊維を用いて高密度構造とすることで、スウェードを上回る滑らかで柔らかな触感を追求。

■ステーションワゴンの空間価値を最大化したパッケージング

・5ナンバーサイズのコンパクトなボディーでありながら、広々とした室内空間を実現。

・5名乗車時で、荷室容量は、クラス最大の570L(HYBRID<FF>の場合。床下収納スペース<30L>を含む。数値はVDA方式によるHONDA測定値)を確保。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-11-min

後席を倒した2名乗車時には、荷室長は最大184cm、荷室容量は最大1,141Lまで拡大。

・フラットな床面に加え、リア開口部は大きく低くすることで荷物の積み降ろしがし易く、使い勝手の良いラゲッジスペースとしている。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-10-min

・開放感のある頭上スペースを確保しながら、ほとんどの立体駐車場に入庫可能な(すべての立体駐車場に入庫可能とは限らない。また表示上では入庫可能な駐車場でも、施設の車高検知センサーによる警告や、車高制限バーへの干渉で入庫できない場合がある)全高1,545mm(4Wd車は1,570mm)を実現。

■乗る人が快適に使える、工夫を凝らしたラゲッジ装備

・大切な小物などを置けるスペースとして、後席のシートバックに「マルチユースバスケット」を装備。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-3-min

左右別々に使うことが出来、リアシートからも簡単に手が届く。また、使わないときは折りたたむことができる。(HYBRID X、HYBRID Z)

・汚れに強い樹脂素材を使った「ラゲッジアンダーボックス」は、泥の付いた靴なども気軽に積み込むことが可能。

■クラストップの低燃費と力強い走りを実現

・ハイブリッド車には、1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに、高出力モーター内蔵7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)、リチウムイオンバッテリーとパワードライブユニットを一体化したIPU(インテリジェント パワーユニット)を組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを採用。クラストップとなる34.0km/Lの低燃費を達成している。

・5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて4WDを設定。軽量でコンパクトなビスカスカップリング式4WDシステムを採用することで、ハイブリッド車ならではの低燃費に加え、寒冷地や降雪地域など滑りやすい路面での運転に、安心感をもたらす。

■上質な移動空間を実現する、乗り心地と静粛性

・ロングドライブでも疲れにくい快適な乗り心地と、軽快かつ安定感のある走りの実現のため、専用設計のステアリング並びに、サスペンションシステムを採用した。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-17-min

さらにHYBRID X、HYBRID Zには、フロントとリアに振幅感応型ダンパーを採用し、乗り心地と操縦安定性を高めた。

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-16-min

・遮音樹脂層を挟み込んだ遮音ガラス採用のフロントウインドウ(ハイブリッド車のみ)や、吸音タイプのフロアアンダーカバーといった、遮音・吸音効果を高めるこだわりの技術を各所に投入。高速クルージング時でも会話が楽しめる、高い静粛性を実現。

・より楽しいドライビングと、高い走行安定感を両立するため、剛性を高める補強とバランスの最適化を各所に施すことで、ワインディングロードでの爽快なハンドリングを実現。高速道路でのレーンチェンジ時などでも効果が実感できるよう配慮した。

新型コンパクトワゴン「SHUTTLE」発表会ライブ中継(映像開始から32分20秒経過あたりより開始。実質46分余り)

honda-start-new-compact-station-wagon-shuttle-sale20150515-18-min

その他の記事(新車関連)
アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始

スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目

日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円から

ボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売

FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化

マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会出走チームを支援
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利

富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む

スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈

電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合

オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス

日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売

アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる

TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立

JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会の出走チームを支援

autobacs-and-support-the-student-formula-sae-competition-of-japan-team20150515-1-min

東北大学、名古屋大学の2チームの支援を決定

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:湧田 節夫、以下オートバックス)は、公益社団法人自動車技術会が主催する「全日本学生フォーミュラ大会」に出場予定の東北大学、名古屋大学の2チームの支援を決定した。

autobacs-and-support-the-student-formula-sae-competition-of-japan-team20150515-7-min

全日本学生フォーミュラ大会は、学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競うもので、産学官民で支援することで自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材を育成することを目的に開催される。 続きを読む オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会の出走チームを支援

アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走

audi-gekiso-in-tt-clubsport-concept-of-electric-turbo-equipped20150514-3-min

噂のアウディ TT クラブスポーツ ターボ コンセプトが走る

アウディ AG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、取締役会長:ルパート・シュタートラー、以下アウディ)が、去る5月8日。オーストリアのライフニッツで実施されるVWファンのイベント「ヴェルターゼー・ツアー」(5月13日から16日まで開催)会場において、実車を公開すると予告していた新型アウディTTベースの「アウディ TT クラブスポーツ ターボ コンセプト」、この日の当日画像と、1分間の映像が、先の13日付け(欧州時間)で公開された。

