「業界WATCH」カテゴリーアーカイブ

ポルシェAGの取締役会において、人事担当役員が交代

VWに転籍するトマス・エディヒ氏の後任として、アンドレアス・ハフナー氏が就任。VW新社長・マティアス・ミューラー体制構築の一環か

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)は監査役会を開催し、9月27日に同社の取締役を務めるトマス・エディヒ氏(53)の移籍(VWコマーシャルビークルズの取締役会)に伴う後任に、アンドレアス・ハフナー氏(49)を指名したと発表した。これにより、来る2015年10月1日付で、ハフナーがポルシェAGの人事部門を率いることになる。

the-board-of-directors-of-porsche-ag-human-resources-officer-change20150928-1
トマス・エディヒ氏(Thomas Edig)

エディヒ氏は、2007年5月にポルシェAGの取締役会に名を連ねると、2009年7月からは、同会の副会長も務めてきた。

また、2009年7月から2012年2月までの間、彼はポルシェ オートモービルホールディングSEの取締役会にも在籍している。

エディヒ氏は、今後もグループ内に留まるものの、2015年10月1日からは勤務地をシュトゥットガルトからハノーバーに移し、フォルクスワーゲン コマーシャルビークルズの取締役会メンバーとして人事部門の責任者を務める。

the-board-of-directors-of-porsche-ag-human-resources-officer-change20150928-2
アンドレアス・ハフナー氏(Andreas Haffner)

一方、アンドレアス・ハフナー氏は、フォルクスワーゲンのグループ本社があるヴォルフスブルクから、ツッフェンハウゼンに移動する。

彼はトップマネージメントという立場で、グループの人事部門を4年半にわたって率いてきたほか、あらゆる管理職の採用にも責任者として携わってきた。

ちなみにハフナー氏は、ポルシェAG、ポルシェSE、フォルクスワーゲンAGにおいて、人事および総務に関するさまざまな管理職を過去17年間にわたって務めてきた人物である。 続きを読む ポルシェAGの取締役会において、人事担当役員が交代

日本サン石油「しあわせ体感!『愛車と私にプレゼント☆』キャンペーン」実施

日本サン石油株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井口泰秀)は10月1日(木)より、「しあわせ体感!『愛車と私にプレゼント☆』キャンペーン」を実施する。

japan-sun-oil-happy-experience-car-and-the-gift-to-me-☆-campaign-carried-out20150928-3同キャンペーンは、オープン懸賞とクローズド懸賞の組み合わせで、「オープン懸賞」は、「キャノンEOS Kiss X8i(W)・EF-S18-55 IS STMレンズキット」、「パナソニック ロボット掃除機 RULO」などを設定。

クローズド懸賞は、SUNOCOモーターオイル製品ユーザー向けとなっており、「ふとんクリーナーレイコップRP RP-100」、「ドクターエア 3Dマッサージシート」、「近畿日本ツーリスト 旅行券2万円分」、「リンベル 選べる国産和牛カタログギフト」が用意されている。

キャンペーン概要 続きを読む 日本サン石油「しあわせ体感!『愛車と私にプレゼント☆』キャンペーン」実施

タクティー、充電制御搭載車用バッテリーPREMIUM GOLDとCUSTOM NEO発売

タクティー(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:新井範彦)は、制御システム(ムダな充電を制御してエンジン負担を軽減する技術)搭載車対応バッテリー『PREMIUM GOLD(プレミアムゴールド)』と、ACDelcoブランドの新商品としての『CUSTOM NEO(カスタムネオ)』を発売し、全国トヨタ部品共販店を通じて取扱いを開始する。

充電制御システム搭載車は、日本国内における自動車保有台数の約半分を占めており、今後も増加していく事が予想されている。

そうしたなか、今回発売する『PREMIUM GOLD』シリーズは、 続きを読む タクティー、充電制御搭載車用バッテリーPREMIUM GOLDとCUSTOM NEO発売

ジェイテクト香川工場 第2工場増築建屋竣工

株式会社ジェイテクト(本社:大阪市中央区南船場3丁目5番8号、代表取締役社長:新美篤志)は、国内工場再編の一環として国分工場の鍛造工程を移管し、円すいころ軸受の鍛造工程の充実を図るために香川工場第2工場の増築した。

second-plant-extension-building-completion-jtekt-kagawa-factory20150927-1

続きを読む ジェイテクト香川工場 第2工場増築建屋竣工

スズキ、9月25日にVW普通株式売却契約締結、売却益減少の可能性

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-2-min

スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)は9月25日(ドイツ時間)、同社保有のフォルクスワーゲンAG普通株式を全量、ポルシェ・オートモービル・ホールディングSEに売却する契約を締結した。

