「業界WATCH」カテゴリーアーカイブ

独コンチネンタルとオスラム、自動車向けインテリジェントライトの合弁会社を設立へ

50パーセントずつの出資で売上高目標を5億ユーロに照準。契約承認作業を経て2018年第3四半期以降に1500人で事業開始。

独・自動車部品サプライヤー大手のコンチネンタルAG(本社:ドイツ・ハノーバー市、CEO:エルマー・デゲンハート)とシーメンス傘下のランプメーカーであるオスラムGmbH(本社:ドイツ・ミュンヘン、CEO:オーラフ・ベルリーン)は4月6日、自動車向けインテリジェントライトの合弁会社設立契約書に調印したことを発表した。

ルティライティング事業部のCEO、ハンス=ヨアヒム・シュヴァーベ(写真左)とコンチネンタルのボディ & セキュリティ事業部を統括するアンドレアス・ヴォルフ(写真右)。
写真は、オスラムのスペシャルティライティング事業部のCEO、ハンス=ヨアヒム・シュヴァーベ(写真左)とコンチネンタルのボディ & セキュリティ事業部を統括するアンドレアス・ヴォルフ(写真右)。

続きを読む 独コンチネンタルとオスラム、自動車向けインテリジェントライトの合弁会社を設立へ

オンキヨー、AIと音を融合する新規市場開拓でEYS-STYLEと資本業務提携契約

オンキヨー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:大朏宗徳)は、株式会社 EYS-STYLE(本社:東京都中央区、代表取締役:吉岡秀和)との間で、音とAIの融合につながる資本業務提携について基本合意をしていたが4月2日に正式に資本業務提携契約を締結した。

続きを読む オンキヨー、AIと音を融合する新規市場開拓でEYS-STYLEと資本業務提携契約

プライムアースEVエナジー、HV車用ニッケル水素電池モジュールの増産に乗り出す

プライムアースEVエナジー株式会社(本社所在地:静岡県湖西市岡崎20番地、代表取締役社長:鈴木茂樹、PEVE)は、中国の自社関連会社「科力美オートモーティブバッテリー有限公司」(所在地:中国江蘇省常熟市、略称:CPAB)の生産能力を拡大する。

続きを読む プライムアースEVエナジー、HV車用ニッケル水素電池モジュールの増産に乗り出す

ジヤトコ、「花咲く*ジヤトコ前駅プロジェクト」最終回を実施

自動車用変速機(AT・CVT)の専門メーカー、ジヤトコ株式会社(社長:中塚 晃章、本社:静岡県富士市)は3月4日、3年間を掛けて岳南電車「ジヤトコ前」駅を花の名所に育てる「花咲く*ジヤトコ前駅」プロジェクトの最終回・Part3を実施した。

花咲く*ジヤトコ前駅
花咲く*ジヤトコ前駅

続きを読む ジヤトコ、「花咲く*ジヤトコ前駅プロジェクト」最終回を実施

NTTドコモ、米サンノゼでタクシー需要の予測マッピングを披露

米国カリフォルニア州サンノゼで3月26日~29日まで開催された「GPU テクノロジ カンファレンス」に於いて、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘)のデータサイエンティストを務める石黒慎氏によるセッションが行われ、タクシー ドライバーのニーズに応えた独自ソリューションを紹介した。

続きを読む NTTドコモ、米サンノゼでタクシー需要の予測マッピングを披露

UACJ、取締役人事案で古河電気工業との協議を表明

株式会社UACJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田満)は4月4日、自社の代表取締役人事に関して、去る2月27日に同社筆頭株主にあたる古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 敬一)がウェブサイトで発表した再考表明について、関係先と誠実に話し合いを進めていく旨を公表している。

続きを読む UACJ、取締役人事案で古河電気工業との協議を表明

UACJ、米イリノイ州シカゴ市にR&D拠点を設置

北米地域の自動車業界規制で、車体軽量化ニーズ等に対応していく構え

株式会社UACJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田満)は4月1日、研究開発体制のグローバル化の一環として、UACJ North America, Inc.(米国イリノイ州シカゴ市)内に当社初の海外研究開発拠点であるR&D Center (North America)を設置した。

続きを読む UACJ、米イリノイ州シカゴ市にR&D拠点を設置

ホンダ、ブラジル経済の回復基調を踏まえ四輪車生産体制を再編

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘)傘下のブラジル四輪車生産販売子会社のホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(本社:サンパウロ州スマレ市 社長:イサオ ミゾグチ)は現地時間2018年4月3日、同国内の生産体制を再編すると発表した。

続きを読む ホンダ、ブラジル経済の回復基調を踏まえ四輪車生産体制を再編

トヨタ自動車とパーク24、都内のカーシェアリング実証試験で合意

新たなモビリティサービスを実現するための連携検討を開始

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)とパーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は4月3日、東京都心の一部でカーシェアリングサービスの業務提携を開始すると発表した。