この「アウディ TT クラブスポーツ ターボ コンセプト」発表の席上で、「1980年代後半の頃、米国内で活躍したレーシングマシン、アウディ 90 IMSA GTOから、このクルマを開発するインスピレーションを得た」と語るウルリッヒ・ハッケン博士。 続きを読む アウディ、電動ターボ搭載のTTクラブスポーツコンセプト激走

アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始

最新「R8」の納車時期は、最短でも今秋になる模様

ヨーロッパエリアにおいて、5月13日(欧州時間)から、いよいよアウディ AG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、取締役会長:ルパート・シュタートラー、以下アウディ)の最新「R8」の受注が開始された。

新型車両は、ドイツ・ヴュルテンベルク州北部にある人口約12万人の地方都市、ハイルブロンにクワトロGmbH社が新設した「Bollinger Hofe」において、丁寧に生産され、完成車両が最終的に納車されるのは、最短でも今秋頃になる模様。

最新R8のボディは、アルミニウム骨格のスペースフレーム構造が基本であるが、これにCFRPが組み合わされているため、ねじれ剛性は約4割向上しているという。

新生産拠点開設の模様(2014/10/19) Video copyright:STIMMETV

またR8 V10 plusの場合、車両重量は、前世代より50kg程軽量の1,454kg。同トップグレードのモデルの場合、カーボン製のフロントスプリッターやサイドブレード、デュフューザー、リアウイングが標準搭載される。

販売価格は165,000€、または187,400€

マニュアルモード付きの7速デュアルクラッチトランスミッション「S tronic」と、アウディのAWD機構「quattro」に組み合わされるパワーユニットは、総排気量5.2L V型10気筒。

audi-orders-the-start-of-the-latest-r8-v10-in-the-european-area20150514-2-min

R8 V10 plusの場合、最高出力は、449kW/610ps、最大トルクは560Nm、0〜100km3.2秒、最高速度330kmと歴代最速、かつ、アウディ製量産車として史上最強の1台になる。

販売価格は165,000€、または、R8 V10 plusの場合は、187,400€となる。

audi-orders-the-start-of-the-latest-r8-v10-in-the-european-area20150514-1-min

なお、最高出力455hpで、最大トルク920NmのEVバージョン「R8 e−tron」も追加される予定であるのだが、今日の段階のデリバリー計画にはまだ含まれていない。

その他の記事(新車関連)
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー

アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞

トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売

トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台

ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売

ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-1-min

マツダ系販売3チャンネルを通じて5月14日から発売

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、おしゃれな外観や各部の形状にもこだわった個性的なデザイン、室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能を持つ「マツダ フレアクロスオーバー」を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて5月14日から発売する。

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-7-min

 

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-6-min

今回の一部商品改良では、ノンターボエンジン搭載機種を対象に、ISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付発電機)を搭載したシステム「S-エネチャージ」を採用し、改良を施したノンターボエンジンと組み合わせることで、燃費性能を高めた。これにより同車を、エコカー減税の免税対象とした。

「フレアクロスオーバー」の一部商品改良の概要は以下の通り

ノンターボエンジン搭載機種にISG(モーター機能付発電機)を搭載した「S-エネチャージ」を採用した。

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-3-minmazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-2-min
これは、燃料を多く必要とする加速時にモーターアシストすることで、エンジンの負荷を軽減し、燃費の向上に貢献するもの。このS-エネチャージにより、アイドリングストップからのエンジン再始動時の静粛性、快適性が改善している。

ノンターボエンジンの改良
・660cc DOHCノンターボエンジン(R06A型)の圧縮比を従来の11.0から11.5に高圧縮化。
・吸気、排気系を見直し、低中速の動力性能と燃費性能を向上。
燃費性能の向上。
・ノンターボエンジン搭載機種*1の燃費性能の向上。
2WD車:32.0Km/L 4WD車:30.4Km/L (いずれもJC08モード)

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-5-min

mazda-released-by-product-improvement-flare-crossover20150514-10-min

ボディカラーの変更
従来のパールホワイトに変えて、より透明感のあるクリスタルホワイトパールを採用(ターボ車を含む全機種)

■フレアクロスオーバーの一部商品改良車のメーカー希望小売価格は以下の通り。

関連記事
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー

その他の記事(新車関連)
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に

トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用

VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売

アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載

アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加

メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京で凱旋展示
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17

ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露

第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

LEXUS、ミラノデザインウィーク2015の受賞作品を東京で凱旋展示

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-7

5月14日~6月3日、INTERSECT BY LEXUS-TOKYOで

LEXUSは、全世界の次世代を担うクリエイターのための国際デザインコンペティション第三回「LEXUS DESIGN AWARD2015」に入賞したプロトタイプ作品を、5月14日(木)から6月3日(水)までの期間、東京都・南青山のブランド発信スペースであるINTERSECT BY LEXUS – TOKYOにて凱旋展示する。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-2

今回の「LEXUS DESIGN AWARD」のテーマは、人が生まれもつ“SENSES”「五感」。LEXUSが顧客に提供している「運転体験」にも繋がるこのテーマを通して、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感をあらためて捉え直し、そこにさらなる気づきと可能性を見出す試みを行うことで、72カ国から1,171作品の応募があった。

LEXUSでは、「グランプリ作品のSense-Wearや、動物の視野を疑似体験できるANIMAL MASKS、押す力や角度によって書体が変化するINSTAMPなど、ミラノデザインウィーク2015で、自動車メーカー初の公式アワードを受賞したインスタレーション、LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSESの一部などを展示します。是非ご来場下さり、ご自身の五感を使って、作品の世界をお楽しみください」と述べている。

lexus-design-award-2015-grand-prix-announced20150414-8

<LEXUS DESIGN AWARD 2015 プロトタイプ作品展示>
日程 : 2015年5月14日(木)~6月3日(水)
会場 : INTERSECT BY LEXUS – TOKYO 1Fガレージ(東京都港区南青山4-21-26)
展示作品:①LEXUS DESIGN AWARD 2015 プロトタイプ制作作品(4作品のうち2作品)
②LEXUS DESIGN AWARD 2015 パネル展示作品プロトタイプ(8作品のうち1作品)
※上記のプロトタイプ以外の入賞作品は全てパネルでの展示となります。
URL: http://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/garage/garage20150514.html

関連記事
LEXUS、ミラノデザインウィークでBEST ENTERTAINING受賞
LEXUS DESIGN AWARD 2015グランプリを発表、WEB体験も

その他の記事(新車関連)
BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に

トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用

VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売

アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載

アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加

メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展

いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

BMW 1シリーズ発表、価格は300万円を切る戦略的な設定に

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-6-min

プレミアム・コンパクト・モデル唯一の後輪駆動レイアウト

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は5月14日、「ニューBMW 1シリーズ」の搭載装備と、動力性能を見直した上で、デザインを一新。

この新型BMW 1シリーズは、来る5月23日(土)から、全国のBMW正規ディーラーを通して販売開始となる。

2004年に市場に初登場したBMW 1シリーズ(初代モデル)は、現行ではBMWツインパワー・ターボ・エンジンと、高効率8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせたプレミアム・コンパクト・モデルとして定着。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-8-min

このクラスの同セグメントにおいては、唯一の後輪駆動レイアウトを持つクルマとして広く知られており、およそ50:50の前後重量配分であることを背景に、スポーティな走りを好むユーザーから、良質なハンドリング性能で支持されているモデルである。

従来モデルからエンジン最高出力を5kW(6ps)向上

今回は、モデル刷新にあたって、ワイドなスタンスをより強調するL字型リヤ・コンビネーション・ライトに加え、ダイナミックな佇まいを強調するフロント・エプロンとリヤ・スカートなど、さらにスポーティさと、ダイナミックさを強調した仕様となった。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-2-min

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-18-min

なかでも、「BMW 120i(イチ・ニー・マル・アイ)」と、「BMW M135i(エム・イチ・サン・ゴ・アイ)」は、パフォーマンス面においても改良が施されており、従来モデルに比べ、エンジン最高出力が5kW(6ps)向上している。

衝突回避・被害軽減ブレーキなど安全装備を追加充実

一方、装備面においては、従来から標準装備であった「iDriveナビゲーション・システム」や、高解像度「8.8インチ・コントロール・ディスプレイ」などの利便性に優れた装備に加えて、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、夜間や日中の悪天候の中でも優れた視認性を提供する「LEDヘッドライト」など、安全性と快適性向上に配慮した内容となっている。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-3-min

また気になる車両価格は、デザインを一新して、標準装備品を充実させたにもかかわらず、エントリー・モデルの「ニューBMW 118i(イチ・イチ・ハチ・アイ)スタンダード」は、300万円を切る戦略的な価格設定としている。

