アビームコンサルティング、レーシングドライバー佐藤琢磨選手とパートナー契約を締結


アビームコンサルティング株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 俊典、以下 アビームコンサルティング)は5月19日、元F1(フォーミュラ1)ドライバーで現在インディーカー・シリーズに参戦中のレーシングドライバー佐藤琢磨選手とパートナー契約を結ぶことで合意したと発表した。

アビームコンサルティングは、「変革を通じ、クライアントに新たな成功をもたらし、継続的な企業価値向上に貢献します」をミッションに、多様なコンサルティングサービスの提供を通じ、企業や組織の変革を支援している。

多様な顧客企業を対象に様々な分野のプロフェッショナルであるべき同社のコンサルタントは、変革を共に実現する「リアルパートナー」として、顧客との長期的な関係を大切にしていると云う。

そうしたなかスポーツ分野に於いても、従来よりスポーツ産業の発展に貢献するべく、デジタル技術やデータを駆使し、スポーツクラブのマネジメント強化、アスリートのパフォーマンス向上などを支援しており、関連業界に於いても多くの接点があるようだ。

上記を踏まえ今契約は、「No Attack, No Chance」を信条に世界に挑戦し続ける佐藤選手の姿勢に強く共感。

アビームコンサルティングのデータ分析力や、最新のデジタルテクノロジーへの知見の提供を通じ、より一層の活躍を支援したいと考え締結に至ったと同社では述べている。

従って、今後の佐藤選手のレース活動をデータから導き出されるインサイトの提案といった科学的なアプローチにに対して、より積極的に支援していく構えとしている。

以上アビームコンサルティングの想いを踏まえ、佐藤琢磨選手は、「アビームコンサルティングのみなさまと一緒に戦えることを楽しみにしています」と結んでいる。

ちなみにアビームコンサルティング株式会社は、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームである。

戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約4,700名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供している。
Webサイト:http://www.abeam.com/jp/