続きを読む トヨタ自動車とパーク24、都内のカーシェアリング実証試験で合意

トヨタ自動車、経営傘下の東京地域販社を統合して新会社設立へ

「東京ReBORN」と題し、都心の地域別課題に直営子会社として挑戦する体制を構築

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田章男)は2019年4月1日に向け、自社100%子会社であるトヨタ東京販売ホールディングス株式会社(以下、TSH)、そしてTSHの100%子会社である東京トヨタ自動車株式会社、東京トヨペット株式会社、トヨタ東京カローラ株式会社、ネッツトヨタ東京株式会社の4社を『融合』して、全く新しい業態を目指す新会社を設立する。

続きを読む トヨタ自動車、経営傘下の東京地域販社を統合して新会社設立へ

ハコブと豊田通商、タイでオンライン物流求車プラットフォームの実証実験へ

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木太郎)と豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長 加留部淳)は2月19日、タイ国内で遊休中のトラック車両によるシェアリング実験の実施で合意した。

続きを読む ハコブと豊田通商、タイでオンライン物流求車プラットフォームの実証実験へ

経済産業省、「自動車新時代戦略会議」を新設置。初回会議を4月に実施

今日の自動車業界に於いて、繫がるクルマを意味する「コネクテッド」、自動運転車を意味する「オートノマス」、そしてサービスの利活用を表す「シェアリング」。さらに車両の電動化としての「エレクトリック」といういわゆる「CASE(ケイス)」の影響が深まっている。そうしたなか日本の経済産業省は、3月30日「自動車新時代戦略会議」を新設置すると発表した。

続きを読む 経済産業省、「自動車新時代戦略会議」を新設置。初回会議を4月に実施

全都道府県で高速道路ナンバリングによる道案内を開始

政府は訪日外国人をはじめ、すべての利用者に「判り易い道案内の実現」を目指すべく、高速道路の路線名に既存路線名の他、固有の言語に依存しない路線番号を用いる「ナンバリング」を割り当てている。そして今回来る平成4月より、このナンバーを用いた道案内を全国で開始・推進していく。

続きを読む 全都道府県で高速道路ナンバリングによる道案内を開始

三菱自動車工業、オランダでV2B技術の実証開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は3月29日、日立ヨーロッパ社(本社:英国・メイデンヘッド)及びエンジー社(本社:フランス・パリ)と共に、オランダ・ザーンダムにおいて自動車とビルの間で電力の相互供給を行うヴィークル・トゥー・ビルディング(V2B)技術実証を行うと発表した。

続きを読む 三菱自動車工業、オランダでV2B技術の実証開始

トヨタ、インド市場開拓で光明。スズキとHV車などの相互供給で合意

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田章男)とスズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏)は、先の2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、「環境技術」「安全技術」「情報技術」「商品・ユニット補完」等に関して、具体的な協業の実現に向けた検討を進めてきた。

続きを読む トヨタ、インド市場開拓で光明。スズキとHV車などの相互供給で合意

国交省、「路肩への自動退避」技術要件を策定へ

ドライバー起因の交通事故の防止策。路肩に自動で退避させるドライバー異常時対応システムのガイドラインを世界初策定

国土交通省では3月29日、ドライバーが急病等により運転の継続が困難になった場合に、自動運転技術を活用して可能な限り路肩等に自動車を寄せて停止させる「路肩退避型ドライバー異常時対応システム」等のガイドラインを世界に先駆けて策定した。

続きを読む 国交省、「路肩への自動退避」技術要件を策定へ

ジャガー、グーグル陣営へ自動運転車2万台を提供

ウェイモと長期的パートナーシップ締結。自動運転機能を搭載したジャガー「I-PACE」を開発

ジャガー・ランドローバーオートモーティブPLC(Jaguar Land Rover Automotive PLC、本社:英国・コベントリー、CEO:ラルフ・スペッツ)とグーグル傘下のWaymo(ウェイモ)は米国時間の3月27日、自動運転車の提供と実用化の相互研究でパートナーシップを締結した。

続きを読む ジャガー、グーグル陣営へ自動運転車2万台を提供

日産自動車の新型リーフ、2018年ワールド・グリーン・カー賞を米国で獲得

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は米国現地時間28日、2018年ニューヨーク・モーターショーにて、同社の新型「日産リーフ」が、ワールド・カー・アワードの“2018ワールド・グリーン・カー”賞を受賞したと発表した。

続きを読む 日産自動車の新型リーフ、2018年ワールド・グリーン・カー賞を米国で獲得

TVA、マツダ・トヨタの合弁工場進出に合わせ日本企業進出の窓口を開設

テネシー川流域開発公社のロゴマーク

米国アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市にマツダとトヨタ自動車の合弁新工場建設が決定したことを受けて、当地の「テネシー川流域開発公社(テネシー・バレー・オーソリティ、以下 TVA)」は、日本企業の円滑な進出と操業スタートを支援するため、東京にジャパンデスクを設置した。

続きを読む TVA、マツダ・トヨタの合弁工場進出に合わせ日本企業進出の窓口を開設