【新BMW 1シリーズの主な特長】

新世代のBMWデザインを採用してスタイリングを一新

スタイリングは、「シャークノーズ」と呼ばれる前傾したキドニー・グリルが特徴で、前に突き進むような躍動感を訴求させるBMW iシリーズは、そのフロントエンドからリヤに向けて流れる複数のボディ・ラインが、シャープなサイド・ビューを強調したデザインとなった。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-4-min

またフロント・デザインに加え、リヤ・デザインも一新された。具体的には、初採用のL字型のリヤ・コンビネーション・ライト(ライト・ユニットをテールゲートとサイド・パネルの2分割に配置)、水平方向のボディ・ラインが明確となったリヤ・スカート、そして、リヤ・スカートの左右に配置されたリフレクターにより、ワイドなスタンスと安定感を強調するスタイリングとした。

空気抵抗の低減に貢献する「エア・カーテン」を採用

さらに、スタイリングデザインは空気抵抗の低減にも貢献する実用デザインであり、大型のエア・インテークによる新意匠のフロント・エプロンと相まって、スポーティかつ洗練された顔立ちとなった。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-20-min

具体的には、フロント・エプロン両端のエア・インテークから取り込まれた空気を、高速でフロント・ホイール・アーチへと放出。

これにより作り出される空気の流れによって、フロント・ホイールの側面をカーテンのように覆い、ホイールおよびホイール・アーチ周辺の乱気流を抑え、空気抵抗を低減させている。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-10-minまたサイド・ビューは、BMWならではのデザインアイデンティティを踏襲。ショート・オーバーハング、ロング・ホイールベース、ロング・エンジン・フード、後方に配置されたキャビンが、BMWブランド特有のスポーティで、伸びやかなプロポーションを形作っている。

上質な室内空間とドライバー志向のコックピット
室内は、ドライバーに向けて僅かに角度がつけられたセンター・コンソールを備え、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバー・オリエンテッドなコックピットとしている。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-13-min

またセンター・パネルには、ハイグロス・ブラック仕上げを新採用し(従来モデルはマット・ブラック仕上げ)、センター・パネルの随所に、クローム・インサートを配すことで、上質な室内空間を演出。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-14-min

室内においても、外観のエクステリアデザインと同じく、ダッシュボードからドア・パネルに至るまで、複数の水平ラインやサーフェスを重ねて、室内空間を分割するレイヤリング手法を採用。これによって、空間の広がりを強調するとともに、軽快でエレガントな空間デザインとしている。

iDriveナビゲーション・システムが全モデル標準装備

室内空間の機能面においては、視認性に優れた8インチの高解像度ワイド・コントロール・ディスプレイ、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチ・パッド付きiDriveコントローラーを採用。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-9-min

コクピットバネルに設置されたECO PROモードにより、これを選択すると、走行スタイルに応じて、燃料消費量を最大20パーセント低減することが可能(BMWによる自社データ)という。

ECO PROモードは、エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化に加え、高速走行中にアクセルを離すと、トランスミッションとエンジンを自動的に切り離して惰性走行を行う「コースティング機能」も搭載している。

機能面でも卓越したドライビング・ダイナミクスを実現

新BMW 118i、および、新BMW 120iのいずれも、ツインスクロール・ターボ・チャージャー、高精度ダイレクト・インジェクション、ダブルVANOS、バルブトロニックを組み合わせた6リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-16-min

これにより低回転から広い回転域で最大トルクを発生させる事を可能とし、スポーティなパワー・フィールを驚くほどの低燃費と低排出ガス性能を実現。

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-17-min

実用燃費面においても、「よりクリーンに、よりパワーを、BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」と、同社が謳う設計思想に基づき、無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能や、燃費の良い走りをサポートするECO PROモードに加え、セグメント唯一の高効率な8速オートマチック・トランスミッションを採用している。

【各モデルの主な仕様(概要)】

ニューBMW 118i:
最高出力100kW(136ps)/4,400-6,450rpmおよび最大トルク220Nm(4kgm)/1,350-4,300rpmを発生。

燃料消費率(JC08モード)は6km/ℓの低燃費を実現し、「平成27年度燃費基準+10%」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成。

エコカー減税対象モデルなり、自動車取得税40%、重量税が25%、翌年度の自動車税が50%減税される。

ニューBMW 120i:
最高出力を5kW(6ps)向上させ、130kW(177ps)/5,000rpmに。最大トルクは、250Nm(5kgm)/1,500-4,500rpm。

燃料消費率(JC08モード)は従来モデルから2km/ℓ向上の16.8km/ℓを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成。