なおスズキの2015年3月期末決算時点によると、スズキが計上したVW株の評価額は約1375億円。同額は、契約締結に伴いVW株式を取得した2011年の3月決算期末比で約815億円増加した数字だったのだが、今回の売却益は367億円となった模様。

発表内容は以下の通り。 続きを読む スズキ、9月25日にVW普通株式売却契約締結、売却益減少の可能性

トヨタの森、公益財団法人都市緑化機構「第3回 みどりの社会貢献賞」を受賞

toyota-march-and-2014-production-domestic-sales-and-export-performance20150424-1-min

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ自動車)は、環境学習施設「トヨタの森」(豊田市岩倉町)の緑化に関する取り組みが高く評価され、「第3回 みどりの社会貢献賞」を受賞した。

winner-forest-of-toyota-the-foundation-urban-greening-mechanism-3rd-green-of-social-contribution-award20150926-4

同賞は、公益財団法人都市緑化機構が主催し、良好な緑地管理や市民開放等による地域貢献、および生物多様性保全等の環境活動で顕著な功績が認められた企業を表彰するもので、今回で3回目。企業の主体的な都市緑化、そして、緑豊かで潤いのある都市づくりの推進を目的として実施されている。 続きを読む トヨタの森、公益財団法人都市緑化機構「第3回 みどりの社会貢献賞」を受賞

オリックス、法人向け「移動事務所車」のレンタル提供開始

オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信)は9月24日、「移動事務所車(通称:オフィスカー)」を企画し、トラックレンタル事業での提供を開始すると発表した。

「移動事務所車」は、営業用バンを改造して事務所機能を備えた車両です。遠方での業務などで事務所までの車での移動に労働時間の多くを割く企業の労働効率化ニーズに応えていくもの。

orix-rental-provides-the-start-of-the-corporate-movement-office-cars20140924-1

第一号案件として、以前より「社員の労働時間を削減したい」という要望のあった三井住建道路株式会社(本社:東京都新
宿区、社長:松井 隆幸)に、9月28日に3台を提供していく。 続きを読む オリックス、法人向け「移動事務所車」のレンタル提供開始

フォルクスワーゲンAG監査役会、声明文を公表

フォルクスワーゲン AG(本社:ドイツ・ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク、以降VW)は、9月23日にフォルクスワーゲンAGの監査役会を実施し、その声明文を公表した。

MOTOR CARSによる声明文の要約は以下の通り。 続きを読む フォルクスワーゲンAG監査役会、声明文を公表

VW排出ガス不正の影響、より深刻化する懸念滲み始める

arbitration-court-notice-arbitrage-determined-to-terminate-the-collaboration-between-volkswagen-ag-and-suzuki-motor-corporation20150831-1

フォルクスワーゲン AG(本社:ドイツ・ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク、CEO:マルティン・ヴィンターコーン、以降VW)が、2009年から2015年までの同社クリーン・ディーゼルモデルで、意図的に米国EPAの排出ガス規制を回避したというニュースが世界を駆け巡り、程なくVWのCEO自ら声明を発表(9月22日に公表)。さらに対象のディーゼル車両全車にあたる48万2,000台を米国に於いてリコールした。

このリコールの余波は、VWの企業規模ゆえに、排出ガス試験不正問題の影響を受ける車の台数が最大1,100万台に上るとの見方を示したように今日、国際レベルで見た場合、その傷口は徐々に拡大しているように見える。 続きを読む VW排出ガス不正の影響、より深刻化する懸念滲み始める

ドイツ自動車連盟、後部座席の乗員保護機能の再検討を促す

ドイツ自動車連盟(※)(アダック、アーデーアーツェー、ドイツ自動車連盟、本部:独ミュンヘン、会長:ペーター・マイヤー、以下、ADAC)は9月21日、同技術センターに於いて後部衝突テストで乗客の安全性を検討した。

adac-urge-a-re-examination-of-the-occupant-protection-function-of-the-rear-seat20150923-5