エコカー減税対象モデルなり、自動車取得税40%、重量税が25%、翌年度の自動車税が50%減税される。

ニューBMW M135i:
BMW M社の高い技術に基づいたスポーティなチューニングを施し、かつ、エモーショナルな専用デザインを採用した「M Performance Automobiles(エム・パフォーマンス・オートモービルズ)」を設定。

圧倒的な動力性能を誇るM Performance Automobiles

BMW M社によりチューニングされた3リッター直列6気筒BMW M Performanceは、ツインパワー・ターボ・エンジンで、従来モデルの最高出力を更に5kW(6ps)アップ。

最高出力240kW(326ps)/5,800rpm、最大トルク450Nm(9kgm)/1,300-4,500rpmを発生する高性能エンジンは、ニューBMW M135iを、わずか4.9秒(ヨーロッパ仕様車値)で、時速100kmまで加速させる圧倒的な動力性能を実現している。

足回りに関しても、BMW M社による専用セットアップが施されたアダプティブMサスペンション(電子制御式ダンパー)や、ステアリング・ギヤ・レシオを可変制御するバリアブル・スポーツ・ステアリング、そして、対向ピストン・ブレーキ・キャリパーを備えたMスポーツ・ブレーキの採用により、卓越した俊敏性と正確なコントロール性を実現し、圧倒的にダイナミックな走りを可能にしている。

エクステリアデザインにおいては、M Performance Automobilesを象徴するフェリック・グレーのペイントが施されたエクステリア・ミラー、フェリック・グレーのエレメントが特徴的な大型エア・インテークを備えた新デザインのフロント・エプロン、18インチMライト・アロイ・ホイールなど、数々の専用デザインが、エモ―ショナルかつダイナミックなスタイリングを強調している。

新エレメントの「Sport」「Style」と「M Sport」の3ライン

よりスポーティさを強調した「Sport」:
新エレメントの「Sport」は、フロントのエア・インテークとリヤ・スカートに施されたインサート、そして、室内のインテリア・トリムなど、エクステリアおよびインテリアの各所に効果的に使用されたハイグロス・ブラックのエレメントが、よりスポーティな印象を強調。

Sport専用のアロイ・ホイール、インテリア・トリムに加え、シート・マテリアルはレッド・ハイライトが施されたコーナー・クロス・アンソラジットを新採用した。

より若々しく、モダンな印象を与える「Style」:
「Style」は、キドニー・グリルと、フロントのエア・インテークとリヤ・スカートに施されたインサートには、今回から新たにマット・オキサイド・シルバー仕上げを施し(従来モデルはホワイト仕上げ)、よりモダンな印象を強調。

Style専用のアロイ・ホイール、インテリア・トリムに加え、シート・マテリアルには、ブラックとパール・グレーのツートン・カラーが美しいパス・クロス/レザーのコンビネーションを新たに採用して、洗練された印象を強めている。

ダイナミックなスタイリングと走りを強調した「M Sport」:
「M Sport」は、従来型からフロント・エプロンとリヤ・スカートのデザインを一新し、より逞しい印象を与えるMエアロダイナミクス・パッケージを新採用。

スポーティな走りを可能にするMサスペンションなど、BMWのハイ・パフォーマンス・モデルである「M」を手掛けるBMW M社が開発した数々の専用装備が奢られている。

安全かつ快適なドライブに貢献するドライバー支援システム:新BMW 1シリーズでは、搭載したカメラを介して、前方の監視を行い、安全なドライビングに貢献する「ドライビング・アシスト」を標準装備。このドライビング・アシスト機能は、以下3つの機能を備えている。

衝突回避・被害軽減ブレーキ:追突が不可避な場合、システムが自動的にブレーキを掛けて、衝突を回避・被害の軽減を図る。

また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。

レーン・ディパーチャー・ウォーニング:車線の逸脱を、ドライバーに警告する。

前車接近警告機能:衝突の危険性が高まった際に、ドライバーに警告を発する

ITSスポット(DSRC)対応機能付きETC車載機を標準装備:
道路に設置された「ITSスポット」との高速・大容量通信により、広範囲の渋滞データが利用可能なため、標準装備の「iDriveナビゲーション・システム」の「ダイナミックルートガイダンス(渋滞データで賢くルート選択する機能)」の精度を向上させている。

また、簡易図形や静止画像により、落下物や渋滞喚起情報などの注意喚起情報の受信も可能とした。

加えて、車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両の状態を見守ることでドライブに更なる安心感を与える「BMWコネクテッドドライブ・スタンダード」も標準装備。BMWコネクテッドドライブ・スタンダードは、以下2つの機能を備える。

BMW SOSコール:エアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際、車両から自動的にSOSコールセンターに接続。

コールセンターへの音声接続と共に、車両情報をはじめ、車両の位置情報や衝突状況、エアバッグの展開状況、といった情報もデータとして同時に送信されるため、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディーな救急対応が可能となる。

BMWテレサービス:車両が自動的に車両のメインテナンスやバッテリー電圧の低下といった情報を担当のBMW正規ディーラーに通知するサービスで、担当ディーラーからのタイムリーな連絡により、適切なメインテナンスを最適な時期に実施することが可能となる。

また狭いスペースでの駐車を容易にする「アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ」をオプション設定。本パッケージは、以下3つの機能を備える。

リヤ・ビュー・カメラ:コントロール・ディスプレイの映像で車両の後方の障害物や歩行者を確認することができる。

「PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リヤ)」: 車両の後方にある障害物との距離を信号音とコントロール・ディスプレイへの表示により知らせる。

パーキング・アシスト:システムがセンサーを使って駐車可能なスペースがあるかどうかを測定し、充分なスペースがある場合は、ドライバーに代わってステアリング操作を自動で行って駐車をサポートする。

従来の縦列駐車のサポート機能に加え、今回新たに並列駐車のサポートも可能となった。

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付):レーダーの制御により、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する本装備を新たにオプション設定(BMW 120iの全モデルにオプション設定)

ニューBMW 1シリーズの主な標準装備品
ドライビング・アシスト*
レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
前車接近警告機能
衝突回避・被害軽減ブレーキ
BMW SOSコール*/BMWテレサービス*
ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
LEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング)*
自動防眩ドア・ミラー/ルーム・ミラー
レイン・センサー、オートライト・システム
オートマチック・エア・コンディショナー
可倒式リヤ・シート(60:40に分割可能)
8インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイ
HDDナビゲーション・システム(VICS3メディア対応)
iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチ・パッド付)
インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
ハンズフリー・テレフォン・システム
USBオーディオ・インターフェース
ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)*
(*: 以上BMW 118iスタンダード・モデルを除く全モデルに標準装備)

bmw-1-series-announcement-entry-model-off-the-3-million-yen-price20150514-21-min

その他の記事(新車関連)
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売

フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開

ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマ

NEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車

マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化

BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展

いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

アウディ、エントリーモデルA1 1.0TFSIで250万円を切る価格を実現

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-6-min

スポーツ性を訴求する新グレード「Sport」を設定

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多寛、以下、アウディ)は、プレミアムコンパクトカー Audi A1 および、A1 Sportbackの装備・仕様を一部変更し、6月18日より、全国のアウディ正規ディーラー(114店舗、現時点)を通じて発売する。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-12-min

Audi A1は、2011年の発売以来、アウディらしい力強いデザイン、機敏な運転性能と環境性能を、全長4mに満たないコンパクトなボディに凝縮した1台として人気を得ているモデルだ。発売翌年の2012年には、機能性を向上させた5ドアモデルのAudi A1Sportbackも追加されている。

新開発の直列3気筒直噴ターボ1.0TFSIエンジンを新採用

今回の仕様変更並びに改良で、特筆すべき部分は、リリースした両モデル内で、新開発の直列3気筒直噴ターボ1.0 TFSIエンジンを新採用していることだ。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-13-min

アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95ps、最大トルク160Nmを発揮し、JC08モード燃費はアウディとしては、過去最高の22.9km/ℓを達成。高出力と優れた燃費性能を兼ね備えている。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-5-min

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-3-min

また、昨年より導入した気筒休止システム・シリンダー オン デマンド(Cylinder on Demand)を備えた1.4 TFSI エンジンは、140psから150psへと出力を向上。また、いずれのエンジンも、7速Sトロニックを組み合わせ、新燃費基準である2020年度燃費基準を達成、エコカー減税対象車となっている。

エントリーモデルでは、250万円を切る価格でアウディに乗れる

エクステリアでは、ヘッドライトやLEDテールランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレームグリルなどのデザインを変更、全長が20mm長くなり、より力強さが増した印象だ。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-8-min

インテリアでは、アルミニウムルックやハイグロスブラックの装飾を増やし上質さを高めた。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-9-min

加えて電動パワーステアリングを新たに採用し、燃費向上と高い走行安定性を実現。1.4 TFSI Cylinder on Demand には、アウディドライブセレクトを標準装備している。安全面では、衝突のあとに自動的にブレーキをかけて二次衝突の危険を防ぐマルチコリジョンブレーキを新採用した。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-10-min