検証の結果、最新のシートベルトテンショナーと、シートベルトフォースリミッター搭載車であっても重度の頭部、胸部、および腹部の傷害の危険性が増大することを改めて示した。

しかし現状では、後部座席の乗員のためのシートベルトテンショナーと、シートベルトフォースリミッター自体も、コスト等の理由による未採用の車両が存在している。

続きを読む ドイツ自動車連盟、後部座席の乗員保護機能の再検討を促す

マツダの三次自動車試験場が開業50周年、マツダファンミーティング開催

implementation-of-mazda-all-star-game-2015-dream-kids-challenge20150517-2-min

ファンの方々を中心に構成された実行委員会が記念イベントを開催

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は9月21日、「三次自動車試験場」(広島県三次市)が開業から50年を迎えたことを記念して、9月20日に同試験場でマツダファンによって「三次試験場50周年マツダファンミーティング」が開催されたことを発表した。

opening-the-tertiary-automobile-proving-ground-of-mazda-50th-anniversary20150921-2
「三次試験場50周年マツダファンミーティング」ロゴマーク

このイベントは、マツダファンの方々を中心に構成された「三次試験場50周年マツダファンミーティング実行委員会」が主催し、マツダは特別協賛として参画した。 続きを読む マツダの三次自動車試験場が開業50周年、マツダファンミーティング開催

新東名高速道路、NEOPASA清水のトイレが日本トイレ大賞

中日本高速道路株式会社東京支社は、2015年9月4日に発表された「日本トイレ大賞」※(主催:内閣官房すべての女性が輝く社会づくり推進室)に於いて、高速道路の休憩施設での「より快適、より便利、より楽しい、より美しい」トイレ空間の創造として、新東名高速道路 NEOPASA清水のトイレが「国土交通大臣賞」を受賞した。

受賞に至ったNEOPASA清水の施設管理の姿勢は以下の通り。 続きを読む 新東名高速道路、NEOPASA清水のトイレが日本トイレ大賞

日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施

jama-announces-automobile-production-results-of-june-and-the-first-half-january-june20150802-5

一般社団法人日本自動車工業会(所在地:東京都港区芝大門1丁目1−30、会長:池史彦、以下、自工会)は、第44回東京モーターショー2015(会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)から)の開幕前週の10月24日(土)に「東京モーターショー60周年記念パレード」を実施すると発表した。

the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-1-min
第1回全日本自動車ショウは、総裁に高松宮殿下のご就任を得て昭和29年4月20日、東京・日比谷公園内広場で開催された。当時、家庭の「3種の神器」は電気冷蔵庫、洗濯機、掃除機とされていた時代だった。
the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-2-min
第44回東京モーターショー2015は、会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)からの開幕となる。

第1回全日本自動車ショウ(1954年)が東京・日比谷公園で開催され、その後は、後楽園競輪場、晴海国際見本市会場、千葉・幕張メッセ、そして現在の東京ビッグサイトと歴史を重ね、昨年2014年に東京モーターショーは、60周年を迎えた。 続きを読む 日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施

「首都圏の新たな高速道路料金の具体案」について意見募集を開始

東日本高速道路、中日本高速道路、首都高速道路、日本高速道路保有・債務返済機構の高速道路関連4社は、平成27年9月11日に国土交通省が発表した「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針(案)」について、広く国民から意見募集を開始する。

1.意見募集対象:「首都圏の新たな高速道路料金の具体案」
2.意見募集期間:平成27年9月18日(金)~9月30日(水)
3.意見送付方法:ホームページまたは郵送

関連資料
首都圏の新たな高速道路料金の具体案について(PDF/114KB)
http://www.shutoko.co.jp/~/media/pdf/corporate/company/press/h27/09/18_draft.pdf

首都圏の新たな高速道路料金の具体案について(説明資料)(PDF/1.4MB)
http://www.shutoko.co.jp/~/media/pdf/corporate/company/press/h27/09/18_document.pdf

意見募集要領(PDF/49KB)
http://www.shutoko.co.jp/~/media/pdf/corporate/company/press/h27/09/18_point.pdf

なお以下に「首都圏の新たな高速道路料金の具体案について」の一部を掲載する。 続きを読む 「首都圏の新たな高速道路料金の具体案」について意見募集を開始

アクサダイレクト、胸部プロテクターをバイク保険新規加入者に提供開始

2015-axa-insurance-co-ltd-the-first-quarter-of-key-performance20150808-2

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:藤井 靖之、以下、アクサダイレクト)は、二輪車(バイク)の事故時における被害を最小限にとどめるための「胸部プロテクター」をオリジナルで制作し、無料で提供することを決定した。