さらに、新たなグレードとしてスポーツシートやスポーツサスペンションなどを備えた「Sport」を設定。これ以外にもA1シリーズならではのコントラストルーフやS lineスポーツパッケージなど数多くのオプションを用意されている。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-1-min

なおエントリーモデルでは、250万円を切る価格でアウディに乗れるようになった。これはふたつめの特筆すべき大きな魅力だ。

audi-following-price-2-5-million-yen-in-the-entry-model20150514-7-min

【車両本体価格】
モデル : Audi A1 1.0 TFSI
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 2,490,000円

モデル : Audi A1 1.0 TFSI Sport
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 2,650,000円

モデル : Audi A1 1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport
エンジン : 1.4リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,290,000円

モデル : Audi A1 Sportback 1.0 TFSI
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 2,690,000円

モデル : Audi A1 Sportback 1.0 TFSI Sport
エンジン : 1.0リッター直3DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 2,850,000円

モデル : Audi A1 Sportback 1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport
エンジン : 1.4リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,490,000円

その他の記事(新車関連)
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売
フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始

VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始

メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場

ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展

いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より販売開始

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-1-min
Audi RS Q3

エンジンのパワーアップを果たしながら約18%の低燃費を実現

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多寛、以下、アウディ)は、プレミアムコンパクトSUVのAudi Q3 / RS Q3の装備、仕様を一部変更し、5月21日より、全国のアウディ正規ディーラー(114店舗、現時点)を通じて発売する。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-11-min
Audi Q3

Audi Q3は、アクティブでモダンなプレミアムコンパクトSUV。全長4.400mmのコンパクトなボディに、洗練されたデザイン、効率的かつ、パワフルなエンジンなど、アウディに共通する魅力を凝縮させたという。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-19-min
Audi Q3

エンジン出力を向上させながらも低燃費化も両立させた

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-18-min
Audi Q3

今回の仕様変更により、2種類の2.0 TFSIエンジンが、共に出力向上した。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-17-min
Audi Q3

具体的には、従来の170psが、10psアップの180psに、211ps版は、9psアップの220psへと高性能化を図りながら、JVC08モード燃費は、それぞれ15.0km/ℓ、14.9km/ℓと、約18%の低燃費化を実現した。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-16-min
Audi Q3
audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-14-min
Audi Q3

エクステリアでは、オプションでフルLEDヘッドライトが装着可能(RS Q3のみ標準装備)。ポジショニングライトに加えて、ハイビーム/ロービームにもLEDを採用した。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-6-min
Audi RS Q3
audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-10-min
Audi RS Q3

ダイナミックターンインディケーターを内蔵するリアLEDコンビネーションライトを組み合わせ、また前後バンパーやシングルフレームグリルなどのデザインも変更、よりワイドでシャープかつ力強い印象としている。さらに、新デザインのアルミホイールやボディカラーにも新色を追加した。

2.5リッター5気筒ターボエンジンも出力・燃費が改善

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-3-min
Audi RS Q3
audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-4-min
Audi RS Q3

なおAudi RS Q3に搭載する2.5リッター5気筒ターボエンジンも、従来の310psから340psに、最大トルクは420Nmから450Nmへと出力を向上させ、0-100km/h加速は4.8秒と、従来より0.7秒短縮した。同時に燃費は13.0km/ℓと約13%向上させている。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-100-min
Audi RS Q3

また、新たなグレードとしてスポーツシートやアウディドライブセレクトなどを備えた「Sport」を設定。

audi-the-start-released-from-the-new-q3-rs-q3-may-21-20150514-5-min
Audi RS Q3

それ以外にも、よりスポーティ度を高めたS lineパッケージ、ブラックハイグロススタイリングパッケージ、先進の安全機能を備えたアシスタンスパッケージなどのオプションが用意されている。

Audi Q3

Audi RS Q3

【車両本体価格】
モデル : Audi Q3 1.4 TFSI
エンジン : 1.4リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 6速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,790,000円

モデル : Audi Q3 1.4 TFSI Sport
エンジン : 1.4リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : FWD
トランスミッション : 6速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 3,960,000円

モデル : Audi Q3 2.0 TFSI quattro 180PS
エンジン : 2.0リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : quattro
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 4,690,000円

モデル : Audi Q3 2.0 TFSI quattro 220PS
エンジン : 2.0リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : quattro
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 5,390,000円