第一弾として、ハーレーダビッドソン ジャパン正規ディーラー網を通じて販売している『HARLEY | モーターサイクル保険(TM)』に新規加入される契約者に10月から配布。今後も配布先の拡大を予定している。 続きを読む アクサダイレクト、胸部プロテクターをバイク保険新規加入者に提供開始

京セラ、CEATECでドライブアシスト貢献の車載技術を公開

京セラグループ(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:山口 悟郎)は、10月7日(水)~10日(土)までの4日間、千葉県・幕張メッセにて開催されるアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」に出展する。

kyocera-and-published-an-in-vehicle-technology-of-drive-assist-contribution-in-ceatec20150919-1同展では、“2020年、5年先の未来につながる京セラのテクノロジー”をコンセプトに、幅広い技術・製品・サービスを展示し、京セラグループの技術力・総合力を紹介する。

これを踏まえ同社ブースでは、“ドライブアシストに貢献する京セラの車載技術”の体感を演出するべく、業界トップクラスの性能を実現した高透過率ヘッドアップディスプレイや高画質車載カメラのほか、高精細車載ディスプレイ、リアルなボタンの触感を再現できるハプティヴィティを搭載したハンドルなどの開発品を集めたコックピット体験デモを実施していく。 続きを読む 京セラ、CEATECでドライブアシスト貢献の車載技術を公開

日本損害保険協会、台風15号による保険金支払見込額を発表

一般社団法人 日本損害保険協会(本部:東京都千代田区、会長:鈴木 久仁)は、台風15号による保険金支払見込額(9月4日時点)を取りまとめた。その結果は下記表のとおりとなった。

日本損害保険協会では、「損害保険業界において引き続き皆様からのお問い合わせ、ご相談等に親身にお応えするとともに、保険金の迅速なお支払いに全力で努めてまいります。 続きを読む 日本損害保険協会、台風15号による保険金支払見込額を発表

イータス、車載制御開発シンポジウム10月9日に開催

イータス株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:ウォルフガング・シーネル<Wolfgang Sienel>)は来る10月9日(金)、東京コンファレンスセンター品川にて「車載制御開発シンポジウム2015 –Symposium on Automotive Embedded Systems Development」を開催する。

今日の自動車には、あらゆる部分に組込み制御システムが使われる。それにより、厳しい排出ガス規制への適合、さらに電動化や自動運転などのトレンドへの対応も可能になる。

一方で、組込みシステムの複雑性に対処するための開発プロセスや手法を迅速に取り入れることが大きな課題だ。 続きを読む イータス、車載制御開発シンポジウム10月9日に開催

国土交通省、「高速道路機構・会社との連絡会議」実施

高速道路機構及び会社は、平成17年10月に民営化し、今年10月1日に民営化後10年を迎える。

これを節目として、高速道路機構及び会社から国土交通省に、これまでの成果等を報告するとともに、今後にむけた意見交換を行うために、「高速道路機構・会社との連絡会議」を9月29日に開催すると発表した。 続きを読む 国土交通省、「高速道路機構・会社との連絡会議」実施

J.D.パワー、自動車サービス満足度調査を日本国内で実施

j-d-power-asia-pacific-japan-automotive-sales-satisfaction-年-2015-ssi-survey20150820-2

株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(代表取締役社長 鈴木郁、以下、J.D. パワー)は、日本国内に於ける自動車サービス満足度(Customer Service Index、略称CSI)調査を発表した。本調査は今年で14回目の実施となる。

本調査では、正規販売店のアフターサービス対応に関する顧客の総合的な評価を、5つのファクターに基づいて算出している。

それらは「サービス納車」(21%)、「サービス担当者」(21%)、「サービスクオリティ」(21%)、「店舗施設」(19%)、「入庫時対応」(18%)となっている(カッコ内は総合満足度に対する影響度)。

これらのファクターにおける複数の詳細項目に対する評価を基に総合満足度(1,000点満点)を算出している。

2015年の総合満足度の業界平均スコアは654ポイントで、昨年の652ポイントより2ポイントと僅かに向上した。 続きを読む J.D.パワー、自動車サービス満足度調査を日本国内で実施