モデル : Audi RS Q3
エンジン : 2.5リッター直5DOHCインタークーラー付ターボチャージャー
ステアリング : 右
駆動方式 : quattro
トランスミッション : 7速Sトロニック
希望小売価格(税込) : 7,710,000円

その他の記事(新車関連)
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売
フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始
VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目
日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞

トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売

トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台

ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売

ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展

いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈

NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し

JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞

中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始

アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円

次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る

スズキのインド四輪子会社、マルチ・スズキが累計生産台数1,500万台達成

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-2-min

1983年の生産開始から32年目での累計1500万台達成

スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、社長:鈴木修、以下、スズキ)の、インド四輪子会社マルチ・スズキ・インディア社(本社:インド・ニューデリー、社長:鮎川堅一、以下マルチ・スズキ)は、このほど累計生産台数1,500万台を達成した。

マルチ・スズキ社は、1983年12月に日本の軽自動車「アルト」をベースとした「マルチ800」の生産を開始し、翌年「オムニ」(エブリイ)を追加。

その後「ワゴンR」、「アルト」、「スイフト」などを投入し、2011年3月に累計生産1,000万台を達成している。

1500万台目の記念すべきクルマは「スイフト ディザイア」

近年では、ガソリン車に加えて、インド市場に合ったディーゼル仕様車を設定すると共に、「エルティガ」・「セレリオ」・「シアズ」などを投入し、1983年12月の生産開始以来31年5カ月、2011年3月の1,000万台達成から、わずか4年2カ月で1,500万台を達成した。

india-subsidiary-cumulative-production-of-suzuki-15-million-units-achieved20150514-1-min

1,500万台目は、スイフトのセダンタイプ「スイフト ディザイア」だった。
マルチ・スズキ社では、首都ニューデリー近郊にあるグルガオン工場とマネサール工場で生産を行なっており、2014年度の生産実績は130万台だった。

スズキはインド市場の拡大に合わせ、四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート社(以下、SMG)」によるグジャラート州への新工場を建設中(生産能力25万台規模)であり、これによりインドでの生産能力は、最大で年間175万台の規模となる。

新工場は2017年半ばの生産開始を目指している

新工場は、今年2015年1月28日に定礎式を実施しており、鈴木会長は同式典の挨拶で、「グジャラートでの新工場建設は、私どもにとって新たな時代の幕開けであり、第2のスズキ・プロジェクトです。

モディ首相閣下が提唱される ”Make in India” 構想のもと、ここグジャラート州に生産性・効率性を追求した最新鋭の生産工場を立ち上げます。

新工場は25万台の生産能力からスタートし、皆様と一緒に作った製品をインド並びに全世界へ供給して参りたい」と述べていた。

india-subsidiary-cumulative-production-of-suzuki-15-million-units-achieved20150514-3-min
インド・グジャラート州に新しく設立した四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート社(以下、SMG)」の新工場の定礎式(2015年1月28日)

なおSMGは、今後のインド四輪車市場の伸張及び、インドからの輸出拡大に備え、四輪車の生産能力を確保するためにスズキが全額出資する形で2014年3月に設立した新会社であり、新工場は2017年半ばの生産開始を目指している。

生産能力は年間25万台を予定しており、投資額は約600億円を見込んでいる。
SMGのグジャラート州の新工場で、生産された車両・部品は、マルチ・スズキ社にのみ供給され、同社の販売網で販売される。

マルチ・スズキ社では、商品開発と販売力強化の投資に専念し、新生産会社への投資はスズキが行っていくとしている。

india-subsidiary-cumulative-production-of-suzuki-15-million-units-achieved20150514-2-min

その他の記事(新車関連)
スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初の1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLACK発売
フォルクスワーゲン、VW新トランスポーター(T6)生産開始
VWゴルフ GTIクラブスポーツ、明日オーストリアでお披露目
日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞

トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円からボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売

トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台

ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売

ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
日産GTアカデミー卒業生、ニュル24時間に向け続々始動
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム

全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表

ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前
WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催

求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
スバル、人とくるまのテクノロジー展2015に出展5/20〜22
ダイハツ、名古屋ウェルフェア2015に軽福祉車両を出展
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展

いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
日産自動車、2014年度通期決算を発表。当期純利益は4,576億円
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産、横浜のスポーツ支援のためe-NV200 Sports Utility Gear寄贈
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス進呈NGKスパークプラグ、米自動車イグニッションメーカーを買収

ボルボ、北米初の生産拠点。欧・中・米3大陸の国際体制確立へスズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益は6期振り減益
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件

輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化

スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手

理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転

ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く

週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

MOTOR CARSサイトTOPに戻る